時間管理

時間がない!を解決して人生を充実させるには?毎日の工夫が圧倒的時間を作り出す。

時間がないのを解決する
やりたいことがいっぱいある

けど時間がない

あの人いろんなことやってるけどなんなん?

1日48時間あるん?

こんなことを思いつつも家事や仕事に追われて時間がない人多いと思います。

僕もつい数年前までは時間がなさすぎて仕事終わらせたらもう1日の時間がなくて掃除する時間ないし、ゲームしたり漫画読んだりする余裕もないぐらいに「時間ない!」って思ってました。

でも今は時間がないことに対策をしまくった結果割と時間に余裕がある生活をできてます。

実際友達と飲みにいった時「お前は時間めっちゃあっていいよなー。」って言われます。

最初は「色々工夫しまくったんだよ!そんな気軽にいうなよ。」とか思ってたんですけど、最近は努力を褒められてると感じられるようになったので完全に褒め言葉です。

この記事では時間がない!と感じている人が日々の生活に時間的な余裕を得られるように時間を増やす方法についてまとめています。

読んだ後しっかり実践することで物理的にも精神的にも時間の余裕ができるでしょう。

早寝する

時間がない人はまず早寝しましょう。

「は?早寝したら余計時間なくなるやん!アホちゃう?」とか思うかもしれませんが、たいていの場合早寝することで時間を増やすことができます。

早寝は次の早起きへの布石なんですね。

早寝する理由は簡単でして夜は疲れてて使い物にならないからです。

仕事終わって帰るまでは「よし、帰ったらさっさとお風呂と飯終わらせて勉強するぞ!ゲームするぞ!」とか思ってたのに、

いざ家に着いたら一旦休憩。

夕食後に一旦休憩。

お風呂から出てから一旦休憩。

そのあとちょこっとテレビ観てたら寝る時間がきた。

なんて事ありませんか?

僕はめちゃくちゃありました。

夜にめっちゃやる気と気力が湧いてくる完全夜型人間ならいいんですけど割と多くの人は朝疲れてない状態で何かをやった方がはかどります。

なので夜はさっさと寝てしまいましょう。

早起きする

早寝したら早起きしましょう。

1時間早く寝られたら1時間早く起きられます。

もちろん慣れるまではめっちゃ眠いですが慣れたら普通に起きられます。

早起きしたら夜に比べて全然疲れていないのでやりたいこと全力でできますよね。

時間がないのはダラダラしてしまうからでして体力が回復していればダラダラすることは激減します。

ゲームでも副業でも資格の勉強でも好きなことをやりましょう。

ショートスリーパーになる

僕が飛び道具的な感じで時間がないのを解決するのに使ったのが「ショートスリーパーになる」という方法。

単なる寝不足短眠野郎じゃなくて短時間でもしっかり眠ってスッキリ起きる短眠者になったんですね。

短時間睡眠を本気で始める前は6~7時間睡眠だったんですが、今は3時間睡眠です。

睡眠時間を減らすことで疲れが取れないんじゃないかと思うかもしれませんが、全くそんなことはなく仕事や勉強の記録を見てみると睡眠時間を減らす前後で効率が落ちてることは全くありません。

増えた3~4時間は遊んだりさらに勉強時間を増やしたり、掃除したりと色々なことに使ってるので1日の充実度が圧倒的に高まりました。

このブログでは「ショートスリーパーになるための方法」についても記事を書いてますので興味がある人は参考にしてみてください。

質問も受け付けてますのでわからないことがあったらどうぞ!

残業しない

残業は無駄でしかないですね。

とくに何かやりたいことが他にある場合は。

残業をしない方法については別記事で紹介しますが、サービス残業かつ将来も一生その会社で頑張る!というレベルの意気込みがない場合は残業はやめましょう。

時間と精神と体力の無駄遣いです。

いきなり残業をやめるのは無理かもしれませんので少し先に残業を完全にやめるかもしくは30分でも早く帰られるように工夫していきましょう。

在宅勤務で出勤しない

業務内容によるので全員ができるわけじゃありません。

ですが人によっては「別に会社行く必要なくない?家とか近場のカフェで仕事できるやん」って場合もありますよね。

そんな時は出勤しないという選択肢も考えてみてください。

「いやいや、そんなん無理やで。会社行かんと。」と思うかもしれませんが、とりあえず週1でも在宅勤務ができないかとか会社で交渉してみるといいんじゃないでしょうか。

交渉した結果ムリかもしれませんが、案外許可出してもらえるかもしれません。

出勤の時間が0になったらかなり違ってきますからね。

往復30分の比較的近い職場でも30分眠れるようになるわけで疲労の取れ具合が違ってくるので、仕事もはかどるでしょう。

仕事がはかどればさらに時間に余裕ができますから交渉する前から諦めずに聞いてみるといいいんじゃないでしょうか。

ちなみに今の会社で絶対に仕事したいって場合以外は在宅勤務のための転職もありだと思います。

それぐらい出勤がないのって楽ですからね。

本屋にいかない

これは僕の例ですが本屋に行くのをできる限りやめました。

僕自身いろんなジャンルの本を読むのが好きなので週に3,4回とか本屋に行ってはいろんな本を物色して数冊購入してました。

でも読書スピードは早くないですから圧倒的に積ん読スピードの方が早いんですよ。

読めなければ買っても意味ないですからね。

しかも本屋に行くまでの往復時間とか買わない本を物色する時間がすごく多かったんです。

これも本屋に行かないようにすることで解決しました。

最近は本の購入はKindleかアマゾンがメインでどこかに出かけたついでに本屋に寄る程度にしました。

思った以上に時間が増えましたね。

対面で会わない

会議とか打ち合わせって現代だと直接会う必要ないんですよ。

相当のことがない限りもうネットを使えばOK。

チャットとか電話会議で十分です。

お互い会うために移動費や時間がかかってしまうので無駄が多すぎます。

どうしても対面で話さないといけないって場合以外は電話かチャットじゃダメかと聞いてみましょう。

考えが古い人が相手の場合は通らない可能性も十分にありますが、そういう人は最終的に切っていけばいいですね。

無駄な飲み会に参加しない

会社での飲み会参加したいですか?

好きで参加している場合はいいでしょう。

ですが行きたくもない飲み会に参加してるようなら時間とお金の無駄なので断ってさっさと帰りましょう。

無駄な飲み会に顔だして「時間がない」と言ってられるほど人生長くないですからねー。

飲み会を断る方法はいくつかありまして

  • ただ断る
  • 車orバイクで行く
  • 先に予定をぶっこんどく
  • やることを相手に伝える

あたりを使ってみましょう。

「資格取りたいから勉強するねん。」って言うだけでもかなり断りやすくなりますよ。

会社の近くに引っ越す

独身の場合は会社の近くに引っ越すことで単純に往復の通勤時間を一気に減らすことができます。

通勤の満員電車は思ってる以上に時間を無駄にしちゃってるので少しでも通勤時間が短くなるようにするといいですね。

家賃が多少高くなってしまってもそれ以上の圧倒的な恩恵があるのでオススメですよ。

ちなみにどうしても引っ越しは無理だって場合は自転車通にするのも効果的です。

朝自転車で運動することで脳の回転が良くなり仕事の進みが良くなるんですね。

仕事の進みが良くなる上に満員電車での疲れがなくなるので残業を減らして時間がない状況を改善することができます。

あわせて読みたい
自転車通勤のメリットとデメリット。自転車はデブになりたくない人の必需品!? 最近ちょっと太ってきた。 どうも気分がすぐれない。 電車つらい。 そんなあなたには自転車通勤が効果的で...

プチ断食する

僕自身8年ほどプチ断食をしているので身をもってオススメできるのがプチ断食です。

簡単に言うと1日2食にしようってことなんですが時間がない人にはめちゃくちゃ効果的何ですよ。

朝昼夜どこを抜いてもOKですが、時間がないって場合は昼か夜を抜くのがいいかなと思います。

普段昼休憩は昼食でほぼ終わると思いますが、昼食抜きにすれば1時間使えるようになりますよね。

この時間を使って副業なり資格試験の勉強なりをすることで時間がないのを改善できます。

夕食を抜く場合は無駄な飲み会の参加を断る理由が一つ増えます。

また夕食を食べることで一気に疲れが出てきて眠くなった結果夜は何もできないって人も多いでしょうから夕食を抜くことで行動できる時間を増やせるんですね。

このように単純に時間が増えるのともう一つ睡眠時間を短くすることができる可能性もあるのがプチ断食の強みです。

食べる量を減らすことで胃腸の疲れが起きにくくなり、疲労回復のための睡眠が減るので時間を増やすことができます。

僕自身の経験で言いますと1日2食を始めたことで睡眠時間は2時間ほど減りましたね。

7時間寝たらスッキリしてたのが5時間でもスッキリになりました。

今はそこからさらに2時間削って3時間睡眠ですがこれはショートスリーパーの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
プチ断食で得られる14の効果!ダイエットだけじゃないって知ってた?プチ断食って気になるけど効果あるの? と思ってる人は多いでしょう。 せっかく軽い断食をするのに効果がなければ意味ないですから...

マルチタスクをやめる

マルチタスクは完全にアウトです。

マルチタスクとは2つ以上のことを同時進行することをいうんですがめちゃくちゃ疲れる上に作業効率は劇的に下がるっていう何の意味もない方法なんですよ。

マルチタスクで作業をしていると最悪の場合80%作業効率が落ちるそうです。

80%効率落ちたら一つのことが終わるのに5倍時間がかかりますから仕事全然終わりませんよね。

早く終わらせるつもりで2つとか同時進行することで5倍の時間がかかるなら一つずつオア割らせた方が圧倒的に短時間で仕事片付きます。

またマルチタスクをしているときは常に脳内で「あれも早く終わらせないとなー。」という思考がグルグルしてるので無駄に疲れます。

結果必要以上に疲れてしまい睡眠時間が増えるのと仕事が終わって家に帰ったらもう何もやる気が起きない状態で「時間がない」ってなるんですね。

正直マルチタスクには何のメリットもないので今すぐやめてシングルタスクに切り替えましょう。

「いやいやマルチタスクしないと仕事終わらんで。」と思ってる人は実際にマルチタスクで作業してる時の効率とシングルタスクしてる時の効率を測ってみてください。

紙とかに書き出してみると明らかに差が出るのでマルチタスクだと仕事終わらないとか気のせいというのがわかりますよ。

あわせて読みたい
マルチタスクのデメリットが悲惨すぎる!?やめると勉強や仕事が圧倒的にはかどります。テレビやスマホの普及で以前に比べて情報収集がしやすくなりました。 色々と便利になったんですけど不便になった部分もあるんですね。 ...

完璧主義をやめる

完璧主義ほど不毛なものはないなって思うので完璧主義な性格をしている人は少しずつでもいいのでやめましょう。

というのも完璧主義って言いますけどこの世に完璧なんて存在しないんですよね。

存在しない完璧を追い求めることになるのでめちゃくちゃ時間かけつつも「まだ完璧じゃない。」と思って必要以上に一つのことに時間をかけがちです。

また完璧主義になると常に自分が思う100点を目指すことになります。

実際は60点ぐらいあったらいいと思うんですよ。

60点のものを作るのはそんなに時間がかかりませんが、その先は膨大な時間がかかります。

80点までレベルを上げるのに60点を作るときと同じぐらい時間がかかると思います。

  • 60点
  • 80点
  • 90点
  • 95点
  • 100点→存在しない

この辺りを目安に時間が倍かかるようになっていきます。

例えば60点のものを作るとき1時間かかるとしましょう。

80点にするにはさらに1時間必要になります。

90点にするならさらに1時間。

って感じで時間がめちゃくちゃ必要になるんですね。

100点は存在しないのでいくら時間をかけてもたどり着きませんし。

合格ラインを超えてるならさっさと次の仕事に移りましょう。

完璧主義で100点を追い求めるから時間がなくなっちゃうんですよね。

タバコをやめる

喫煙者は気づいてないかもしれませんがタバコを吸ってる時間って結構ロスしてるんですよ。

タバコを吸う時って喫煙所に行ってタバコ吸いますよね。

移動時間が発生しますしタバコを数時間も考えると1本で5分ぐらいは使うでしょう。

5本×普段1日に吸う本数であなたが無駄にしてる時間が計算できます。

「タバコ数時間が無駄とか言いすぎ!」って思うかもしれませんが、時間がないって言ってるときはタバコを数時間も節約した方がいいんじゃないでしょうか?

少なくとも喫煙してない人は「タバコを吸う時間」は発生してないわけですからね。

禁煙してでも時間が欲しいって場合は禁煙しましょう。

ちなみに禁煙のメリットはめちゃくちゃ大きいのでとくに時間がないって意識がない人でもオススメです。

お酒をやめる

お酒はやめるというか飲む回数を減らすだけでもOKです。

飲酒って割と後まで影響を引きづりますよね。

やりたいことが他にあるのにお酒飲みに行ってたらやりたいことできる時間が減ります。

で、飲んで帰ってすぐにシラフに戻ればいいんですけど酔いが完全に冷めるのには時間がかかります。

その日のうちはまず無理ですね。

さらに飲む量が多くなればなるほど次の日も影響が出て仕事や勉強の効率が落ちちゃうんですよ。

結果やりたいことに手をつける時間がなくなっちゃいます。

外注化する

自分でやらなくていい部分を外注して時間を手に入れましょう。

例えば

  • 移動をタクシーにしてみる
  • 洗濯は洗濯代行サービスを使う
  • 家事代行サービスで家事を手伝ってもらう

この辺りを利用するだけで一気に時間は増えます。

外注なのでもちろんお金はかかりますが、お金をかける以上に時間ができるメリットは大きいのでやりたいことがあるけど時間がないという人は週1とかでも外注を使ってみるといいんじゃないでしょうか。

ちなみに外注よりハードルが低いのは

  • 食洗機
  • 乾燥機付き洗濯機
  • ルンバ

ですね。

自分で家事をする手間を減らすことで時間を確保できるのでオススメです。

やりたくないことをやめる

なんでもかんでも「やらないと!」って思ってると時間がなくなります。

上の家事とかもそうですよね。

本当は自分でやる必要なんかなくて任せられるならサービスやロボットに任せてやりたいことをやればいいんですよ。

やりたくないことをやめる方法は

  • やりたくないことを書き出す
  • やらないことを書き出す
  • やりたいことを書き出す

この3つです。

まずはやりたくないことを書き出してやめちゃいましょう。

次に今やる必要のないことを書き出します。

英語の勉強が中途半端で進んでないようなら今は必要ないってことなのでやらないことに入れときましょう。

必要になれば勉強することになりますからね。

で、最後にやりたいことリストを作ってやりたいことに時間を集中投下すればOKです。

やるべきことが多くなりすぎていて時間がない状況になってる人は多いのでやるべきことを少し減らして時間を確保してやりたいことに使いましょう。

行動全てを倍速にする

日常生活の行動を全て倍速にしてみましょう。

僕も実際にこれ考えまして行動を早くしてみたんですよね。

そうしたら案外空白の時間ができるようになりました。

一つ一つの動作を早くして出てくる差なんて微々たるものなんですけど、1日を通して行動を早くしていると時間が余ってくるんです。

会社でも大量の仕事を抱えていてもしっかりさばいてる人って動き早いですよね。

このように自分の動きをササっと早くするだけでも時間は生まれるので行動を早くする意識を持ってみるといいでしょう。

「動き早くしたら疲れるんじゃない?」って思うかもしれませんが、意外なことにゆったりと動いている方が疲れたりします。

何もやることがない暇な時間って案外疲れますよね。

同じように緩慢な動きは割と疲労につながるのでテキパキ動きましょう。

ただプライベートにまで持ち込んで「お前遅いよ!」って周りの人に言わないように。

まとめ:時間がないのは工夫で突破する!時間を創り出してやりたいことをやろう!

時間がないという状況の多くは工夫で突破することが可能です。

ブラック企業に勤めていて始発から終電まで働いているという場合は時間がないのは当然で時間が欲しいなら転職するしかないですが、この記事を読んでくれている人はそこまでひどくないんじゃないでしょうか。

一つずつ今回紹介した方法を取り入れいていくと時間がないのを改善していくことができるので「時間がない!」を解決してやりたいことできる毎日を創り出しましょう。