自分磨き

瞑想の9つの効果!1日の生産性を上げたい人は必見!

 

最近どうも疲れがとれない、1日中なんとなく頭がぼんやりしているという人には瞑想がオススメです。

1回5~15分程度でかなりの効果を得ることができるんですよ。

 

簡単でどこでもできるためちょっと休憩がてら行うこともできます。

今回は瞑想の効果について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

瞑想の効果

 

集中力が高まる

 

 

瞑想を行うことで集中力を高めることができます。

正確には一点に集中できるようになるといった感じです。

 

無駄なマルチタスクを減らしたりどうしても今やってる作業以外に気が散ってしまうという場合には効果が大きいですね。

瞑想では意識を呼吸とかの一点に集中させてそこからそれる度に元に戻すという訓練をするので慣れてくるとだんだん一点集中できる時間が延びていくんですよ。

 

最初はほんの数秒で別のところへ意識飛んでいきますが問題ありません。

それをまた呼吸に戻すのが大切です。

 

 

 

記憶力が高まる

 

 

集中力が高まるのと同時に記憶力も高まるようです。

もし資格や受験勉強をしている場合記憶力が10%上がるだけでも勉強効率は圧倒的に上がりますよね。

 

今まで3時間勉強して身についてたことがもう少し短い時間で身につくわけですから。

1日単位で見ると10分程度の差かもしれませんが1週間6日勉強するとして1時間、1ケ月で4時間も差がつくわけです。

 

この効果は勉強期間が長くなればなるほど大きくなるので勉強の休憩がてら瞑想取り入れてみましょう。

 

 

 

意志力が高まる

 

 

意志力とは決断力とか我慢強さ、忍耐力のことです。

筋トレや運動、新しい勉強を始めると必ず面倒な日とか出てくるので意志の力が必要なときもありますよね。

 

でもここで誘惑とか面倒という気持ちに負けているとなかなか成長はできません。

そんなとき誘惑に負けずに勉強や筋トレを続けるために意志力が高いといいわけです。

 

瞑想を続けていると意志力が徐々に高まっていくのでどんどん我慢強くなっていくでしょう。

 

 

 

仮眠の代わりになる

 

 

家で仕事をしていていつでも仮眠ができるという場合は別ですが、会社にいると仮眠できる時間も昼休憩ぐらいで夕方とかにめちゃくちゃ眠くなっても寝るわけにはいきませんよね。

しかし仮眠をとらなくても瞑想でかなり改善することができるんですよ。

 

5分程度目をつぶった状態で瞑想するとかなり頭がスッキリして眠気もマシになります。

呼吸を意識することで脳にしっかりと酸素が行き渡るため脳が活動しやすくなるんでしょう。

 

 

 

面倒という気持ちをリセットできる

 

 

個人的に結構大きいメリットです。

何かするときに面倒と思うときって割とありますよね。

 

大好きなゲームとかスポーツをするときには思わないかもしれませんがちょっと大きめの仕事とか部屋の片づけとかは面倒って思うでしょう。

そんなとき数分の瞑想をして一旦思考をストップさせることで面倒だなと思う気持ちを減らすことができます。

 

うまくいけばなくすこともできるんですよ。

ポイントは瞑想が終わったらすぐにとりかかることです。

 

出来る限り早く取り組まないとまた面倒という気持ちが戻ってきてしまうので。汗

一旦作業を始めてしまえば気持ちが乗ってくると思うのでオススメです。

 

 

 

ストレス解消

 

 

瞑想はストレス解消にも使えます。

イライラしやすい人なんかは瞑想を習慣化してみるとかなり気持ちが穏やかになるでしょう。

 

ストレス解消にも色々な方法がありますが瞑想は慣れればどこでもできるのがいいですね。

会社で急にスクワットとかボクシングとかできないですが瞑想ならトイレでちょっとできたりします。

 

 

 

運動とセットでうつ改善

 

 

瞑想してから運動を行うことで単独でどちらかを行うよりはるかに大きなうつ改善効果があるようです。

思考がネガティブになって無限ループするのを防いでくれるので、うつじゃなくても気分が落ち込みやすい人もやってみる価値はあるでしょう。

 

運動の8つのメリット!体を動かすことでたくさんのことが得られる!

 

 

 

寝起きが良くなる

 

 

瞑想を日常に取り入れていくと徐々に睡眠の質が改善され寝起きが良くなっていきます。

またちょっと睡眠時間が短くなっても大丈夫になるんですね。

 

瞑想を15分行うことで2時間睡眠をとったのと同じ効果を得ることができると言われています。

これは瞑想を極めてる人のことだと思うのでここまでがっつりの効果を得るまでには時間がかかりますが、睡眠の質改善と多少の短眠効果は得ることができます。

 

と言っても合計1時間の瞑想で8時間睡眠の代わりになることはないと思いますが。汗

仕事や勉強でどうしても徹夜になる場合には積極的に使っていってみるといいでしょう。

 

 

 

老化防止

 

 

細胞の老化を防ぐ酵素の活性が強くなるため老化防止につながります。

アンチエイジングは歳をとってからより1日でも早く始めた方が良いですよね。

 

ただし実際にしっかりとアンチエイジングできているかどうかは数年、十数年後にしかわからないですし、瞑想の効果か?と言われると断言できないのが痛いところです。汗

老化防止に効果があると客観的な研究で言われているのでそれを信じるしかないですね。

 

 

 

効果が出るには8週間かかる

 

 

精神的な効果が出てくるまでには8週間の瞑想が必要といわれています。

と言ってもストレス解消などには8週間かかるというだけで頭がすっきりしたりといった効果は1回1回の瞑想ごとに得られます。

なので最初は簡単に得られる短期的な効果に期待しつつ長期的な効果が出てくるのを待ちましょう。

 

 

 

瞑想するタイミングは?

 

 

個人的な瞑想のタイミングは朝と夜です。

どっちでもいいし両方行うと更にいいですね。

 

朝に行えば気分が良くなり眠気も覚めるため朝からスッキリした状態で1日を過ごせますし、夜寝る前に行えば副交感神経が程よく刺激されることでリラックスでき入眠がしやすくなります。

僕の場合は寝る前に瞑想してからストレッチをすることで寝付くまでがかなり早くなりましたね。

 

ちょっと帰りが遅くて面倒なときサボると眠れなくなるので遅くなっても行っています。

 

 

 

まとめ

 

 

瞑想は科学的にも十分効果が証明されています。

最初は意識がいろんなところに飛んでいくので「俺瞑想やってる意味ないかも。」とか思いますが徐々に慣れてきて意識を一点に集中できるようになってきます。

 

一番大切なのはやはり続けることなので最初は1回5分とかから慣れたら1分ずつ増やしていくといいですね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。