自分磨き

勉強場所としておすすめできる14箇所を紹介!

 

あなたにとって勉強に集中しやすい場所はどこでしょうか?

勉強場所って色々ありますよね。

 

雰囲気を変えて気持ちを切り替えることも考えると何か所か用意しておくといいでしょう。

今回は勉強におすすめできる場所について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

勉強におすすめの場所

 

自室

 

 

一番近くてリラックスできるのは自分の部屋ですよね。

もしあなたが自分の部屋で勉強できる場合はできる限り自室で勉強するといいでしょう。

 

邪魔するものは何もないので圧倒的に集中することができます。

ただずっと同じ場所で勉強していると飽きてくることもあるので他の勉強場所も確保しておくといいですね。

 

あなたが部屋で勉強できない場合は逆に絶対に自室は使ってはいけません。

最悪の場合は何もせずに1日が終わります。

 

 

 

リビング

 

 

自室の次に楽なのがリビングです。

学生の場合は時々親に「勉強しなさい!」とか言われることもあると思いますが、リビングで勉強することで言われずに済み無駄なイライラやケンカを起こすことがなくなります。

 

またリビングには家族の目があるので自室ほど勉強をサボることはできませんよね。

そのため自室だとつい漫画とかゲームに手を出してしまう人でもある程度勉強できるでしょう。

 

しかし家族がテレビを観ていたりするので誘惑に負けていつの間にか勉強していないということも良くあるので気を付けないといけません。

東大に受かる人にはリビングで勉強している人が多いようです。

 

 

 

お風呂

 

 

半身浴をしながらゆっくりと身体を癒しつつ暗記系の軽いものをするにはオススメですね。

お風呂もたいていの人が毎日入るので勉強時間にしてみてもいいでしょう。

 

ただ勉強しててお風呂でも勉強して出た後も勉強となるとだらける可能性もあるのでものすごく切羽詰まってるときとか、時間のない場合だけにした方がいいかもしれません。

やはりお風呂ではしっかりリラックスしたいですしね。

 

 

 

トイレ

 

 

トイレも立派な隙間時間です。

「トイレにいる間も勉強するのか」と思うかもしれませんが、スマホ触ったりしてますよね?

 

その時間を有効活用するようになればいっきにやりたいことは進むようになると思います。

もちろんトイレに1時間とかこもっていられないので本格的な勉強をするわけではなくちょっとした暗記や復習をするだけで十分です。

 

英単語の復習ならさっと1ページほど終わらせられますよね。

 

 

 

カフェ

 

 

個人的に割とオススメなのがカフェです。

カフェは周りに人の目があるので家でサボりがちな人は使ってみるといいでしょう。

 

意外と雑音もちょうど良くて集中できますよ。

カフェと言っても場所によって来る人も違うので勉強のしやすさが違うため何件か回ってみて集中しやすい場所を探すといいですね。

 

カフェも時間次第で混んでくることもあり、昼食時とかは遠慮した方がいいですね。

またカフェだとコーヒー一杯で粘っても2,3時間が限界だと思います。

 

 

 

カラオケ

 

 

少し値段は高いですがカラオケもありでしょう。

それなりの大きさの机がありますし、フリータイムで入ればかなりの時間勉強できます。

 

ドリンクバーもあるので飲み物もあるしお腹が空けば何か注文もできますよね。

カラオケなので休憩中に大声出して勉強のストレスを発散することもできるのが大きなメリットだと思いますね。

 

友達と2人ぐらいで順番に唄いながら勉強するのも集中はできませんがたまには息抜きとして使えるでしょう。

ただ唄うのが大好きな人がヒトカラすると唄ってて勉強のするの忘れてたということになりかねないので気を付けたいところです。

 

 

 

ネットカフェ

 

 

ネカフェは個室スタイルだとめちゃくちゃ集中できますね。

少し値段が高いのがネックなので本当に気分を変えつつ勉強をしたいときに使うといいです。

 

パソコンや漫画などの誘惑が多いので誘惑に負けそうな場合は使えませんね。汗

 

 

 

自習室

 

 

都会に住んでいて近くにある場合は最もオススメできるのが自習室です!

自習室は最近増えてきているので探したら意外と近くにあったという人もいるんじゃないでしょうか。

 

場所やオプション次第ですが1日当たりカフェのコーヒー1杯分ぐらいの値段で1日中使えたり、コーヒーや水無料だったりするのは魅力的ですね。

何より周りにはある程度区切られているとは言えがっつり勉強している人達がいるのでやる気と集中力を貰えるのもかなり効果的に勉強できる場所だと言えるでしょう。

 

1ケ月単位で考えると少しお金がかかりますが、それ以上にメリットは大きいと思います。

ただしパソコンを使いたい場合はあらかじめ使っていいのか確認したり、使う場合もキーボード音に気を付ける必要があるでしょう。

 

 

 

電車

 

 

毎日学校や会社に往復で電車を使っている場合は電車の中も勉強場所になります。

電車の中でやることって本読むか寝るかスマホ観るぐらいしかないんですね。

 

たいていの人は寝るかスマホですがここも勉強場所に変えてしまいましょう。

座ったら一気に眠気に襲われるので立ってるのがいいですね。

 

立ったまま参考書を使って勉強することで結構な勉強量を稼ぐことができます。

今はスマホとか観てるかもしれませんが電車を勉強場所にするだけで1年後にはかなり違った状態になってるんじゃないでしょうか。

 

 

 

バス

 

 

電車と同じく毎日使ってるなら勉強場所となることができます。

ただかなり大きな問題として酔いがありますね。

 

僕みたいに車酔いする人はバスでは勉強できないため諦めましょう。笑

 

 

 

図書館

 

 

近場に図書館があるなら利用してみるのもいいですね。

図書館ならちょっとした資料もあるのですぐ調べたりもできますし、周りも読書か勉強をしているので集中しやすい環境にあると思います。

 

ただ個人的には少し静かすぎるのであまり静かだと集中できないという人は使いにくいかもしれませんね。

その場合は静かなカフェの方がいいでしょう。

 

 

 

公園

 

 

テーブルのある公園とかだと更にいいですね。

外で勉強するのって意外といい感じなんですよ。

 

風が強かったり夏とか冬は気温的に使えないのがデメリットですが、気持ちいいので時々利用してみるといいでしょう。

特に勉強にがっつり打ち込む期間は日光に当たる機会が減ります。

 

日光に当たらないと気分が沈んでやる気がなくなったり、テストステロン不足になって全然集中できなくなったりするんですね。

なので時々日光浴がてら公園で勉強するという選択肢も頭に入れてみてください。

 

 

 

学校

 

 

学生なら学校で勉強するのもいいですね。

休日も制服を着て学校に行くだけで身が引き締まりやる気が出てきます。

 

ただしできれば一人で行くようにしてください。

友達と勉強の約束をしていくと喋ってばかりで勉強できないことが多いです。

 

最初は勉強してても昼食後の休憩が2,3時間続いたり。汗

楽しいですがこういった勉強の時間を減らしてしまうことになりかねないので、勉強するのは一人で行くといいでしょう。

 

 

 

会社

 

 

社会人の場合は会社で勉強するという選択肢があります。

朝早く会社に行けばまだ誰も来ていない場所で勉強できますし昼休憩も勉強可能です。

 

会社によっては仕事に関係のある勉強なら空き時間にしていても怒られない場合もあるでしょう。

会社だと朝から冷房とか使えるので暑い中勉強する必要もなくなるので意外と使えます。

 

ただし同僚とかのひやかしとかあるかもしれないので耐えるか嫌な場合は会社は使えませんね。

 

 

 

 

まとめ

 

 

人それぞれどこが一番集中できるかは変わってきます。

自室で集中できれば一番近いのでいいんですが無理な人も結構多いと思うんですね。

 

僕も家では全く集中できないため諦めて外に出てることが多いです。

「今日は家で集中してやる!」とか思っても集中できないので潔く外で勉強するようにしてみましょう。笑

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。