自分磨き

人生を好転させたいと思った時に知っておきたいこと

 

人生がつまらない。

このままなんとなく仕事して生活費稼いで人生が終わっていくのかー。

 

でも人生なんとか変えたいな!と思っているのが今この記事を読んでくれている人だと思います。

もちろん今のつまらない人生を楽しく刺激的な人生に変える方法はあります。

 

今回は人生を好転させるために知っておきたいことについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

ホメオスタシスを味方につけると人生は好転する

 

ホメオスタシスは恒常性維持機能と言われているもので簡単にいうと今の状態を維持しようとする力のことです。

 

例えばダイエットして5kg痩せたのにすぐにリバウンドしてしまったり、資格の勉強を始めたけど三日坊主で終わってしまうというのは脳や体としては「変わった自分」が気持ち悪いので元に戻そうとしてるということなんですよ。

 

そう考えると三日坊主なんて日常茶飯事な人からすれば「ホメオスタシスに勝つとか無理ゲー。」って思うかもしれませんね。

 

しかし勝つ必要はないんですよ。

 

ホメオスタシスをうまく味方につけましょう。

最強の敵は最強の味方にもなります。

 

 

人生設計の最初はゴール設定をする

 

ゴール(目標の最終地点)を設定せずに変化することはあり得ません。

「なんとなく人生いい感じにしたいなー。」とか思っててもアバウトすぎて無理です。

 

なのでまずは具体的にどんな感じの人生にしていきたいのか考えてみましょう。

ここめちゃくちゃ重要なのでしっかり時間をとってくださいね。

 

目標設定を適当にやると全然人生好転しません。

 

 

ゴールした自分(目標達成)が本物だと確信する

 

目標達成した後の自分を想像してみください。

もうめちゃくちゃリアルに想像します。

 

ちょっと臨場感強すぎてワクワクしたり鳥肌立ってきたりテンション上がってしまうぐらいに。

 

ナポレオン・ヒルの著作に「思考は現実化する」というのがありますが、臨場感を半端なく高めて想像するというのがまさに人生を好転させるために大切なことなんですね。

 

ちょっと考えた程度では人生変わらなくて「もうその人生手に入ってんじゃない?」って勘違いしてしまうぐらいリアルに考えます。

リアルに考えると脳が勘違いして目標達成した自分が当たり前と思い始めるんですよ。

 

こうなるとホメオスタシスは目標達成後の自分じゃないと気持ち悪いって思い始めてくれるので、勝手に行動力が高まっていきます。

 

ほとんどの人はちょっと想像してみただけで人生変わらなくて「思考は現実化するとか嘘やん。」って思うんですがまだまだ思考が浅いんです。

1日中そのことしか考えられなくなるぐらい深く深く思考していってみましょう。

 

 

何を変えたいのか知らないと人生を好転させることはできない

 

あなたは今の生活の何を変えたいんでしょうか?

職?労働時間?人間関係?生活環境?

 

今自分が何を変えたいのかということを漠然とイメージしている状態ではなく紙に書き出してみてください。

できる限り具体的に。

 

この作業は休日1日使ってみてもいいと思います。

変えたい部分がわかればわかるほど行動に移るのが楽になっていきますからね。

 

 

習慣を見直すと別人になれる

 

人生を好転させたい!と思っても邪魔してくるのが習慣です。

習慣はホメオスタシスで作られているわけですがこれがなかなか強力で変えていくのに時間かかるんですよね。

 

でも1回変わり始めて良い習慣を身につけるとどんどん自分の味方になってくれるので習慣の見直しをしてみましょう。

グレシャムが「悪貨は良貨を駆逐する」といったように「悪い習慣は良い習慣を駆逐」します。

 

なので良い習慣を作る前にまずは悪い習慣を減らしていくといいですね。

 

 

人生とは”環境である”と言っても過言ではない

 

人生を好転させるのに一番てっとり早いのは環境を変えることでしょう。

所属してる会社を変える(転職)や住んでる場所を変える(転居)、作業場所を変えるだけでもいいですね。

 

転職や転居は今すぐパッとできるものではありませんが作業場所を変えるだけならそこまで難しくありません。

 

副業したり資格の勉強とかをするとき「家に帰って休憩してからやろう」と思った結果、毎日先延ばしにしてることって多いと思うんですよ。

 

これは完全に環境に負けてるやつです。

家に帰る前にカフェとかで作業してから帰ると決めるだけで今まで行動できなかったのが嘘のように動けるようになりますよ。

 

これが環境のパワーです。

 

 

マインドセットを変えると人生も変わる

 

マインドセットとは根本的な考え方のことです。

自分の軸になってる考え方ですね。

 

何かに一度失敗したとき「あーミスった、やっぱ俺には無理だわ。」って思うのか「あーミスった、でも得るものはたくさんあった。」と無意識で考えるのかの違いなんですが、ポジティブに物事を捉えられるマインドセットを作り出すことができれば人生はどんどん好転していきます。

 

ポジティブだとなんせ楽しいからチャレンジするのも怖くないですよね。

無意識を変えるにはまずは意識することが大切です。

 

「あーミスった、やっぱ俺には無理。。。じゃない!よく考えたら色々得るものあったわ!」って感じで無理やりポジティブに持っていくようにしているといつの間にかマインドセットが変わりポジティブで試行錯誤するようになっていきます。

 

 

人生は批判を乗り越えることで飛躍する

 

何か新しいことを始めようとすると「そんなんやっても無駄。」とか「お前にはできない」とかまあ色々とネガティブなことを言われます。

 

そう言われると「やっぱ俺には無理なんかな?」とか思ってしまい何もせずに終わる人が多いんですが、本当に人生を好転させたいと思っているならこの批判を乗り越えましょう。

 

乗り越えるって言ってもネガティブな意見なんか無視してどんどん自分の思う方向に行動を進めればいいだけなので覚悟さえ決まってしまえば結構余裕です。

 

 

感動する

 

何かに感動するというのは人生を変えうる大きなポイントになります。

映画監督の中には子供の頃に見た映画に感動した人もいるでしょうし、サッカー選手を目指したのはテレビでしか見たことなかった選手と直接会えて感動したからという人もいるでしょう。

 

感動というのは”感じて動く”わけです。

どこが動くのかというとまずは”心”ですね。

 

心が動けば体も動きやすいので熱が冷めないうちから一気に行動を始めれば動き続けることもできるようになり、人生が好転していくでしょう。

 

 

感謝する

 

感謝の心は人を変えます。

家族や友人、同僚や先輩、上司など当たり前のように存在している人のことを考えてみてください。

 

ほんのちょっとしたことでも感謝の気持ちを持てるようになるとあなたの行動も変わってきます。

荷物持つの手伝ってくれたとかでも考えてみるとありがたいんですよね。

 

そういうことに気づけば周りのみんなにも良くなってもらいたいと思い始めることができ、あなたの行動は良い方向に変わってきます。

 

 

言い訳をしてると人生は終わる

 

新しく何かを始めようとした時「時間がないんだ」と言い訳をする人多いですよね。

しかし時間って思ってる以上にたくさんあるんですよ。

 

今ずっと続けてるゲームより面白いアプリが出てきたらそっちのゲームをやるために長く続けてたゲームの時間を減らしますよね。

人生を好転させるための行動もこれと同じです。

 

時間がないなら他の優先順位が低いものはやめてしまい時間を確保すればいいんです。

「いや、今やってることはやめられない!」という人は人生好転させるの諦めるしかないですね。

 

何かを変えるにはどこかしら変えないとどうしようもありませんから。

しかし言い訳をせずに行動を変えていけばどんどん人生好転していくことができるでしょう。

 

 

人生好転に必須なのはわからないことは調べる経験すること

 

新しく始めたいことでわからないことがあるなら調べてみたり実際に体験しに行くといいでしょう。

今はひとまず調べるってめちゃくちゃ簡単ですよね。

 

スマホでさっと検索すればある程度の情報は出てきます。

しかしほとんどの人はそれすらも「後で」と先延ばして結局忘れてしまいます。

 

なのでまずは軽く調べてみてさらに興味が出てきたら体験できるものは体験してみてください。

次にやりたいことの端っこだけでも理解できるとどんどん行動は加速していきますよ。

 

 

期限を決めることで人生にメリハリをつける

 

人生を好転させたいと行動し始めた。

この時点でもすごいことです。

 

しかしせっかくなら新しい物事を達成する期限を決めてみましょう。

期限が来るまで物事の達成は引き延ばされます。

 

つまり期限のない目標は達成できないということです。

人生を好転させようと思えば何かしらの行動をとるはずですがこれも期限がなければ全然進まないということなんですよ。

 

学校や会社のことは提出期限がありますが、自分で決めたことには期限がありません。

なので新しい目標ができた時は必ず期限をつけましょう。

 

 

No Second Time Of Life(2度目の人生はない)

 

人生に2度目はありません。

いや、もしかしたらあるのかもしれないけど一回死んだ後のことなんかわかりませんよね。

 

なので2度目の人生はないと言っていいでしょう。

ただ人生って短いのにめちゃくちゃ時間はあると感じてしまうためなかなかチャレンジできず人生がダラーっと惰性で終わってる人もいいんですよ。

 

やりたいことはあったはずなのにとても残念です。

でも人生って振り返るとめちゃくちゃ短いんですよ。

 

人生短いぞっていうのをリアルに想像できるようになると言い訳したりなんだかんだ行動しなかったりというのは激減します。

 

2度目の人生はありません。

これを常に心のどこかに置いて生活してみてください。

 

No Second Time Of Lifeの考えが自分の中に浸透してきたあたりから劇的に人生変わりますよ。

 

 

今までなら絶対にやってなかったことをやると人生変わる

 

今までと同じことをやっていると未来もだいたい今と同じ感じになります。

人生を好転させたいと思ったなら今までとは違う行動が必要になって来るんですね。

 

と言っても最初からそんな大きなことをしなくてもOKです。

例えば朝10分だけ早く起きるとかでも少しずつできることが増えてくるので良いです。

 

通勤通学の電車でスマホゲームするのをやめて読書するとかね。

この程度で未来って変わるの?というぐらい小さなことでも後々に大きな変化をもたらすことがあるので小さな一歩から踏み出してみましょう。

 

 

”今”を変えることが未来を変える

 

人生というのは”今”の積み重ねです。

なので今を変えていけば自然と今後の人生は変わっていくんですよ。

 

 

人生好転≠右肩上がりというわけではない

 

どれだけうまく人生を好転させようとしても右肩上がりというわけにはいきません。

なので失敗はたくさんあるでしょう。

 

しかしその失敗を避けていては今後上がっていくこともないです。

 

 

 

まとめ:人生を好転させるには行動あるのみ!

 

全ては”やるかやらないか”で決まります。

ゴールを設定してホメオスタシスを味方につけるためにゴールにいる自分を日々想像してみたり、習慣の見直しや環境を変えてみたり。

 

人生を良くしていきたいなら今日から少しずつ行動していきましょう。

 

あなたはすでにこのブログを読むという行動を一つ起こしています。

なので本当に何もしない状態からは一歩進んだわけですね!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。