自分磨き

スマホゲームをやめたいと思ってるあなたへ。実際やめてみて僕に起きた16の変化

 

スマホゲームやめました。

今まで15年以上もネトゲとスマホゲームをしてきたんですけどそれを今回バッサリやめたんですよ。

 

正直めっちゃ気合い入れました。

 

バックアップなしでアプリをアンインストールとかやばいっすよね。

 

でもなんとか全部消しました。

 

今回はスマホゲームをやめたことで僕に起きた変化について書いていきたいと思います。

最近ゲーム微妙だなと思ってる人は参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

スマホゲームをやめたことで僕の身に起きた変化

 

スマホゲームをやめた途端に色々と変化あったんですけど、正直思った以上の変化でした。

 

 

ゲームのことを考える必要がなくなった

 

今までなら「あ、ドラクエのスタミナ消費しないと。」「そういえば他のゲームもスタミナ。」「あれの攻略どうしようかなー。」とか考えてることが多くて思っていた以上に脳内リソースが持って行かれていることに気づきました。

 

というか脳をゲームでかなり使ってるなーというのはゲームしてた時から感じてたんですけど思った以上でしたね。

 

ゲームをやってた時間で他のことを考えたり脳のリソースが解放されるので読書したり情報集中やまとめに使えるようにもなりました。

 

 

 

急に行動力沸いてきた

 

とりあえずゲームを消したその日の夜いきなり部屋の掃除をしました。

 

僕の部屋は汚部屋ってほどではないけどすぐに散らかるし掃除機とかかけるのも面倒なぐらいには掃除が好きじゃないんですよ。

 

でもスマホゲームをやめたらその日の夜いきなり時間ができて「そういや最近掃除機かけてなかったしかけるか。」って感じで動けるようになりましたね。

 

行動力っていうぐらいなので掃除機かけただけでなく、部屋全体的に掃除を始めたしブログ書く時間も増えました。

 

ゲームをやってた時間そのものが空くのでその時間を使って家事とかもできるようになりましたねー。

 

今まで面倒と感じていたことに「時間あるしやるか。」って感じで動けるようになったのは大きいと思います。

 

本来ゲームは娯楽のはずなのにゲームに日常を支配されていたということでしょう。

 

ちなみにブログ書く量は2倍ぐらいに増えました。

 

人によって空いた時間を勉強だったり副業だったり何に使うかは自由ですが、だいたい何やってもゲームしてるより有意義だと思います。

 

 

 

外に行くようになった

 

読書とか勉強とかやること増えたんですけど外出することも増えましたね。

 

一人だったり友達とだったり家族だったりと色々。

 

ゲームをしてるとどうしてもスタミナMAXにしたくない心理が働いて外出が億劫になってしまってました。

 

家にいたらいつでもスタミナ消費できるしイベントも参加できるからね。

 

結果外出がめちゃくちゃ面倒だったんですけど最近は定期的に外行きたいなってます。

 

外出すると新しい経験がバンバン増えてくるので「あれ?なんかリアルめっちゃ楽しいやん!」ってなってきました。

 

僕の場合一人で外出が好きなタイプなので市内でぶらぶらするだけでも割と楽しいです。

 

 

 

内向的なのは気のせいだったかもしれない

 

家で遊ぶの好きだし人混みは疲れるから内向的な人間なんだと思ってたけんですど、もしかしたら中間ぐらいなんじゃないかと思い始めました。

 

どっちかに偏るとなんか気持ちしんどくなってくるし、家で読書しても外でワイワイやってもどっちでもHPとMP回復してますからね。

 

結局はゲームをメインにスケジュール組みたかっただけかもしれません。

 

 

 

24時間ってめっちゃ長くない?

 

ゲームを2、3個やってる時は驚くほど1日の時間がありませんでした。

 

掃除したいし、部屋の整理もしたいしブログも書きたいし本読みたいしって色々思ってたのが全然進まなかったんですよ。

 

でもゲームをやめたその日から自分が思ってたほとんど全部のことができるようになってマジで驚きましたね。

 

ちなみに掃除とか何もやらないと1日は驚くほど長いことに気づきます。

 

おそらくこれが1日1日を有効活用できている人となんとなーく過ごしている人の差なんだろうなって感じで。

 

1ヶ月も経てばかなりの差があって1年も経てば埋められない差になってるわけです。

 

しかもこの傾向はほぼ変わることがないのでなんとなく過ごしてる人と有意義に生きてる人では圧倒的な差がついて当たり前なんすよね。

 

 

 

睡眠の質が上がる

 

僕の場合寝る前のブルーライトに関してはどっちみちブログ書いたりでパソコンかスマホは観てるんで差はないです。

 

が、やっぱゲームって興奮しますよね。

 

装備の強化が成功したりダンジョン1周できるだけでも脳は興奮して交感神経が優位になっていくわけです。

 

結果アドレナリンばんばん出て寝つき悪くなっちゃうんですよー。

 

電気つけっぱなしで寝落ちした時なんかは最悪ですね。

 

本当は寝る前2、3時間ぐらいはパソコン、スマホからも離れた方がいいんでしょうけど僕は結構ギリギリまで仕事とかやってるんでまあ無理です。

 

それでもゲームしないだけでも睡眠の質上がるっぽくてかなり疲れの取れ具合は違ってきます。

 

ちなみに睡眠の質上がったおかげなのか勝手に睡眠時間が1時間ほど短くなりました。

 

ゲームしない分時間増えたのにさらに増えたやったね!

 

 

 

ちゃんと休憩できるようになった

 

スマホゲームが好きな人は休憩時間ってとりあえずゲームすると思うんですよ。

 

僕は普段仕事中はポモドーロテクニックっていうのを取り入れてるんですけど、休憩の5分はまず間違いなくスタミナ消費に費やしてました。

 

でもゲームって結局疲れますよね。全然リフレッシュしてませんよね。

 

少なくともゲームをやったことで疲労回復はしていません。

 

でもゲームをやめたことでその5分で瞑想したり、軽く運動とかストレッチができるようになったので1日の疲労感も全然違うものとなってきました。

 

結果ポモドーロの25分も集中力が上がったので1日の生産性もすっごい上がりましたね。

 

 

精神的な疲れが減った

 

スマホゲームは本来「暇つぶし」とか「リフレッシュ」みたいな意味合いがあると思うんですけど僕にとってはもうこの意味をなしていませんでした。

 

そもそも「暇つぶし」をするほど暇はないはずですし、ゲームで全然リフレッシュできていませんでした。

 

ゲームでリフレッシュできていないことに気づいたのはゲームをやめてからで「あれ?そういえば最近疲れ減ったな。ゲームやめたぐらいしか心当たりないぞ。」って感じでした。

 

「スタミナ消費しないとー。」っていう強迫観念じみたものと、高難易度クエストの存在がゲームでリフレッシュできない原因だと思います。

 

高難易度クエストで負けたらイライラするときありますし、勝ったとしてもギリギリの難易度のときは真剣にプレイしないといけないので精神的に疲れてきます。

 

こういった疲れが一切なくなるので気持ちの余裕がめちゃくちゃ増えましたね。

 

 

 

目の疲れが減った

 

僕は仕事でパソコンとスマホ使うので休憩中にゲームをやるとほぼ1日中画面見てることになります。

 

スマホゲームをやめるちょっと前には目元がピクピクしてくるほどに。

 

でもこれもスマホゲームをやめて休憩時間に画面見る時間が減ったことで治りました。

 

目の疲れも慣れたのかあんまり感じてるわけではなかったんですけどいざやめると「あ、前は目かなり疲れてたんだな。」とわかりました。

 

 

 

肌荒れが改善した

 

タイミングがゲームやめた時に重なってるからそうかなって感じなんですけどニキビ減りました。

 

ゲームをやらないといけないとかスタミナとか色々ストレスになっていたり、睡眠の質が悪くなってたのとか姿勢が悪い状態を長く続けてたのが原因で肌荒れしてたのが改善したっぽいんですよね。

 

食生活は変わってないので今回はゲームやめたのが理由だと思います。

 

人の話に集中できるようになった

 

以前は外出した時も自分とか相手がトイレに行った時とかちょくちょくスタミナ消費してました。

 

スタミナMAXは避けたいからね。

 

でもそれがなくなったので外出中ゲームのことを気にしなくなりました。

 

また、特に家族とか親しい友人と会話してる時にゲームしてると話が完全に上の空なんですよね。

 

僕の場合集中し始めるとほぼ聞こえてないんですけど返事はしてるようで後になってから「さっき返事してたやん!」って言われます。

 

まあぶっちゃけ相手に失礼ですよね。

 

人との会話に集中できるようになったのも大きな変化です。

 

 

 

勉強とかの集中力も上がった

 

ゲームってやってない時でもなんとなく頭の片隅でポジショニングしてるもの。

 

スマホゲームやらないって決めたらその部分が空いたのか仕事の集中力もめっちゃ上がりました。

 

自由な仕事をしてるため「あ、そういえば。」みたいな感じでゲーム始めたり、考えてたのがなくなっただけでもかなり違います。

 

仕事・勉強に集中したいなら一時的にでもゲーム自体をやめてみるのもいいんじゃないかな。

 

 

 

やる気が出てくるようになった

 

ゲームを頻繁にやってる時いつも感じるんですけどなんかゲーム以外やる気出なくなりません?

 

ゲームをやってると頻繁に報酬がもらえるのでドーパミンがちょいちょい分泌されます。

 

1回あたりは少ないんですけどトータルではかなりの量分泌されるんですね。

 

ドーパミンがあまりにたくさん分泌されるんでその分泌量に慣れてしまって現実のほんのちょっとした分泌ではやる気全然出なくなるんですよ。

 

結果ゲーム以外なんもやる気ない人間が生まれます。

 

ゲームをやめると今までドバドバだったドーパミンの分泌が治り、前よりも少ない量でやる気出るようになるんです。

 

ちなみに勉強好きとか謎なこと言ってる人は実は勉強したところからドーパミン出てるから勉強好きなんですよ。

 

 

お金が別のことに回せるようになった

 

僕はスマホゲームに課金してました。

 

そんなに多くはない額ですけど課金することに抵抗はなかったので無課金の人からすれば驚くぐらいは課金したんですかね。(多分トータル100万ぐらい)

 

ゲームにお金使うのはまあ使用料とかゲームを楽しむみたいな感覚だったんで僕的には後悔はありません。

 

しかしやっぱ課金をやめればお金が浮くので現実の他のことに課金できますよね。

 

5千円あれば結構色々買えますし、10万あればいい感じに旅行とかもいけます。

 

特に使い道がない場合はある程度貯金して残りは投資に回してみるとかでもいいでしょう。

 

 

時間が自由になった

 

やりたいことがやりたい時間帯にできるようになりました。

 

ゲームっていつでも自由にできるっていうイメージあると思うんですけどどれくらいの人が本当に自由に楽しめてるんですかね?

 

多くの人がスタミナとかイベントのタイムテーブルに振り回されてると思われます。

 

こういう時間の縛りがなくなって本読みたいときは本読むし、運動したいときは運動する時間ができました。

 

自己コントロール感が出るので自信を持つこともできましたね。

 

 

現実が進み出した

 

僕は11歳の時から27歳の今までネトゲ→スマホゲームの流れで生きてきました。

 

結果どうなったかというとリアルが全く進まないんですよ。

 

据え置きのシリーズ系も全く進んでないし読みたいと思ってる本大量にあるし、あんま成長もしてない気がする。

 

これがネトゲとスマホゲームやめた瞬間急に動き出します。

 

今まで読めてなかった本とかバンバン消化できるし、勉強と仕事に費やせる時間も自然と増えて目標もできたので前に進めています。

 

いやー後何年も先までスマホゲームやってたらと思うとやばかった!

 

 

ゲーム内のレベル上げが意味わからなくなってきたら辞めどきかもしれない

 

手軽にできるゲーム内のレベル上げ。

 

まあ後半になってくるとレベル1上げるのに数時間使ったり、場合によっては何十時間かかったりで全然手軽じゃなかったりするんですけど。

 

「このレベル上げの時間あったらリアルの俺めっちゃレベル上がらん?」とか考えちゃった時点でもう本気でゲーム楽しめないんですよね。

 

30時間あれば現実でも結構勉強とか進められますし、筋トレ始めたら30時間って何もしてないより割と成長してますからね。

 

 

 

スマホゲーム自体が無駄なわけではない

 

ちなみにスマホゲームがすごく生産的な人ならなんら問題はない。

 

僕の場合はどう考えてもデメリットの方が目立っていたため。

 

例えばゲーム実況とかゲーム攻略ブログを書いて生産的なことをしてみたり、大会とかオフ会で交流を深めたりしているならいいと思う。

 

メリハリをつけてリフレッシュに使えるならそれでいいと思う。

 

僕はそれができなかっただけ。

 

それに今のゲームは僕が求めてるものじゃない。

 

まあ生きてる間にできるのかはわからないですけどSAOみたいなゲームができるようになればまた復帰しますね。

 

 

ゲームやめても案外問題ない

 

ゲームをやめても本当になんら問題ありません。

 

参加してたギルドとか急に辞めることになるけどまあ問題ないですね。

 

最初の1週間ぐらいはゲームやりてーって思うことありますけど、1週間も過ぎればゲームやりたい気持ちはなくなってきます。

 

3週間ぐらい経てばスマホゲームはやらないのが当たり前に。

 

「あんときは本当ただの依存だったんだなー。」と思うとむしろログインだけにアプリ残してたのとか馬鹿みたいに思えます。

 

と言ってもネトゲとかスマホゲームをやってた時間返せ!とか思いません。

 

ネトゲやってたときはチャットを楽しんだし、モンストやってるときは学校の友達とマルチプレイを楽しみましたから。

 

僕はゲームがあれば友達に困らないのは事実。

 

今後もめっちゃ好みな女の子がゲームしてたらコミュニケーションツールとしてゲームに復活するのは間違いないでしょう。

 

 

 

まとめ:スマホゲーム役に立ってる?少しでも疑問が浮かんできたなら1週間ゲーム断ちしてみよう!

 

最近ゲームをやってる自分をほんの少し疑問に思うことってありませんか?

 

そんな時はいきなりゲームをやめなくてもいいので一旦休憩ってことで1週間ほどゲーム断ち期間を作ってみてはどうでしょう。

 

その間はログインもしないようにすると色々気づきがあると思います。

 

僕みたいにスマホゲームはいらないじゃんって思うかもしれませんし、むしろスマホゲームが日々の癒しになってると気づく場合もあるでしょう。

 

どういう気持ちでゲームしてるか知っとくのも大切だと思います。

 

一度試してみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。