自分磨き

ゲームがやめられない。無駄ではなくどでかいメリットにつなげる方法を考えてみた。

 

どうも、ゲーム大好きショートスリーパーです。

前回記事でスマホゲームをやめたら驚くほどの変化があったぜ!ということを書きました。

 

そもそもゲームをやりたいが故にショートスリーパーになったわけですが、今はゲーム以外の時間に使われています。

 

でも僕自身やっぱゲームって好きなんですよね。

なので今度はゲームのメリットとデメリットを考えた上で無駄にはならない方法について考えてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ゲーム実況者になる

 

最近はyoutubeとかtwitchとか割とゲーム配信できるサイトがあります。

 

もし英語とか喋れるなら圧倒的に市場の大きいtwitchでゲーム配信をすれば収益化も狙いやすいでしょう。

 

もしくはyoutubeに日本語verと英語verで配信するだけでもその他大勢との差別化を測れるので比較的収益化を狙いやすくなります。

 

ゲーム実況者の場合はものすごいスキルを持っているか、もしくは配信者に魅力がないと収益化まで手が届きません。

 

僕自身ゲーム実況はしていないのでわかんないところの方が多いんですけど、同じクエストの視聴回数で天と地ほどの差があることからしっかりと工夫が必要でしょう。

 

片手間ではなく仕事レベルで考える必要はありそうです。

 

 

ゲーム攻略ブログを作る

 

攻略ブログにも2種類あると思います。

 

一つはコンシューマーゲームの攻略。

 

コンシューマーゲーム攻略のメリットは多くのゲームは終わりがあります。

 

なのでがっつりやり込んで最後の最後までやりきれば区切りをつけることができるんですね。

 

PS3あたりからは追加コンテンツがあったりするのでこのメリットは減りつつありますが。

 

デメリットは終わりがあるということは後発組が発売直後に攻略はじめた人に勝つのが難しいということ。

 

せっかく書いたなら読んでもらいたいところですが、書きはじめが遅ければ遅いほど読まれにくい状態になります。

 

もう一つはスマホゲームの攻略。

 

スマホゲームの攻略をするメリットは現在プレイ人口がコンシューマーゲームに比べて多いところですね。

 

プレイ人数多いので当然読まれる量も多くなります。

 

おかげでしっかりと考えて記事を書けば収益化もコンシューマーゲームに比べて簡単になります。

 

ただしスマホゲームってサービス終了までずっとアップデートされてデータが更新されるので、それに合わせてブログ記事の更新・書き直しが必要にもなってきます。

 

と言っても1つのゲームでしっかり記事を書けば後はアップデートした時に書き足したりするだけなのでそこまで半端ない労力がかかるわけでもありません。

 

仕事って考えればそこまで厳しい条件でもないですね。

 

 

現実でのつながりを広めて行く

 

ゲーマー同士の繋がりって意識さえすればゲーム内だけにとどまりません。

 

オフ会とかイベントに参加すれば同じゲームをしている人とリアルで知り合うことができますよね。

 

知り合った後繋がり続けるかその場限りになるかはそれぞれですが、仕事につなげることもできるでしょうし、ちょっとした飲み仲間とかにもなれるでしょう。

 

同じゲームも一人でやるよりみんなでワイワイやる方が楽しいときありますよね。

 

ちなみにゲーマーな人ってリアルでの層が本当に広くて普通に過ごしているだけでは会えない人が当たり前のようにいます。

 

普段なら会えないような距離に住んでいる人だったり、会社経営している人とか自営業の人とか今の自分とは全く違う立場の人と会うのも”同じゲームをしてる仲間”としてだったら割と簡単になりますね。

 

 

現実のコミュニケーション能力をつける

 

つながりを広めて行く過程で必ずコミュニケーションを取らないといけません。

 

いつまでも人見知りで。。。とか言ってられないんですよ。

 

なので人見知り改善してコミュ力上げたい人とかはゲームを元にオフ会やイベントに参加してコミュ力を磨いていくのもいいんじゃないでしょうか。

 

それに普段からイベントとかに参加する機会を作ってコミュ力を高めることを意識していけば適当にゲームしてるだけの場合と比べてかなりコミュ力をつけられるでしょう。

 

チャットしてるだけだとあまりつかないコミュ力もスカイプやLINEを使って会話しながらゲームするだけでコミュ力を鍛えることができます。

 

 

 

プロゲーマーになってゲームを仕事化する

 

プロゲーマーは職業ゲーマーなので生きていくためにゲームをすることになります。

 

海外ではプロゲーマーといえばスポーツのアスリートと同じような感じで扱われていますが、今のところ日本だとまだ馴染みが少ないですね。

 

2018年度から日本国内でプロゲーマーの資格とかも出てきてゲームをもっと流行らせていく流れができているのでプロゲーマーが増えていくことはあるでしょう。

 

また最近では面白ければ個人同士でスポンサーしてくれる場合もあるのでやり方次第ではプロゲーマーを名乗って生きていくこともできます。

 

 

ゲームしながら筋トレする

 

一気にハードル下げました。

 

スマホゲームって使うのはほとんどの場合手だけですよね。

 

ポケモンGOとかIngressみたいに歩き回るタイプのやつはもうそれだけで毎日ウォーキングできるのでいいと思います。

 

しかしほとんどのスマホゲームはどんな体勢でも両手使えればできるわけですよ。

 

運動不足がひどい昨今ゲームしながら筋トレするという方法を取り入れいくのおすすめです。

 

例えばモンストやりながらスクワットするのってそんなに難しいことじゃないですし、慣れれば余裕でできます。

 

後はゲームするときは必ず立ったままやるだけでも座りっぱなしとか寝転んでやるよりは消費カロリー増えるので太りにくい状態を作ることができるでしょう。

 

僕の場合以前は筋トレの休憩中にちょこちょこゲームを進めていました。

 

ちょっと油断すると休憩時間めっちゃ長くなったりするんですけど、筋トレガチ勢じゃない僕としてはまあ問題なかったです。

 

ゲームしながらも運動不足を解消できるのでデメリットは一切ないですね。

 

 

ほどよーくゲームと付き合っていく

 

ゲームはそもそも娯楽として作られたので本来はストレス解消になるはずです。

 

なのでうまくゲームと付き合っていけば日中の仕事や勉強、人間関係でのストレス解消に役立ちリフレッシュできるんですね。

 

なのでまずはゲームとの付き合い方を考えてみましょう。

 

今の20代ぐらいからは生涯ゲーマーな人も増えてくると思うんですよ。

 

うまくゲームと付き合えるかどうかは「結婚してこの人と一生付き添えるかどうか?」と同じぐらい真剣に考えてもいいんじゃないでしょうか。

 

ゲームとの付き合い方を間違えてスタミナ消費とかイベントのタイムテーブルに翻弄されるようになるとストレス溜まるだけですからね。

 

 

 

リアルのゲーム化を考え始める

 

ゲームをしてるとふと思うことがあって「リアルってすげーリアルだな。」と。

 

「いやいや、当たり前やんけw」って思われると思うんですけど、今観てるパソコンやスマホからパッと前を見上げると驚きのレベルのグラフィックで画像が表示されてるわけですよ。

 

時々見えるきれいな夕日とか超絶リアルな雨の音や匂いもゲームとは桁違いですよね。

 

まあ現実の話なんで当たり前っちゃ当たり前なんですけど、こう初めて考えた日に「なんで俺わざわざ情報量減らして過ごしてるんだろ?」と思いました。

 

最高に面白いストーリーで最高に画質の高いゲームを求めてたんですけど現実だとそれが普通だったりするんですよね。

 

ストーリーは自分で作らないといけないので面倒ですが、生まれた瞬間ほとんどの場合画質は最高レベルです。

 

 

 

まとめ:ゲームは使い方次第で現実にも好影響が!

 

ゲームは娯楽!無駄!っていう人もいますが、現代は娯楽も仕事にできる時代です。

 

というか元は野球もサッカーも今プロスポーツのあるものは娯楽ですからね。

 

そう考えるとゲームを現実と結びつけて仕事にしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。