日光浴でテストステロンは高まる

日光浴 テストステロン テストステロン

 

以前テストステロンを高める方法の記事に日光を浴びればテストステロンを高めることができるということを書いたことがあります。

でも「日光浴やる時間ないてないよー」って思ってる人多いんじゃないでしょうか。

 

夏に海とかプールに行って1日がっつり日に当たったとしてもその日限りでそんなに大きな効果はないですし。

この記事では日光浴とテストステロンについて書いていきたいと思います。

日光浴でテストステロンが高まる

 

太陽の光に含まれている紫外線を浴びることでビタミンD3が生成されます。

ビタミンD3が増えるとでテストステロンの分泌も増えます。

 

これは太陽光を直接浴びる必要があるのでビタミンD3を増やすには外に出るか窓を開けて直接浴びる必要があるんですね。

窓を閉めているとビタミンD3を作るための紫外線がカットされるため増えません。

 

ちなみに屋内で働いている人の90%がビタミンD不足と言われているので、デスクワーカーや授業のある学生はほとんどが足りてないと思っていいでしょう。

比較的外で働いている人でも50%近くがビタミンD不足といい研究もあるので、それほどに不足しやすい栄養素ということですね。

 

日光浴をするタイミング

 

寝起き

 

5分10分早く起きれば日光浴の時間を取れますね。

この時間を利用して外で軽く身体を動かす習慣を作るだけで日中の仕事や勉強への集中力も格段に違ってきますよ。

 

テストステロンはやる気にも関係しているので朝に分泌量を増やすと1日がはかどります。

 

と言っても冬はあまり早起きしすぎたところで太陽がまだ出ていない場合もあります。

なので少し早く起きて学校や会社に電車1本分早くついて日光浴してみるといいでしょう。

 

少し時間に余裕があるので遅刻のストレスがなくなるのもテストステロンを高めるために大切なことですね。

 

朝5分でも早起きするのが嫌な場合はベッドを朝日光が入ってくる窓際に寄せましょう。

カーテンを開けっ放しか遮光じゃないものにすることで寝てても日光浴ができるようになります。

 

移動時間

 

通勤通学を自転車にすると結構な時間日光浴できるんではないでしょうか。

もし電車と自転車で5分ほどしか差がない距離なら迷わず自転車で移動しましょう。

 

5分なんて電車待ってる間に過ぎてますからね。

とにかく外で直接日光に当たる時間を増やすことが大切です。

 

電車内

 

ものすごく時間がかかるから自転車通勤なんてできない人もいますよね。

そういうときは電車の中でも日光が当たる場所でポジション維持しましょう。

 

「最初に直射日光じゃないと意味ないって言ってなかった?」って思いましたよね。

たしかに日光に直接当たらなければテストステロンは分泌されません。

 

しかしガラス越しに日光に当たるだけでも睡眠の質が良くなるんですよ。

日光に当たりながら1日を過ごした人とそうでない人で寝付くまでに平均40分ほどの差が出るようです。

 

40分も長くぐっすり眠れるのはテストステロンをしっかり分泌させるのにはとても大切なことなんですね。

なので電車での移動時間が長ければ長いほど日光の当たる方にいるようにしましょう。

 

会社内

 

可能であれば窓際の席で仕事できるようにしてみましょう。

フリーアドレスの会社なら比較的簡単ですね。

 

自分の席が決められている場合は上司とかもっと上に掛け合って可能であれば場所移動するといいでしょう。

無理な場合はここでは諦めるしかありません。

 

昼休み

 

基本的には昼休みが一番日光に当たりやすい時間になりますね。

昼食は外のベンチとかで食べるといいでしょう。

 

これもテストステロンを高めて1日の生産性を上げたり気分を良くするための方法です。

「デスクで食べたらいいやん」とか思うかもしれませんが、ここは少しでも日光に当たる時間を増やすために日光浴しながら食事してみてはどうでしょうか。

 

日光を浴びていると気分が良くなってくるので同僚や上司とも会話が弾みやすくなりますよ。

個人的には昼食にカフェとかファミレスに食事に行くのは日光浴びられないのでもったいないと思っています。

 

それだけテストステロンの効果というのは大きいんですね。

 

帰宅時

 

帰り道も夏場とかで早い時間ならまだ太陽出てるでしょうが、かなり弱くなってるので日中に全然浴びられなかった日以外は気にせず帰るといいでしょう。

日中忙しくて全然日光浴びられなかった日は少し外を散歩してみるとかゆっくり歩いてみると日光浴できますね。

 

日光浴するの面倒な場合はサプリで対策を!

 

色々と日光を浴びるタイミングについて書いてみましたが、正直面倒という人もいるでしょう。

そういう場合は最終手段ですがビタミンD3のサプリで補給してみましょう。

 

1日3000IU程の摂取がいいんですが、NOW社のビタミンD3サプリは2000IUと5000IUのものがあります。

サプリで2000IUほど補給して残りを日光浴びるといいんじゃないでしょうか。

 

まとめ:日光浴はテストステロンをブチ上げるのに効果的!

 

日光浴でビタミンD3を生成するのはテストステロンを高めるのに必須です。

 

やる気や集中力が高まることで仕事に勉強、スポーツも向上できますし、男性ホルモンであるテストステロンが高いと魅力的にも映るようになりますからね。

 

たくさん日光浴びてテストステロンを増やしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました