ダイエット

ジムに通ってるのに痩せない人に見られる11の特徴

 

最近ジムに通始めたのに痩せない!

むしろちょっと太ってきたかも。

 

そんなあなたはジムの使い方を間違っている可能性があります。

スポーツジムはトレーニングしてカッコよく綺麗な肉体を作るためにあるので、正しく利用することができれば必ずうまくいくんですね。

 

今回はジムに通っているのに痩せない人の特徴について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ほとんど喋ってる

 

 

意外と多いのがジムに来てトレーナーや周りのジムに通っている人と会話してる時間がすごく長いという人です。

こういう人はおそらくジムにきたという安心感からあまり運動をせず帰ってしまうんですね。

 

もしかしたら出会い目的できているのかもしれませんが、喋ってばかりで運動していなければ当然痩せるわけないですし筋肉が付くこともないんですよね。

コミュニケーションをとるのはとてもいいことだと思いますが、メインが会話にならないように気を付けましょう。

 

2時間ジムにいたのに1時間ぐらい喋ってて30分運動して残りで着替えたりシャワー浴びたりって人もいますからね。汗

 

 

 

圧倒的な負荷不足

 

 

しっかりとトレーニング時間は確保しているのに体が全く変わらないという人もいます。

こういう場合は負荷が足りていない可能性がありますね。

 

ベンチプレスを最初は20kgぐらいで行っていてもすぐに慣れてきてもっと強い負荷が必要になってくるんですが、いつまで経っても同じ負荷で行っていると筋肉は成長せず消費カロリーも増えていないのでダイエットも効率的には進まないでしょう。

マシンでウォーキングを行うとすれば負荷が軽いので1時間歩いてもあまりカロリーは消費できていませんが、ジョギングなら同じカロリーを30分ぐらいで消費できます。

 

このように運動に慣れてきたら負荷を高めて消費カロリーを増やしていきましょう。

 

 

 

運動時間の不足

 

 

トレーニング時間が短いと全然体重や体脂肪率に変化が出ないという場合もあります。

たとえばジムにきたけど30分だけウォーキングして帰ったみたいな。

 

時間当たりの消費カロリーが少ないトレーニングの場合はやはりある程度長時間のトレーニングが必要になってきますね。

短時間でトレーニングを終わらせたいときは高負荷低回数の筋トレを取り入れていくといいでしょう。

 

その方が効率よく筋肉をつけ脂肪を減らしていくことができますよ。

 

 

 

運動のしすぎ

 

 

運動時間が足りていない場合脂肪が減らすのは難しいですが運動のやりすぎもダイエットには良くないです。

毎日2,3時間運動してる人が時々いるんですが明らかにオーバーワークですね。汗

 

オーバーワークになると疲労が抜けないためいつもと同じトレーニングがこなせなることで負荷が不足してきますし、ストレスによりコルチゾール大量分泌で脂肪がたまりやすく筋肉が落ちやすい状態になってしまいます。

トレーニングすればするほど太りやすくなってしまうということです。

 

オーバーワークは消費カロリーが多いので最初の段階で一気に脂肪が落ち「この方法でトレーニングしていけばもっといい体になれる!」と思ってしまうのが良くないんですね。

2,3日休息日を作っても疲れがとり切れない場合はオーバーワークなので疲労が抜けきるまで睡眠と食事に気を遣いつつしっかり休みましょう。

 

筋肉は3週間トレーニングをサボっても落ちないと言われているので心配しなくて大丈夫ですよ。

むしろそのままオーバーワークで筋肉を削っていく方が良くないでしょう。

 

 

 

有酸素運動だけしにきている

 

 

ジムに行ったら筋トレしてますか?

せっかくジムに行って器具がそろってるのでダイエット目的でも筋肉を付けたい場合でも筋トレしましょう!

 

ジョギングを1時間行って消費できるカロリーは体重や走った距離によりますが、400~600kcal程度だと思われます。

同じ時間1時間スクワットやベンチプレスみたいな大きな筋肉を鍛えるトレーニングをすればカロリーは同じぐらい消費されるんですね。

 

じゃあどっちでもいいやん!って思うかもしれませんが、トレーニング後にはEPOCというものがありましてこれは運動後の代謝の上がってる状態のことを言います。

ジョギングとかの有酸素運動は負荷が軽いので最大2時間ほどで元の代謝に戻りカロリー消費のボーナスタイムは終わるんですが、スクワットなどの大きな筋肉をがっつり鍛えるとボーナスタイムが最大48時間ぐらい続くと言われてるんですね。

 

この差はめちゃくちゃ大きくて運動中の消費カロリーはジョギングとスクワットで同じぐらいでも最終的な消費カロリーは全然違うんですよ。

寝てる間すらカロリー消費が増えてるのでせっかくなら筋トレをメインに取り入れていきたいところですね。

 

 

 

ジム通いの回数が少ない

 

 

筋トレの効果は最低でも1週間に1度は行わないと出ないと言われています。

筋肉が増えなければ基礎代謝は上がらないので生活の中での消費カロリーは増えませんよね。

 

またジム通いが少ないということはほとんどの場合運動する回数も少ないので総運動時間も少ないはずです。

ジムに来れない日は家で筋トレなりジョギングをしてるならいいですが、自分一人でそこまで継続できる人は太らないでしょう。

 

できる限りの工夫をこらしてジムに行ける回数を増やしてみて下さい。

仕事が忙しくていけないなら残業が30分早く終われるように工夫してみてください。

 

 

有酸素運動8つのデメリット!知っておけば対策ができて怖くない!

 

 

自己流

 

 

トレーニングが自己流にだとうまく思ってる場所に負荷がかからず全然筋肉が成長しないということがあります。

特に筋トレで起こることですね。

 

同じ重さでベンチプレスを行っててもトレーナーにしっかり効かせる方法を教えてもらっただけで今までより少ない回数で今までよりも効いているなんてことがあるんですよ。

トレーニングは単に負荷が大きければいいってわけではないのでやり方合ってるかわからない場合はトレーナーさんに正しいやり方を教えてもらってみましょう。

 

同じ時間をトレーニングに費やすならやはり効率よく肉体改造したいですよね。

 

 

 

食事量を減らしすぎ

 

 

真面目にダイエットしてる人に多いですね。

急に食事量まで減らしすぎて痩せなくなってしまうパターンです。

 

まず最初はトレーニングに慣れることが大切なので食事制限はしない方がいいです。

トレーニング自体が肉体的精神的にストレスなので慣れるまではトレーニングを継続することだけに集中しましょう。

 

同時に食事制限まで行うとストレスが大きすぎてコルチゾールが大量分泌され筋肉が付きにくく太りやすい状態になってしまいます。

 

 

 

スポーツドリンクを飲んでいる

 

 

運動する=スポーツドリンクという考えは捨てましょう。

スポーツドリンクが必要なのはスポーツをしている人であってジムでトレーニングするのに必要ありません。

 

スポドリって美味しいからゴクゴク飲めるんですがカロリー結構多いんですよね。

なのでマシンでジョギングしながらスポーツドリンクを飲んでいるということはカロリー消費しながらカロリー摂ってるんですよ。

 

意味ないですよね。汗

スポドリで栄養補給しないといけないのはスポーツをしてるときみたく短時間で半端ないエネルギーが必要な時やマラソンのように長時間走り続けるときだけです。

 

水分補給は大切なので常に水を飲むようにしましょう。

 

 

 

同じトレーニングばかりしている

 

 

人間の身体はすぐに慣れるんですよ。

慣れるとその動作に対して省エネ化していくので同じ運動を同じ負荷で行っているにもかかわらず消費カロリーが減っていくんですね。

 

なのであまり身体を慣らさないためにトレーニングの負荷を変えたり内容を変えるようにしてみましょう。

毎回変えるのは面倒だと思うので、2,3週間に一度変えるために何パターンかトレーニング内容を考えておくといいですよ。

 

 

 

まだジム通いして短い

 

 

痩せない!って言い始めるの早くないですか?

まだ1ヶ月とかしか経ってないなら痩せないなんてことはよくあることです。

 

最初は身体を運動に慣らす期間と割り切ってトレーニングに慣れていきましょう。

3カ月~半年続けてまだ痩せないようならトレーニング内容や頻度、食事を見直す必要がありますね。

 

 

 

まとめ

 

 

ジムでのトレーニングは周りもしっかりと鍛えているのでモチベーションをもらうのにうってつけです。

家で運動してると面倒になってサボってしまうという人にはオススメですね。

 

ジムで痩せない人にならないために今回言ったことを知っておいて損はないと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。