自分磨き

自転車通勤のメリットとデメリット。自転車はデブになりたくない人の必需品!?

 

最近ちょっと太ってきた。

どうも気分がすぐれない。

電車つらい。

 

そんなあなたには自転車通勤が効果的です。

自転車って高校生ぐらいまでは結構乗る機会あるんですが、大学生を過ぎたあたりから全然乗らなくなると思うんですよね。

 

ですがむしろ社会人にこそ自転車が必要だ!と言えるでしょう。

この記事ではは自転車通勤のメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

自転車通勤のメリット

 

ストレス解消になる

 

通勤を自転車にするとストレスが一気に減ります。

まず徒歩よりは圧倒的に早いですよね。

 

しかも電車の混雑とか事故などの予想外な出来事で遅刻することもなくなります。

また自転車を漕ぐことで運動になり、ストレス解消にもなります。

 

前日から残ったストレスを朝解消して、帰りはその日のストレスを解消するって感じで。

大学受験前今まで自転車で学校行ってたのを少しでも時間増やすために原付にしたら余計イライラしてたのを思い出しますねー。

 

 

運動不足が解消される

 

自転車を毎日漕いでる運動量はばかにできません。

1日往復1時間ぐらい漕いだらそれだけで年間12kgぐらい差が出るほど消費カロリー増えますからね。

 

もちろんジョギングとか筋トレでも同じように消費カロリー増やせますが、その場合時間を確保してやらないといけません。

自転車の場合は通勤通学の時間を使って運動量を増やせるっていうのが大きなメリットですね。

 

時間がなくて運動できないってことをなくせます。

 

 

夜めっちゃ眠れる

 

運動不足が原因で夜眠れない人は多いです。

とくに普段勉強してる時間が長かったり、デスクワークがほとんどの人は運動量増やすと睡眠の質が高くなる可能性ありますよ。

 

1日30分以上の運動で睡眠の質が上がると言われています。

毎日30分運動時間とるのって結構難しいですよね。

 

ですがその運動を毎日の移動で済ませちゃえば頑張って運動量確保する必要がなくなります。

睡眠の質が上がると次の日以降気分がスッキリしてストレスたまりにくくなりますし、生産性も上がるので自転車で通勤してみてはどうでしょうか。

 

 

風邪をひきにくくなる

 

移動を自転車にすることで風邪みたいな病気にかかるリスクが減ります。

今この記事書いてるのがちょうど冬で、インフルエンザ流行きたかも!って記事が出てたんですが、日本でインフルエンザが蔓延する理由は電車なんですよー。

 

日本人ってぶっ倒れない限り高熱出てても仕事行く人いますよね。

そういう実はインフルエンザな人が電車に乗って菌を撒き散らかした結果大流行したりします。

 

自転車通勤だと電車に乗らないため風邪の元と接触する機会が減るんですね。

また運動するので免疫力が上がるため風邪菌もらっても症状出なくなります。

 

ちなみに寒さも免疫力が上がるので冬の自転車通勤も風邪対策にはいいんですね。

日光浴でも免疫力が上がるので特に通勤通学の自転車は風邪対策としてはめちゃくちゃ効果的です。

手洗いうがいよりもよっぽど効果高いと思いますよ。

僕はたいていうがい徹底し始めたら風邪ひきます。

 

 

日光浴ができる

 

最近の人は日光を嫌いますよね。

ですが人間は日光に当たらないと体がうまく働かなくなるんですよ。

 

たとえばビタミンDは日光を浴びることで作られますが、不足すると気分が落ち込みやすくなったり免疫力が下がったり、睡眠の質が低下したりします。

 

男性の場合は男性ホルモンであるテストステロンが減ってしまうので、男としての元気もなくなる可能性が。

と言っても夏に長時間陽に当たると日焼けが酷くなるので日焼け止めは使いましょうね。

 

あわせて読みたい
日光浴の9つの効果がすごい!?男を上げたければ今日から太陽光浴びよう! 最近日光浴びてますか? 今の大人が子供のころは外で遊ぶのが当たり前だったのですが最近では公園を見てもあまり子供がい...

 

自転車は待ち時間が短い

 

自転車移動の待ち時間といえば信号と踏切ぐらいですね。

この二つはそんなに長くないんであまり気にならないでしょう。

 

というかちょうどいい休憩になります。

ですが同じ信号でもなぜか車だとイライラしやすくなるんですよね。

 

しかも事故が起きると渋滞にハマってしまうので時間通りにつかなくなることもあります。

電車も同じですね。

 

早く着いて待つのはいいんですが、事故で何時間も電車の中で閉じ込められたりすることもあるわけで半端ないストレスです。

閉鎖空間で待たされるってストレスめちゃくちゃ大きいと思うんですよ。

 

自転車ならたいていの待ち時間はスルーできるのでイライラしません。

 

 

朝から脳の働きが良くなる

 

通勤を自転車にするとできるやつになれるかもしれません。

朝から体を動かすことで会社に着く頃には完全に脳のスイッチがオンになっています。

 

眠気は当然飛んでますし、運動してアドレナリン出てるのでやる気と集中力も十分でしょう。

運動した酸素がしっかり脳へ行き渡ってるので着いたらすぐ仕事始められますよ。

 

自転車漕いでもまだ眠いのはただの寝不足なので、睡眠の質を高めて対処してください。

 

 

安上がりで節約できる

 

定期代が自腹な場合は毎月の支払いが一気に減るでしょう。

自転車を買わないといけませんが、定期代2.3ヶ月で十分元がとれます。

 

また自転車は飲酒運転禁止なので、飲み会を断る口実にも使えるんですよね。

人によってはこっちの節約効果の方が大きいかもしれません。

 

お酒の量が減るし運動量増えるのでメリットばかりですね。

 

 

寄り道ができる

 

人は新しいチャレンジをしなくなると一気に老けます。

心身ともに。

 

たしかに年を取っても若い人ってどんど新しいチャレンジしてるんですよね。

このチャレンジは何も大きなことをする必要はありません。

 

仕事変えたり起業するとかは大きくて時間かかりますし。

ですが、自転車通勤をして普段と違う道を使って帰るのはどうでしょうか。

 

すぐできますよね。

一歩違う道を通ったら知らなかったお店を見つけるかもしれません。

 

こういった新しい発見によって気持ちを若々しくキープできるので、自転車通勤始めたら寄り道しまくりましょう。

 

 

飲み会のとき応用が利く

 

自転車は車に比べて応用が利きやすいです。

飲み会があったら車の場合置いて帰るってわけにもいかなくて、お酒を飲まない場合もありますが、自転車なら置いて電車で帰るって選択も取りやすいんですね。

 

僕はお酒あんま飲みたくない飲み会の時はあえて車で行ったりするぐらいですから。笑

急な飲みの誘いにも乗りやすいというのもお酒好きとしてはメリットでしょう。

 

 

地球環境に優しい

 

車での移動に比べて地球環境に優しいと思います。

排気ガスは出ないですからねー。

 

自分一人が車やめたところで変わらないというのは事実です。

ですが一人一人が地球環境を良くしようと考えれば若干変わるとは思うんですよ。

 

とか言って僕も車とか原付乗りますし、自転車乗るのも地球環境のためとかじゃないですけどね。笑

 

 

 

自転車通勤のデメリット

 

雨の日は辛い

 

雨の日のチャリ通はなかなかキツイですね。

マジで萎えます。

 

なので雨の日は大人しく車から公共機関を利用した方がいいでしょう。

 

 

日焼けする

 

自転車に乗ると日焼けはつきものです。

実は日焼けって真っ黒になるようなレベルは別として悪いものじゃないんですけど、色白が良いと思ってる人は嫌ですよね。

 

日焼けは日焼け止めで対策するしかありません。

というか車移動でも日焼け止めしないと日焼けはするので気をつけましょう。

 

 

遠いと自転車通勤できない

 

片道30分ぐらいなら健康や生産性のことを考えると自転車通勤をおすすめします。

が、片道1時間を超える場合は往復2時間かかることになるのできつすぎるんですよね。

 

結果仮に通勤時間が変わらなくても電車とかの方がいいかもしれません。

まあ往復2時間も自転車漕いだらもうダイエットとは無縁になると思いますが。

 

 

髪のセットがとれる

 

しっかり髪をセットしても風の影響でボサボサになることはよくあります。

朝頑張ってセットしたけど、会社に着いたらとれてたみたいな。

 

特に夏場は汗もかくので髪のセットはなかったことになるでしょう。

対策としてはそもそも家でセットせずに会社に着いてからゆっくりセットするといいですね。

 

 

汗かく

 

夏場は尋常じゃなく汗かきます。

着替えは必須でしょう。

 

汗をかきたくないって人には自転車通勤向きませんね。

 

 

マンホールが危ない

 

マンホールと溝の上にある鉄板はめちゃくちゃ危ないです。

晴れてる日でも滑ることありますが、雨の日は絶対に避けましょう。

 

マンホールの上でハンドル切ったらだいたい滑ってこけますからね。

単独なら痛いだけだすみますが、車とか来てると大事故になりかねないのでマンホールと鉄板は避けましょう。

 

 

トラックが横を通るときは怖い

 

大きな車が隣を通る時は割と怖いです。

ちなみに僕は高校生の時朝の通学中マジでミラーが顔面に当たりかけたことあります。

 

髪かすったので避けてなかったら顔面にミラーだったと思われますねー。

 

 

できるだけ速く走った方がいいかも

 

自転車、原付、自動車とある程度色々な移動手段を最低3年は使ってきた身として思うことは、「トロトロ道路走ってる自転車は邪魔だし怖い。」ということです。

 

スピードが遅いとフラフラしがちになると思うんですけど、車運転してる側からするといつ倒れてくるかわからなくて怖いんですよね。

 

急にフラッと車道側に膨れてくることもあるので邪魔にもなりがちです。

都会な場所だと歩道を自転車で走るのは危険だと思うので、せめて早めに漕いだ方がいいかなとは思いますね。

 

その方がお互いの危険が減ります。

 

 

男性の場合長時間の自転車は危険

 

男性は毎日長距離自転車移動するのは危険なようです。

簡単に言いますと股間に熱がたまるため、男性機能低下の原因になりかねないんですね。

 

実際自転車が趣味って人で男性不妊になってる人は結構いてるそうです。

ですが平日の通勤に軽く使う程度なら問題ありません。

 

毎日往復2時間とかチャリ漕いだ上に趣味は自転車で週末も走り行くって場合の話です。

 

ママチャリがオススメ

 

好きな自転車でいいと思いますがオススメはママチャリですね。

前かごは正義です。

 

かごに荷物入れてるとすごく楽なんですよ。

しかも背中に汗かきませんし、信号待ちの時さっと中身を取り出すこともできます。

 

ただ振動に弱いパソコンとか入れてる時は故障の原因になることがあるので、背中に背負った方がいいですね。

 

 

まとめ:自転車通勤は健康レベルを劇的に高めるのにうってつけの方法!毎日の気分が良くなるよ

 

最後に男性には怖い話も入りましたが、全体としては圧倒的にメリットの方が大きいんじゃないでしょうか。

最近は運動不足が原因で健康を損ねている人が多いですからね。

 

少しずつ自転車を使って運動時間確保してみてください。