ショートスリーパーになる

短時間睡眠で得られる18の効果!時間が増えるだけこんなに違うのか!

 

あーマジで時間ない。

もう一生寝やんでも生きていけたらいいのに!

 

こんなことを思ったこと一度はあるんじゃないでしょうか。

 

寝なくてよくなれば締め切りギリギリの仕事が一気に楽になりますし、定期試験前もフル徹夜で詰め込み出来ますよね。

 

まあ結局人間なので一生寝ないということは不可能ですが平均と比べて圧倒的に短い睡眠時間になることはできます。

 

じゃあ短時間睡眠になるとどんないいことがあるのか?について興味のある人に向けて書いています。

 

スポンサードリンク

短時間睡眠で得られる効果

 

まずは時間が増える

 

短時間睡眠を始めると当たり前なんですが使える時間が増えます。

 

ショートスリーパーは寝不足と違って短い睡眠でもしっかりと寝てるので「眠くてぼーっとするから何もやる気起きない。」ということが起こらないんですよ。

 

と言いますか短眠者ってなぜか明るく元気で行動力半端ない人の方が多かったりします。

 

経験上睡眠時間をうまく減らしていくと今までできなかったことをガンガンやっていこうと思えますしやりたいことも増えていくんですよ。

 

 

ストレスが減る

 

普通に寝ていると平日にストレス解消するのって難しいと思うんですよ。

 

学校や会社から帰宅してほんのちょっとテレビ観たりゲームするだけではストレス解消できないですよね。

 

でもたった1時間増えればその時間を使って楽しいことできると思いませんか?

 

1時間増えれば時間が足りなくて休日にしか見られなかった映画を1本観れるかもしれませんし、ゲームももっとしっかりやり込めますよね。

 

家事や掃除がなかなかできなくてストレスになってた人ならその時間を確保できるでしょう。

 

毎日ストレス解消できれば平日休日関係なくある程度楽しい時間を過ごすことができるようになります。

 

僕も平日は仕事から帰ったらほとんど何もする時間が無くてストレスフルだったんですが、1時間短眠になったことで読書できる時間が増えたことでいっきに気持ちが楽になりましたね。

 

ちなみに毎日しっかりとストレス解消できるようになると次の日に疲れが残ってない状態になるんで、もし副業始めたりして365日が仕事になっても過労になりませんよ。

 

 

 

運動できる

 

運動ってあなたが思ってる以上に大切なんです。

 

肥満など病気の予防に関係するのはもちろん運動をすることで短時間睡眠になることもできます。

 

身体鍛えたいけど時間ないなーって人の場合だと今よりも1時間短眠になるだけで毎日のトレーニング時間を確保できるようになりますよね。

 

経験上運動は短眠に有利になるだけでなく

 

  • 頭がクリアになる
  • 気持ちが元気になる

 

といったメリットもあるんで短眠になったら毎日に運動を追加してみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

 

痩せる

 

短時間睡眠では痩せます。

 

なんでとにかく痩せたい!て人にも効果的ですね。

 

起きてるときって寝てる時に比べると消費カロリー多いんですね。

 

なのでただただ起きてるだけでも痩せやすい状態が作られるんですよ。

 

もし今太ってる場合はやる気ホルモンであるドーパミンの効きが悪くなってやる気がでなくなってしまうので

 

短時間睡眠になる→痩せる→仕事や勉強のやる気が出る

 

ということも起こりえます。

 

 

 

人との付き合いができる

 

今まで断っていた飲み会や友人・家族との食事もたくさん参加することができます。

 

もちろん短眠になったからといって参加しないといけないわけではなく、今までなら早く寝たいしやること他にあるから参加しないの一択だったのが、眠らなくていいから参加するかどうか選べるようになるんですよ。

 

結果こちらとしてもイヤイヤ行くわけでないので良好な関係を維持しやすくなるんですね。

 

ショートスリーパーは無理やり短眠して睡眠不足でイライラしているわけではないため夫婦関係が良くなることも。

 

結婚して子どももいるけど会話する時間すらほとんどとれない。みたいな家族もいるようですが、ショートスリーパーになればみんなが起きてる時間に帰って色々話をしたり遊んだ後にまだ自分の時間を持てるので家族関係も良くなるでしょう。

 

 

 

遊びに使える時間もたっぷり得られる

 

今よりも1時間短時間睡眠でいけるようになったらその1時間はあなたの自由です。

 

もちろん遊びに使うのもOK。

 

時間がない時遊びの時間は削られがちですが、遊びを入れることでメリハリがつき仕事や勉強への集中力が高まることも多いんですね。

 

以前Twitterで「できる人は忙しい中でも遊ぶ。できない人は忙しくなると遊ばない。」みたいなのが流れてきました。

 

遊びというのはリフレッシュしてストレス解消になるだけでなく新しい情報や経験を手に入れるのにとてもいいことなのでショートスリーパー化したら遊びまくりましょう!

 

 

 

仕事や勉強に圧倒的な時間を注ぐことができる

 

短時間睡眠になると時間がものすごく増えます。

 

そのため今までなら仕事だけで終わってた1日の中で8時間仕事して8時間勉強するという驚異的なこともできるようになるんですね。

 

結果学びの速度が半端ないことに!

 

ショートスリーパー化して1年もすれば知ってることが多すぎて去年のあなたがびびるでしょう。

 

勉強するから何をしたいか分かる

勉強しないから何をしたいか分からない

 

こんな感じのことを北野武さんが言ってました。

北野さん別に好きじゃないですがこの言葉は本質をついてますよね。

 

 

”どれか”ではなく”全部”が選べるようになる

 

社会人はもちろん学生もめっさ忙しいです。

 

学校、勉強、部活にバイトと時間が全然足りないと感じている人は多いんじゃないかな。

 

短時間睡眠になれば日中部活で時間が無くてもバイトの時間を確保しつつ勉強できるしゲームもできるというすげーやつになることができんですよ。

 

今27歳ですが学生時代にバイトと部活と勉強と遊びを全部できるぐらい時間があったら最強だったなーと思います。

 

 

 

継続力がつく

 

継続力をつけるには”時間”の他に”慣れ”も必要です。

 

普段毎日やってる歯磨きとかお風呂って毎日やってるからこそ慣れてて当たり前に続けられてるんですよ。

 

たぶん1週間ぐらいサボったら風呂入るのとか面倒になるはず。

 

湯船に入る習慣がない人に「湯船でゆっくりしないと疲れ取れないから今日から浸かれよー。」って言っても面倒くさがりますからね。

 

まあそれは置いといて、継続力をつけるためには何と言っても時間が必要なわけですよ。

 

ショートスリーパーになればそのための時間を確保できるので継続力をつけることもできます。

 

 

 

幅が広がる

 

時間があるため新しいことに挑戦できるチャンスがたくさんあります。

 

僕の場合ダブルワークしてるので以前は働くだけで1日が終わっていました。

 

しかし短時間睡眠になれば2つ仕事を終わらせて寝るまでにまだ時間が残ってるので「よっしゃ!今からがっつりゲームやるで!」って感じでしっかりと1日1日を楽しむことができるんですよ。

 

 

 

行動力が高まる

 

挑戦できるチャンスが増えると同時に行動力も高まるので経験値の増えるスピードは半端ないです。

 

「いや、時間できても特にやりたいことないわ。」って人が目的がなくショートスリーパー化したとしても

 

時間ができる→暇→何かやる→楽しい→もっとやる→無限ループ

 

って感じで行動力が高まっていくので問題なし。

 

 

集中力が高まるという意外なことに気づく

 

短時間睡眠=寝不足というイメージが強いため集中力は劇的に落ちると思われがちですがむしろ上がります。

 

圧倒的な集中力は結局のところ「慣れ」の部分も大きいんですね。

 

集中するには訓練が必要でしてその訓練をするためにはまず時間を確保しないといけないというわけです。

 

で、勉強時間をしっかり確保することで「集中する」ということに早い段階で慣れてくるので「なんか最近あいつめっちゃ集中して勉強(仕事)してるな。」って感じで急な成長を見せることができます。

 

勉強を集中してやりたいなら勉強、仕事に集中したいならもっと仕事をすればある程度の集中力は勝手についてくるんで短眠最強です。

細かい集中力アップ方法は別記事で紹介!するかも。

 

 

 

記憶力が上がる

 

短時間睡眠者は繰り返しの復習できる時間が増えるので当然記憶力も高まります。

 

たとえば1時間長く起きてるとその時間で何回も復習できるようになるということで、毎日周りとどんどん差をつけていけるということに。

 

まあ基本的に周りと記憶力で勝負することってないんで以前の自分と比べて記憶力高まってたらいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

成長がマッハ

 

人が成長するにはトライアンドエラーが必須。

 

それも一回や二回じゃなく大量に必要なんですよ。

 

「会うたびに違う話してるなコイツ。」って人はあなたに比べて圧倒的にトライアンドエラーの回数が多く成長しているからなんです。

 

ショートスリーパーじゃなくても成長早い人はたくさんいるんですが、短眠になればたくさん挑戦と失敗を繰り返す時間ができるのであなたも圧倒的なスピードで成長できるようになりますよ。

 

 

 

自信がつく

 

普通に寝ている人に比べて短時間睡眠の人は挑戦できる回数が増えますし、成功の回数も増えます。

 

成功回数って自信をつけるにはめちゃくちゃ大事ですよね。

 

短時間睡眠者は自然と成功回数が増えることで自信が圧倒的なスピードでついてきます。

 

そもそも今から短眠になりたい!って場合は短眠になれるだけでまず成功体験を積み重ねられますし。

 

 

 

空白の時間を作ることもできる

 

クリエイティブなことをしようと思うと時間の空白って結構重要だったりします。

 

ずっと動き回ってると思考の整理が追い付かないんですが、ぼーっとする時間を作ってみるとポンポンアイデアが沸いてきたりしますよね。

 

クリエイティブさが欲しい場合は短眠でまとまった時間を得られた分隙間時間5分ぼーっとしてみるのもいいかもしれませんね。

 

出てきたアイデアを忘れないようにメモは常に持ち歩いておきましょう。

 

 

 

経験値のたまりが半端なく早い

 

トライアンドエラーの回数が増えるということはそれだけ経験値のたまりも早いということ。

 

故スティーブ・ジョブズは「点と点がつながって線になっていく。」と言っていたけど、短眠者はその”点”をたくさん作れるようになるため線になるのも早いです。

 

結果が出るのが早いとやる気の継続が楽になるし、自信もついてきますよね。

 

手っ取り早く自信をつけたいなら短眠になるのはアリです。

 

この項目に関してはまだ実体験が伴っていないためわかりにくいとこがあるけど、おそらく自分にもできることがたくさんあると感じるようになることで自信がわいてくるんじゃないかと。

 

 

就寝時間をほとんど気にしなくなる

 

短眠になると今までなら寝ていた時間に寝なくてよくなります。

 

「えー、もうこんな時間?もっとゲームしたいのにー。でも明日も仕事(学校)あるから寝るしかないか。」ってなることが劇的に減るんですよ。

 

「もうそろそろ寝ないと。」と考える必要が減ることで時間がないという感覚が減り、ストレスもたまりにくくなるという短眠様様な状況を作ることができます。

 

 

不眠症が改善されることもある

 

短時間睡眠になれば不眠症の改善にもつながります。

 

不眠症の原因って色々あると思うんですけど「眠れないけど早く寝ないと明日に響く!」っていう気持ちが原因になってること多いと思うんですよ。

 

短時間睡眠になれば就寝時間が気にならなくなりますし、ショートスリーパーは一般に比べて睡眠の質が高くなっています。

 

また、起きてる時間が長くストレス解消をしっかりとできるし、やりたいこともできるので”眠る前の悩み”みたいなものがいっきに解消されて不眠症も改善されるんです。

 

ちなみに不眠症を改善させる方法として1日だけ徹夜するとか一旦睡眠時間を減らすという方法が本当にあるので短眠を実践していくことで不眠も改善できる可能性は十分にあります。

 

 

掃除の時間が確保できる

 

忙しすぎて平日は掃除する時間もとれない。

 

という人も多いでしょう。

 

短時間睡眠になれば一発でその悩みは解決します。

 

部屋の掃除って結構大切で勉強や仕事する部屋が片付いていないとそれだけ無駄な情報が視界から入ってきて集中力を低下させてしまいますし、寝室が汚いと睡眠の質が低下して次の日の集中力が下がってしまいます。

 

毎日しっかりと掃除の時間を確保できるため無駄な集中力低下を抑えることができるのはかなり重要ですよね。

 

集中力上がるのわかってるのに時間が無くて掃除できないとかもったいなさすぎます。

 

 

短時間睡眠のデメリットは?

 

圧倒的に得られる効果の方が多い短時間睡眠ですがデメリットがないというわけではありません。

 

ショートスリーパーのデメリットについては「ショートスリーパーになると出てきてしまうデメリット」を読んでみてください。

 

 

 

まとめ:短時間睡眠ぶっちゃけ最強

 

眠気を感じることのない真のショートスリーパーになればだいたい負けのない状態を作ることができるようになります。

 

勉強なら周りよりも勉強に時間を圧倒的に増やせるし、スポーツも練習時間を圧倒的に増やすことができ集中力もレベルが違うので時間単位でみても成長速度が半端なく速いんです。

 

え?スポーツのやり込みすぎは良くない?

 

スポーツって体動かすだけでなく動画見て研究したりイメトレだったりと今は色々と他にもできることがあるので短眠でできた時間にそれらの研究をぶっこんで行けば相当なスピードで上達するでしょう。

 

短眠は一朝一夕で慣れるものではないので少しずつ知識を付けてショートスリーパー化していってください!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。