自分磨き

「スマホの5分で人生は変わる」を読んで得られた7つのこと。使い方次第で差が出まくり!?

 

スマホ使ってますか?

超便利なスマホの普及率は90%を超えほとんどの人が利用してると言っていいでしょう。

 

スマホを使う5分間の内容を変えていくだけで人生が激変することもあるほどです。

今回は「スマホの5分で人生は変わる」を読んで得たことについて書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

スマホの5分で人生は変わるを読んでわかったこと

 

ドーパミンに慣れてしまう

 

 

やる気の元になってくれるドーパミンは分泌されると快感をもたらします。

ゲームをクリアしたとき「よっしゃ!」って思った時にはドーパミンが分泌されてるんですね。

 

このドーパミンを分泌させることでゲームをさらに続けたくなるんです。

ですがドーパミンもカフェインとかと同じでずっと同じ量をだと満足できなくなっていきます。

 

するとどんどん多くのドーパミンが必要になっていきゲームとか薬とかに飲めこむようになっていくわけです。

ゲームはどんどんドーパミンを分泌させる仕組みを作っているためハマるとなかなかやめることができなくなってしまうというわけです。

 

 

 

思ってる以上にスマホで時間は奪われている

 

 

スマホを毎日2時間以上使っている人の割合は68,4%になるそうです。

結構な時間使ってますよね。

 

スマホを使う時間の大半はゲームやLINEやtwitterなどのSNSだと思います。

もちろんビジネス用に情報収集とかで使ってる時間もあるでしょうからこの時間全てが無駄になってるというわけではないですが、少ない時間のうち1、2時間はあまり関係のないことで使われてしまっているという事実を知りましょう。

 

「いや1日1,2時間とか別にいいだろ」って思う人も多いかもしれません。

でももし自分を成長させたと思っている人は意識を改めましょう。

 

平日毎日2時間スマホで時間を奪われているとすると1か月で60時間になり、1年250日で計算すると500時間になります。

500時間あったら相当な時間になりますよね。

 

語学ならかなり上達しますしあなたが欲しい資格を勉強して手に入れることができるかもしれません。

一つの分野に集中して勉強すればかなりの知識が身に付いているでしょう。

 

 

隙間時間をうまく使えばいっきにできるやつに!?スキマ時間の使い方や作り方を紹介!

 

 

 

忙しいは嘘?

 

 

毎日忙しすぎて時間が足りないと言っている人が多くなってします。

ですがスマホでゲームやSNSを使ってる人も増えてますよね?

 

暇な人が増えたんでしょうか?

違いますよね。

 

実際は忙しいと言ってる人たちがゲームとかで時間を使ってるんですよ。

毎日を効率よく過ごしている人は5分未満の隙間時間をうまく有効活用して時間を捻出しています。

 

だからどんどん成長してできる人になっていくんですね。

隙間時間のほとんどをぼーっとしたりゲームしてる人と少しでも成長するために情報収集や仕事、勉強をしている人だとどっちの方が早く成長できるかは一目瞭然ですよね。

 

忙しいというのは嘘は言い過ぎかもしれませんが、実際忙しくしてるのは仕事の量が多すぎるわけではなく自分だったりします。

毎日2,3時間残業がある人は一度隙間時間の使い方を見直してみましょう。

 

移動中などに5分でも仕事を進めることができれば5分早く帰ることができるようになります。

このたった5分を積み重ねるだけで1時間早く仕事が終わるようになるんですね。

 

 

 

コミュニケーション能力が落ちる

 

 

これは人によって大きな差が出るところです。

ただ僕個人としてはスマホに時間を使えば使うほどコミュニケーション能力が落ちていくと思っています。

 

コミュニケーション能力ってただ喋れたらいいだけじゃないですよね。

 

ゲームをして一人の時間が増えることで話す機会が減り口下手になることがあります。

もしくは友人とはいつも仲良くコミュニケーションをとれているように見えても実は相手の気持ちを全然くみ取れていないことととかあるんですね。

 

いわゆる空気が読めない人が多くなったのはスマホ普及でコミュニケーション能力が落ちてるからだと思います。

LINEとかでもコミュニケーションはとれますが相手の気持ちものすごくわかりにくいですよね。

 

直接話す機会が減ることで感受性が鈍くなりコミュ力は落ちていきます。

これを改善していくためにはやはり直接会って話すのがいいですね。

 

その方が相手の言ってることが伝わりやすいですしコミュ力をつける練習にもなります。

通話アプリで2,3時間も話す時間があるなら1時間ぐらい飲み屋で話す方がいいでしょう。

 

 

 

新しい習慣が身に付くまでには?

 

 

「スマホの5分で人生は変わる」では新しい習慣をつけるのに45日かかると言っています。

スマホを遊び目的で使わない習慣をつけるには45日かかるってことですね。

 

実際僕もスマホゲームをやめるのはとても苦労しました。

というかまだまだやめきれてないです。汗

 

今の自分にとって必要な習慣をやめるには最低でも45日かかるのでその間は「もうゲームはやめられた!」と油断せずに「まだゲームをやめてる途中」と思いましょう。

油断したら習慣なんてすぐ戻ってきますからね。汗

 

隙間時間の使い方を変えれば驚くほど時間は増えます。

僕の場合忙しいと思ってたけどゲームをやめようとしたらかなり暇になりました。

 

5分ぐらい空いたときにやることがないんですよね。

今はスマホゲームをやめるための45日間なのでこれが終わった後はスキマ時間をうまく使う習慣を45日かけて作ろうと思います。

 

45日でひとつの習慣を変えていくとすれば1年では8つほど習慣化することができます。

1つ変えただけでは劇的な変化はないかもしれませんが8つ変えたら1年後には別人になってるでしょう。

 

 

 

スマホはビジネス用にする

 

 

スマホをゲームとか必要以上のSNSに使わないようにするためにはスマホはビジネス用と割り切るのが効果的です。

スマホをビジネス用にすれば自然と仕事や勉強など自分の成長のためにアプリを使えるようになりますよね。

 

自分の成長には直接仕事に関係するものだけでなく健康維持することも必要だったりと色々新しいことも見えてくると思います。

スマホをビジネス用にカスタマイズすると移動時間などのちょっとした隙間時間にもスマホを見るたびに仕事を少しずつ進めることができるようになり時間の有効活用ができるようになるんですね。

 

 

 

記録する

 

 

スマホゲームにハマるのはレベルアップがめちゃくちゃ早いし目に見えるからです。

これは据え置き型のゲームに比べても圧倒的に速いし多いです。

 

結果ドーパミンが出まくってハマっていくんですね。

それに比べて現実の自分のレベルアップは遅いし目に見えないことが多いです。

 

でも確実にレベルアップはしています。

ゲームの場合でもレベルが1上がるまではどれだけ経験値を増やしても強くならないですよね。

 

それと同じで現実もレベルアップするまでは経験値を重ねても変化がありません。

その間モチベーションを維持するために記録を付けてみましょう。

 

ゲームの場合は自動で目に見えるようにしてくれてますが、現実は自分で目に見えるようにしないといけません。

1日にできた仕事量や筋トレで出来た負荷や回数を書き出していくと少しずつですが確実に仕事は早くなっていくし筋トレは負荷を大きくすることができてるんですよ。

 

1か月単位とかで見直してみると「お、俺も成長してるな!」と気づくことができるので成長を続けやすくなりますよ。

スマホアプリで記録していくといつでも見直せるのでオススメです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

スマホは1回5分とかで色々なことができるうえ常にポケットかカバンに入ってるためお手軽です。

お手軽だからこそ使い方を間違えると時間が奪われてしまい、10年後20年後に「あれ、俺この10年何してたんだろ。」ということになりかねないんですね。

 

スマホに使われるのではなくうまくスマホを使って自分を成長させていきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。