ショートスリーパーになる

ショートスリーパーは受験にもめちゃくちゃ役に立つ

 

このブログでは短時間睡眠についていろいろなことを書いています。

ショートスリーパーになれるのかとか実際になる方法とか。

 

実はショートスリーパーって受験にもすごく役立つんですよー。

普通の睡眠時間で生きているのとショートスリーパーでは別次元です。

 

今回はショートスリーパーが受験に役立つ理由について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ショートスリーパーはどんな受験にも役立つ。でも大学受験には超役立つ

 

大学受験がメインのお話ですが、基本的にショートスリーパーはどんな受験に対しても大いに役立ちます。

 

資格試験だろうがTOEICだろうが、そもそも試験じゃなくて英会話だろうと有利です。

 

ただ大学受験に関してはその中でもめちゃくちゃショートスリーパーは役に立つんですよ。

 

その理由についてみていってみましょう。

 

ショートスリーパーは受験に有利になる理由

 

単純に勉強時間をたくさん確保できる

 

ショートスリーパーというのは6時間睡眠以下のこと指すようです。

 

が、ここは思い切って7時間睡眠だった人が3時間睡眠になったとして計算してみましょう。

 

毎日が3時間睡眠になったとすれば4時間勉強時間を多く確保できるようになりますよね。

 

これはめちゃくちゃ大きな差になりまして、もし今が高校2年の11月だとすれば大学受験本番までに1年以上あるので400日×4時間=1600時間ぐらい多く勉強時間確保できるようになるってことなんですね。

 

1600時間は凄まじいですよ。

なんせ毎日8時間勉強したとして200日かかりますからね。

 

最大3年間の高校生の間にショートスリーパー化するだけでこれだけの勉強量を確保できるのは埋めきれない差となるでしょう。

 

 

毎日休憩時間を確保できるようになる

 

受験生だから第一志望に受かるために勉強以外はやらない!

その心意気はいいですね。

 

でも毎日ガツガツ勉強して休憩もなしに走り抜ける人って少ないんですよ。

僕も大学受験のとき思いっきり毎日詰め込んで勉強してたら2ヶ月ぐらいで意気消沈しました。笑

 

その時はショートスリーパーになりたいとかなんも考えてなかったんで、勉強時間を削ってちょっと遊び時間を作ることで勉強を継続できるようにしていったんです。

 

でもショートスリーパーになれば毎日遊ぶ時間を作ることができるんですよ。

 

毎日休憩時間を作れる大きなメリットはストレスコントロールができること。

 

相当勉強好きならそもそも勉強自体趣味みたいな感じになるので気にする必要ありません。

 

でもほとんどの人はやはり勉強はストレスになるので、うまく解消していかないと受験勉強中急にやる気なくなったり、体調不良になったりするんですね。

 

ショートスリーパーなら普段寝ている時間に運動してみたり、ゲームとか漫画に手をつける時間確保できるので精神的にすごく楽になります。

 

 

受験当日の朝は早い。でもショートスリーパーには関係ない

 

受験当日の朝ってめちゃくちゃ早いです。

まあどこの大学を受けるかにもよるんですが、僕の場合家から2時間半ぐらいかかる大学受験したんですね。

 

ということは9時開始ならどれだけギリギリでも6時半には家でないといけないんですよ。

余裕見れば6時には出ないといけませんよね。

 

その時は始発の電車に乗ったわけですが朝は4時半ぐらいに起床してました。

そんな時間に普段起きないのでもう寝不足なわけですよ。

 

寝不足とか一番コンディション下がって能力落ちますから受験当日が寝不足とか最悪です。

 

しかも受験日って数回受けると2日連続だったりするので寝不足of寝不足。

 

ショートスリーパーになって朝早起きが当たり前になっているとこんな寝不足はあり得なくなります。

 

ちなみにショートスリーパーは短眠でもいつも通り活動できる状態であって、寝不足で仕方なく短眠になってる状態とは違います。

 

ショートスリーパー化していれば受験当日だけ早起きするなんて無駄なことしなくてよくなるんですね。

 

 

仮眠で超回復できるようになる

 

ショートスリーパーになると昼寝を活用してちょこちょこHP回復をするようになります。

昼飯の弁当食った後に10分20分寝るとか、授業の序盤寝るとか。

 

その仮眠なんですが、受験当日もめっちゃ使えるんですよ。

 

午後の試験とか眠気に襲われたりすることがあるんですが、昼休みに仮眠しておくと一気に午後一の試験が楽になります。

 

「昼休みちょっとでも試験出そうなとこチャックしときたいやん!」って思うかもしれませんが問題ありません。

 

ショートスリーパーになっていれば受験当日までに圧倒的な勉強量をこなしているのでたった10分で見直せる範囲なんてすでに網羅しています。

 

ちなみに仮眠の効果なんですが、NASAとかが研究していて宇宙飛行士に昼寝をしてもらったんですね。

 

この研究によると昼に26分間の仮眠をとったら

 

認知能力が34%上昇

注意力も54%上昇

 

という結果が出たそうです。

 

いやーやばいですよね。

 

たった26分の仮眠でこれ。

 

さすがに受験当日に26分寝れないと思いますが、10分なら時間あるはず。

 

それでも十分効果あるんで夜にしっかり寝るよりはショートスリーパー+仮眠で大学受験乗り切りましょう。

 

 

睡眠で大切のは量より質

 

睡眠時間を短くしたら眠くて勉強なんてできない。とか記憶力落ちる。とか言われています。

 

が、そもそも睡眠で大切なのは量じゃなく質なんですよね。

 

質を上げずに長時間眠っても結局眠いことからわかると思います。

なので質を上げて睡眠時間を短くすることで眠気と無縁のショトスリーパーになれるわけです。

 

僕自信8時間睡眠だったんですが、現在は3時間睡眠です。

でも眠気がないどころか8時間眠ってた時よりもはるかにすっきりしてますし、行動力も上がってますね。

 

それぐらい睡眠の質というのは大切なんです。

もちろんショートスリーパーを維持するため睡眠の質には徹底的にこだわっていますよ。

 

睡眠の質を向上させるには?効果的な15の方法

 

まとめ:ショートスリーパーは受験勉強がイージーモード。やりたいことやりながら合格しよう!

 

 

ショートスリーパーになれば受験勉強は圧倒的に楽になります。

やりたいことやりながらも志望校しっかり合格する。

 

これほど理想的な学生生活ってないですよね。

短眠だとどちらも手に入れることができるので今からショートスリーパーになってみてはどうでしょうか。