自分磨き

腸内環境改善10の効果!モテたいなら腸まで気をつかえ!?

 

あなたは現在体調いいですか?

 

気持ちがネガティブなりやすくないですか?

イライラしやすくないですか?

 

これらの一見腸とは関係ないようなことも実は腸内環境を改善することで良くなる可能性があるんですよ。

便秘とかは腸のことなのでわかりやすいですがこんなことまで腸に関わっているんですね。

 

今回は腸内環境を改善することで得られる効果について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

腸内環境改善で得られる効果

 

気分が良くなる

 

 

腸と脳は直接つながってると言われています。

なので腸内環境が改善すると脳の働きも良くなって気分も良くなるんですね。

 

腸がしっかり活動すると幸せホルモンと言われるセロトニンの分泌が高まります。

結果気分が良くなってポジティブな人間になれるんですね。

 

と言ってもまあポジティブがなんでもかんでもいいとは限りませんが。

 

 

 

肌が綺麗になる

 

 

腸内環境を改善すれば肌荒れやニキビは確実に改善していきます。

僕も以前は腸内環境なんて考えてないし野菜が嫌いなので肉ばっかり食べてるし太りにくい体質だからとお菓子もジュースも好き放題に飲み食いしてました。

 

その時は当然のごとくすぐ肌荒れするし剃刀負けひどいし冬になると顔は粉ふくしニキビいっぱいだしですごく困ってたんですよね。

おかげで今もニキビ跡のクレーターが目立ちます。汗

 

しかし腸内環境を改善すると肌質が良くなるということを知ってから少しずつ色々なことに挑戦して半年ちょっとたった現在は基本的にニキビはできなくなりました。

1週間に1つぐらいできますが小さいのができてすぐに治っていきます。

 

クレーターは残念ながら自然治癒しませんが、ニキビ改善できただけでも嬉しいですね。

肌が強くなったのか剃刀負けの頻度もかなり減って冬に粉をふくこともなくなりましたよ。

 

 

 

痩せやすくなる(太りにくくなる)

 

 

腸内細菌には痩せ菌とデブ菌がいます。

腸内環境が悪いとデブ菌もたくさんいてヤセ菌が全然いなくなってしまうんですね。

 

たくさん食べてるのに太らない人って実は普通の人に比べてヤセ菌が多いそうです。

それで食べても太らないんですね。

 

逆に同じ量を食べてるのに太ってしまう人はデブ菌が多いんでしょう。

腸内環境を整えて腸内のヤセ菌を増やすことで多少食べても太らなくなります。

 

ちなみにこのデブ菌ですが2日間ジャンクフードを食べ続ける生活を続けるだけで割ほどがヤセ菌から入れ替わってしまうらしい。

たった2日ならありえますよね。

 

ちょっと旅行して色々食べ歩いたとか一人暮らしなら自炊が面倒だし忙しいってことでコンビニとハンバーガーショップだけで食事を済ませたとか。

僕も割と頻繁に土日で不健康な食事をしてジュース飲んでることがあるので気を付けないといけません。

 

ちなみにジャンクフードと言えばお菓子やジュース、某ハンバーガーを思い浮かべることがあるとい思いますが「栄養価のバランスを著しく欠いた食品」のことなので、もっとたくさんあります。

現在は気を付けないとジャンクフードだらけですね。汗

 

 

 

免疫力が高まる

 

 

腸内環境と免疫力の関係は深いです。

僕の腸内環境がおそらくボロボロだった高校生の頃の話。

 

というか正確には10~20歳ぐらいのころですが、この頃は付き度のペースで体調を崩してました。

風邪ひいたり熱出したり。

 

それはまだいいんですが9月~次の年の5月ぐらいまでは咳が1日中止まらなくて大変でしたね。

朝起きてから咳が一時的に止まるタイミングというのがなかったので、体育の授業はめっちゃきついし咳で無駄に疲れるから家に帰ったらぐったりしてます。

 

大学受験生の時も咳しまくりでしたので自習室ではめちゃくちゃ迷惑かけてたでしょう。

この半年感ほどは特に追加で運動してないのに咳してるだけで腹筋がうっすらシックスパックになるほど咳してたんですね。笑

 

腸内環境改善を意識しまくってる現在は1年に1回も風邪ひかなくなりましたし、去年はとうとう咳も出ないようになりました!

ちなみに女性は本能レベルで免疫力の高い男性を魅力的だと感じるようなのでモテたい人もがっつり腸内環境改善していくといいですね。

 

 

 

便秘改善

 

 

これも肌質改善に役立ちますね。

腸内環境が悪いと良い便が作られない上蠕動運動も弱くなるため便がたまり便秘になってしまいます。

 

便秘になると老廃物が大量の水分を更に吸収してしまい肌まで汚れてしまうことになるんですよ。汗

腸環境を良くしていけば活動が弱っていた腸がしっかり働きだすことで便秘が改善されていきます。

 

また腸内環境を改善していく過程で必ず食物繊維をたくさん摂るようになるので便の量が増え便秘を改善することができるでしょう。

便秘によるお腹の違和感とか無駄な腹痛は集中力ややる気にまで影響してくるので改善していきたいですよね。

 

お腹が張ってると仕事や勉強にも集中しにくいはずです。

 

 

 

アレルギー改善

 

 

腸内環境が悪化すると腸壁に傷がたくさんついたリーキーガットという状態になります。

こうなると傷の部分から本来なら吸収されなかった大きさのものが大量に吸収されてしまうんですね。

 

しかしそんな想定外のものは身体にとって異物なので免疫細胞がガンガン攻撃したついでに自分の体も攻撃してしまうのがアレルギーと言われている状態です。

そのため腸内環境を改善していくt子どエ花粉症やアトピー肌の改善にもつながるんです。

 

完治するかはわからなりませんが症状がかなりマシになることはあるでしょう。

特に花粉症は腸内環境が大切で、スギ花粉症が日本で発見されたのは1960年代と言われています。

 

それまでの人はスギの花粉症とは無縁だったんですね。

たぶん少数はいたけど今に比べると発見されないぐらい数は少なかったはずです。

 

この時期は戦後からちょうど日本の食生活がどんどん欧米化していっている時期なんですよ。

つまり野菜や穀物の量が減り、肉類などがどんどん増えて腸内環境が悪化しやすくなっている時期に花粉症が出てきているということ。

 

そこから更に時代が進みお菓子やジュースが安く取り入れられ一般人も食べられるようになった時期でもあります。

食生活が乱れて腸内環境が悪くなった結果アレルギーも増えてると言われていんですよ。

 

なら腸内環境を改善すればアレルギーもマシになっていくはずと思いませんか?

 

 

 

幸せになる

 

 

幸せホルモンと言われているセロトニンは90%が腸で作られています。

しかし腸内環境が悪くなって機能低下しているとそのセロトニンを作られる量が激減してしまうんですね。

 

腸内環境を改善し元通りセロトニンが作られることで気持ちが幸せと言うかポジティブな状態を維持しやすくなるんですよ。

最初に言ったようにポジティブになるんですが、自分はネガティブな性格だと思っていたのが実は子供のころからの不摂生で腸内環境が悪いだけだったということもありえるので、いったん腸内環境をとと得ていって様子見してみましょう。

 

 

 

睡眠の質が上がる

 

 

夜グッスリと眠るためには日中たくさん活動したりストレスをためないというのも大切です。

その他にもメラトニンの分泌量が少ないと寝つきが悪くなり眠りも浅いという不眠状態になってしまうですね。

 

メラトニンはセロトニンから作られます。

なのでそもそものセロトニン量が減っているとメラトニンも減ってしまうということになるんですよ。

 

腸内環境を改善→セロトニンが増える→メラトニンも増える→睡眠の質向上を目指したいところ。

そうなると更にストレス減少で腸内環境も良くなるという好循環が生まれんですね。

 

仕事や勉強、対人関係のストレスはなかなか減らせないのでまずは意識的に食事や運動に気を遣って腸を元気にしていきましょう。

 

 

 

体の臭い改善

 

 

腸内環境が悪くなると体臭や口臭など体の臭いがきつくなってしまいます。

ある程度運動しているし睡眠時間もとってるのに体臭が気になるという場合は腸内環境の改善をしてみると良いでしょう。

 

口臭は慣れてくると自分ではわからなくなってしまうんですが、そんなときはマスクをしてみてください。

マスクしててなんかに臭うなと思ったのは自分の口臭なので、最初はその場でのケアをしつつしっかり腸内環境を整えていきます。

 

体臭や口臭の原因は腸内環境だけではないですがここを改善しないと根本的な原因を解決できていない対症療法になってしまいます。

 

 

 

頭がすっきりする

 

 

睡眠はしっかりとってるはずなのになぜか1日中頭がぼーっとしてるという人いませんか?

その原因も腸内環境が悪いことにあるかもしれません。

 

1日2日腸をいたわるだけで改善するわけではないのが難点ですがもっとすっきりとした気分で過ごしたいという場合は腸を良くしてみるといいでしょう。

頭がすっきりし始めると「今までどれだけもやもやした状態で過ごしてたんだよ!」って驚きますよ。

 

 

 

現代人は腸内細菌少ない

 

 

現代人は50年前か比べて腸内細菌が3割減ってると言われています。

たった50年の間に3割も減少してるとかやばいですよね!

 

おじいちゃん世代から比べると圧倒的に腸内環境が良くないのが現代人です。

そして現在は飽食の時代、睡眠不足の時代、運動不足の時代、自然不足の時代と腸内細菌が減少する状態が整っています。

 

放っておくとどんどん状況は悪くなっていくだけなので腸内環境に意識を向けてみましょう。

放っておくと悪化していくということは意識して良くしていけば周りとはどんどん差をつけられるということですね!

 

 

 

腸内環境改善でモテる!?

 

 

今回紹介した10のことでもモテるようになるのがわかると思います。

免疫力が高い方が本能レベルでいい男になりますし、明るい方が女性受けもいいですよね。

 

目の下にクマがなく健康的できれいな肌の方がボロボロでニキビだらけの肌の人より好印象を与えられるのはすぐにわかるでしょう。

体臭や口臭なんてモテたいならもってのほかですよね!

 

フェロモン的なものすごくいい匂いは別ですが、現代は油断してると残念な体臭を醸し出してしまうので気を付けましょう。

他にも潜在的なモテやすさを高めるにはテストステロンを高めていくのがオススメです。

 

 

 

まとめ

 

 

腸は直接見れないので肌とか体調などの外からわかる部分で今の状態を判断するしかありません。

なにかしら自分に不具合がある場合は腸内環境悪化してる場合があるので、今まで意識したことない人は意識の端っこにでも腸のことを置いてみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。