テストステロンを増やす

亜鉛でテストステロンは高まる?十分に摂取することで得られる9つの効果!

 

タンパク質とか炭水化物、脂質の摂取量を気にしている人は最近かなり増えていきていると思います。

しかしビタミンやミネラルなどの微量栄養素も気にしている人は少ないですよね。

 

今回の亜鉛というミネラルも身体にとってはとても大切な栄養素です。

特に男性の場合はめちゃくちゃ気にしていきたいものなんですよ。

 

今回は亜鉛の効果について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

亜鉛はテストステロンを高める

 

亜鉛を摂取することでテストステロンを高めることができます。

と言ってもこれは普段亜鉛不足の場合落ちてたテストステロンが高まるだけなので、亜鉛をすでにサプリで摂取していて足りている人が更に摂取量を増やしても変化はありません。

 

しかしそもそも日本人には亜鉛不足が多いと言われているので自分が亜鉛を意識的に摂っていない場合は亜鉛足りてないということを疑ってみるといいでしょう。

その時は試しに亜鉛サプリを飲んでみて変化を見てみるといいかもしれません。

 

僕は「海乳EX」という亜鉛サプリを使ってます。

興味のある方は下記公式サイトをチェックしてみてください。

 

ビタミンAの代謝に亜鉛は必須

 

ビタミンAには抗酸化作用があります。

なので亜鉛を摂取してしっかりと代謝されることアンチエイジング効果も発揮できるんですね。

 

ビタミンAのアンチエイジング効果に目をつけて毎日の摂取量を多くしていったとしても亜鉛が不足していると使われずに終わってしまうので気を付けましょう。

 

アルコールの代謝に亜鉛は使われる

 

亜鉛は体内の300ほどの酵素を働かせるのに必要な栄養素です。

さっきのビタミンAの代謝も同じですね。

 

亜鉛不足の人がアルコールを摂るとアルコール分解に必要な酵素も正常に働いてくれないため、二日酔いになりやすいとか酔いやすいといったの状態になってしまうんですよ。

体質でアルコールを分解しやすい人とほとんどできない人がいますが、本来はある程度大丈夫な人でも亜鉛が不足することで酔いやすくなります。

 

またアルコールを多く飲む人はアルコールの分解により亜鉛不足になってしまい、テストステロンが減少してしまうため注意が必要ですね。

亜鉛をたくさん摂ってガンガン飲むのではなくお酒の量を少し減らしてみるといいでしょう。

 

 

亜鉛は肌質向上にも役立つ

 

亜鉛不足は肌の質も悪くしてしまいます。

亜鉛が不足することで肌荒れしやすくなるだけでなくアトピーの重症化なども起こるようです。

 

炎症を抑えるのに亜鉛は効果的ですが、体に炎症が起きているときはそれを抑えるために使われてしまうためどんどん摂らないとすぐに不足していしまうというわけですね。

ニキビやちょっとした肌荒れを改善するのにも亜鉛は消費されていくので亜鉛をしっかり摂れるようにしていきましょう。

 

またコラーゲンの生成にも酵素が関係しているため亜鉛摂取で綺麗な肌を手に入れることができる可能性もあったりします。

どんな肌ケアをしても全然肌が綺麗にならないというのはもしかしたら亜鉛不足が原因かもしれません。

 

 

亜鉛はアンチエイジングにも効果的

 

肌質を維持したり、テストステロンの分泌を高めるなど様々な方向から老化を防止してくれます。

個人的に大きいと思ってるのは男性の場合テストステロンに関してで、テストステロンの少ない男は本当に魅力がないし、疲れ切っている人が多いですよね。

 

LOHという男性更年期障害の原因もテストステロンの低下です。

男としての魅力を高めるためにも1日の亜鉛摂取量を維持していきたいところですね。

 

薄毛改善には亜鉛が必要

 

亜鉛は髪の十分な成長にも必要なのですが不足すると十分に成長できなくなり、早くに抜ける結果薄毛の原因になってしまいます。

もちろん薄毛の原因はこれだけではないので「亜鉛摂りまくったらハゲが改善する!」とは言えませんが、亜鉛不足という人は多いでしょう。

 

ただし亜鉛を多くとるようになるとDHTという抜け毛に関係しているホルモンも増えるためそっちの対策も必要になりますね。

多くのサイトにはDHTを抑制すると言われていますが、これは亜鉛を致死量レベルで飲んだ場合で研究された資料を基にしているんですよ。汗

 

しかしこの量だとあらゆる細胞とか菌をやっつけてしまうため意味ないんですね。

実際に亜鉛を飲んでも大丈夫な量で考えた場合はDHTも増えるので、しっかりとDHT対策もしていきましょう。

 

簡単な対策としては水をたくさん飲んで尿を出し、運動で汗をかくことですね。

 

 

亜鉛を十分に摂るのは骨粗鬆症の予防にもつながる

 

「今はまだ若いから大丈夫」と思っていると痛い目に遭ってしまうのが骨粗鬆症。

骨は若い間に鍛えておかないと年をとってから丈夫にするのは限界があるんですね。

 

亜鉛はカルシウムの吸収を良くしてくれるんですよ。

そのため骨を丈夫にすることができるというわけです。

 

と言っても骨の主成分はタンパク質から作られるコラーゲンなのでカルシウムだけでなくしっかりとタンパク質を摂取していきたいところです。

 

 

 

味覚改善したいなら亜鉛を摂る

 

亜鉛不足になると舌の味蕾(みらい)という部分の代謝が遅くなり新しい細胞に生まれ変わりにくくなります。

結果味覚障害になってしまうことがあるんですね。

 

明らかに味がしないレベルだとわかりますが、お酒の飲みすぎで亜鉛が消費され軽度の味覚障害で味がわかりにくくなり、味付けが濃くなってしまうということがあるので気を付けましょう。

味が濃くなるということはその分だけ塩分や砂糖など色々な調味料をたくさん使うようになるので、体に異常をきたしやすくなってしまい老化の原因にもなります。

 

特にお酒をたくさん飲んだりタバコを吸う人に多いですね。

 

 

 

まとめ:亜鉛は必須の栄養素だからうまく取り入れていこう!

 

亜鉛は人間の身体を正常に動かすために必須の栄養素です。

しかしさっきも言ったように日本人は不足しがちなので意識的に摂る量を増やしていってみましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。