自分磨き

O脚改善トレーニング始めました。自力でO脚は綺麗な足にできるのか?

 

 

何を履いてもかっこよくならない。

なんかバランス悪い。

 

O脚だとそんなこと日常茶飯事ですよね。汗

僕もO脚で服装ではごまかしきれないのでわかります。

 

じゃあ一生そのままなのか?

でもテレビではO脚は改善できるとか言われてますよね。

 

ということでO脚は自分で改善できるのか?を試してみることにしました。

 

スポンサードリンク

 

内転筋群を鍛える

 

 

O脚気味の人の多くは足の外側ばかり使ってしまっていて内側の筋肉をうまく使えていないようです。

実際僕の太ももに本気で手を挟んでもすぐに抜けられてしまうぐらい筋力弱いんですが、O脚でない人の中には手が抜けないぐらい筋力が強い人もいます。

 

もちろんO脚でないしあまり内ももが強くない人もいるんですが、他の部位の筋力や柔軟性、姿勢など色々なことが関係しているので内ももを鍛えることで100%O脚が改善されるという保証はありません。

しかし僕の場合太もも前面に比べて圧倒的に内側が弱いので鍛えることで少しは改善されるんじゃないかと思い今回は「内ももを鍛えてO脚改善できるのか」に挑戦しようと思います。

 

 

O脚改善1ケ月目(内転筋強化)

 

  • アダクション→平日に20回3セット
  • 太ももにものを挟んで座る→平日に1日10分ほど

 

 

O脚の人は歩き方や立ち方によって内転筋が弱いとよく言われているので、youtube動画を観ていくつかのトレーニングを取り入れていきたいと思います。

お尻とか他の部分のストレッチとかもあるんですがまずは内転筋から行っていきます。

 

 

 

これやってみると僕は初日左足がつりました。笑

 

1ケ月目のスタート前はこんな感じ。

自分の指3本入るぐらいには開いてます。

 

ネットとかテレビで言われているほどの効果はなくても1ヶ月に指1本分ぐらいずつ改善できたらいいですねー。

それでも3か月程度で改善できる予定になりますから。

 

内転筋の強化を1か月やっても全く変化がない場合は原因は他のところにあると思われるので別の部位のトレーニングを行いたいと思います。

トレーニングだけでなくストレッチで筋肉をほぐさないといけなかったりもするんですがいっきに行うと結局原因はどこだったのかわかりませんからね。汗

 

もうずっとO脚なので最終的に改善できれば多少時間がかかっても検証していきたいと思ってます。笑

 

 

 

まとめ

 

 

ダイエットとかO脚改善とかのトレーニングはしっかりと継続していくことが大切です。

なので量と強度は「あれ、こんなけでいいのか?」というところから始めましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。