自分磨き

猫背改善で得られる9つの効果!男を上げたいなら猫背はやめよう

 

 

会社でも街中でもたくさん見かける猫背の人たち。

デスクワークが多くなりスマホが普及した今またかなり増えました。

 

カフェとかでスマホ見てる人なんてたいてい猫背ですもんね。

実はこの猫背にたくさんのデメリットがあるんですよ!

 

逆に言えば猫背を改善するだけでたくさんの効果が得られるというわけです。

今回は猫背改善の効果について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

猫背改善で得られる効果

 

かっこよく見える

 

 

猫背で背中が丸まっているとどんなイケメンも台無しです。

逆に顔は普通でも背すじが伸びてびしっとしているだけでも自信があってかっこよく見えるんですね。

 

最近は猫背の人が増えている分背すじが伸びている人はそれだけで目立つようになりました。

 

 

 

疲れにくくなる

 

 

猫背はとにかく疲れやすいんです。

背すじを伸ばしているときと違って重心に頭や腰がないため負担がかかり、腰痛、肩こり、首こりの原因になってしまうんですね。

 

こりが発生すると血流が悪くなってしまうので疲労がたまるしとれにくくなってしまいます。

猫背を改善することで疲労回復を早めることができるので疲労感が半端ないという人は試してみてもいいでしょう。

 

 

 

自然に使われる筋肉が増える

 

 

猫背のときと違って腹筋や背筋など使われる筋肉が多くなります。

姿勢維持の筋肉を使うことになるので猫背期間が長ければ長いほど最初はきついですが慣れてくると意識しなくても姿勢を保つことができるようになります。

 

使われる筋肉が増えるので消費カロリーも高まり痩せやすくなるし腹筋も鍛えられてポッコリお腹も改善することができるんですね。

基本的にはインナーマッスルが鍛えられるため見た目に関してはあまり変化がありませんが、内側の筋肉が鍛えられているため姿勢が維持が楽になり身体能力が向上します。

 

スポーツをしてる人は特に違いが見られるかもしれませんね。

 

 

 

ポジティブになる

 

 

姿勢と気持ちは大きくリンクしています。

猫背のままうつむいた状態でポジティブな判断をするのは難しいですが背すじを伸ばして胸を張った状態でネガティブな判断をするのも少し難しいです。

 

実際自信のないことをするときや怒られているときは猫背になっていることが多くネガティブになりやすいんですね。

普段から姿勢を意識するだけで気持ちの持ち方が変わり場合によっては人生が変わることもあるでしょう。

 

 

 

痩せる

 

 

消費カロリーが増え疲労がたまりにくい状態になることで活動的になり痩せやすくなります。

またテストステロンも高まるためさらに痩せやすい状態になったり血流が良くなることでむくみやセルライトも減らすことができるんですよ。

 

 

 

テストステロン値が高くなる

 

 

さっきも言ったようにテストステロンが高まります。

テストステロンが高くなることで色々なメリットがあるんですね。

 

  • 脂肪が減る
  • 筋肉がつきやすくなる
  • やる気や集中力が高まる
  • 闘争本能が強くなるため仕事や勉強もはかどる
  • 自信が出てくる
  • モテるようになる?

 

などの効果があります。

モテるに?が付く理由はテストステロン自体にフェロモンとしての効果があるとかないとか言われているからです。

 

最近ではあると言われていますが僕たちはフェロモンを直接見ることができないんですよね。

ただ脂肪が減って筋肉がつき、やる気に満ち溢れていて仕事や勉強にはものすごく集中している上自信満々な人はやはり人間としてかなり魅力的な人になっているでしょう。

 

もちろん自信が空回りして周りの人を見下すような態度になってしまうと逆効果ですが。汗

 

 

テストステロンを増やす15の方法。これで一気にかっこいい男に!

 

 

 

集中力が高まる

 

 

テストステロンのところに書いたように集中力が高まります。

これはテストステロン値が高まるのと猫背での疲労が減るのが理由でしょう。

 

テストステロンはやる気や集中力にも関係してできる男はたいていこの値が高いんですね。

集中力が高まれば作業効率が上がり1日にこなせる量も増えていきます。

 

その結果自信がつきまたテストステロンは高まっていくという好循環になりやすいんです。

猫背になるだけでもテストステロンは下がりやる気と集中力は下がっていってしまうので注意しましょう。

 

 

 

 

背が高く見える

 

 

猫背を改善すると1~3cm程度は身長が高く見えます。

健康診断で身長を測るときは限界まで伸ばすと思うんですが普段猫背だと実際より小さく見えてしまっているんですね。

 

男は身長じゃないとか言いつつかなり影響は大きいので元が相当高身長でない限りはしっかりと背筋を伸ばしていきましょう。

1~3cm違うだけで印象は全然違いますよ。

 

 

 

便秘改善

 

 

お腹が圧迫されないようになるため便秘改善の効果も見られます。

便秘の原因の一つとして腹筋が弱いということもあるので猫背を改善して腹筋を日常的に使うようになることで便秘改善にもつながるんですね。

 

便秘が改善すれば体内の老廃物が減り肌荒れや疲労の原因も減ります。

 

 

 

小顔効果

 

 

代謝が高まることで顔のむくみがとれ顔が小さくなります。

また猫背の状態だと顔が前に出てしまっているのでそれだけで顔は大きく見えますよね。

 

猫背を改善すれば数cm後ろに下がるのでそれだけで小顔に見えます。

これだけでも大きな違いになるでしょう。

 

 

 

 

猫背改善の方法

 

猫背を改善する方法は簡単に分けると筋トレとストレッチがあります。

筋トレで姿勢維持の筋肉を強くしてストレッチで無駄に引っ張られている筋肉をほぐしていくんですね。

 

どちらか片方だけ行うのではなく両方行っていくことで効率よく猫背を改善していけるでしょう。

 

 

筋トレ

 

 

一つ目はかるーいトレーニングです。

仕事や学校から帰ってきた後「ちょっと疲れたから休憩ー」と寝ころんでそのままトレーニングしましょう。

 

トレーニングと言ってもめちゃくちゃ軽いものなので疲れていても問題なくできます。

 

 

 

2つ目はしっかりと筋トレですね。

猫背だと背中の筋肉も使われていないため伸びきっています。

 

なので背中の筋肉を鍛えるトレーニングをしてある程度筋肉を付ける必要があります。

 

 

ストレッチ

 

 

体の前側の筋肉をほぐしたり肩甲骨を動かすストレッチです。

胸筋や肩周りの筋肉が硬くなっていると猫背の状態で固定されてしまうのでほぐすことで猫背が改善されやすい状態をつくっていきます。

 

 

ストレッチポールを使ったストレッチ

 

 

ストレッチポールを使うとぐいぐい筋肉を伸ばすことができます。

 

 

日常から意識するのが大切

 

 

筋トレやストレッチで猫背を改善していくと言っても1日多くて30分程度です。

残りの時間は座ったり立ったりと日常動作を行っているのでこの時間帯にずっと猫背だとなかなか改善は難しいんですね。

 

筋トレとストレッチは猫背改善のための補助だと思って日常生活の中で猫背の時間を少しずつ減らしていきましょう。

最初は気づいたときに1分程度姿勢を正すといった小さなことから始めるといいですね。

 

たった1分でも意外と難しかったりするんですよ。

 

 

 

 

座り方

 

 

椅子に座るときはとにかく背もたれを使わないようにします。

背もたれを使うとどうしても猫背になりやすくなってしまうので今から使うのやめましょう。

 

浅めに腰かけることで猫背になりにくい状態を作ります。

また机に肘を置いて顔を支えている人もいますが猫背になる上見た目の印象も良くないので気を付けたいですね。

 

座り方に関してはパソコンやスマホを触っているときは無意識に猫背になっていることが多いです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

猫背は1日で改善できるものではなく数か月は必要になってきます。

とくに最初は猫背の癖がついているのでかなり意識しないとすぐに猫背になってしまうので気を付けましょう。

 

猫背が改善されれば見た目も生活も改善されてくるので少しずつ改善していきたいですね。

毎日軽くでも続けていくのが大切ですよ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。