ストレス解消方法

リラックスできる8つの方法!簡単だから今日から実践していこう!

 

最近ストレスたまりまくりで全然リラックスできないな。

という人は多くなっています。

 

ストレスが大きくなれば当然リラックスもしっかり行っていかないとバランスがとれなくなってしまうんですよね。

リラックスしないと!と気合い入れるのも本末転倒感があって難しいところですが、日々リラックスする習慣を作っていくのはとても大切なことです。

 

今回はリラックスする方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

今日からできるリラックスする方法

 

ゆっくりお風呂に入る

 

 

シャワーだけで入浴を済ませてしまう人はまずゆっくりと湯船に浸かるという習慣をつけましょう。

シャワーだけで終わらせてしまうと日中仕事や勉強、運動で活発になった交感神経を鎮めることができないんですね。

 

湯船にゆっくりと浸かることでリラックスし副交感神経を働かせることでストレス解消になりますし、副交感神経がしっかりと働いてくれることで夜も寝つきが良くなります。

と言っても湯船に浸かるのはあつーいお湯で短時間だけというのも交感神経を刺激してしまうためリラックスには逆効果。

 

38~40度の人によってはぬるいかなと思う程度の温度で15~20分浸かりましょう。

毎日この時間ぼーっとしてると暇なので僕の場合は30分ぐらい半身浴しながら読書してますね。

 

 

 

大声を出す

 

 

声を出すのは思った以上にリラックスできます。

週末には友達と食事に行って笑ったりカラオケで大声を出すことでリラックスしましょう。

 

予定が合わないような場合はひとりカラオケというのもありでしょう。

ひとりなら恥ずかしいとかも関係なく好きな曲を選べるのもいいですね。笑

 

家で大声を出す方法もあります。

枕に向かって思いっきり声を出すと思った以上に音を吸収してくれるので、家でちょっとイライラしたときに効果的です。

 

 

 

運動する

 

 

毎日適度な運動をすることでリラックス効果を得ることができます。

1日ほとんど同じ姿勢で仕事や勉強をしてるのって不自然なんですね。

 

ものすごくストレスたまります。

運動をすることでセロトニンが分泌されリラックスできるんですが、そのためには軽いウォーキングなどが効果的です。

 

ジョギングでもOKですが続けられる運動を選びましょう。

1日60分程度のウォーキングなら毎日でもオーバーワークにはならないので、これを基準に運動量を決めていくといいと思います。

 

毎日余裕をもって日中過ごしてる人には朝や夜に運動して身体をリラックスさせている人って多いんですよ。

ただし毎日のように高強度の筋トレをしたち1時間を超える長時間のジョギングをするとオーバーワークで逆にストレスの原因になるのでやりすぎには気を付けましょう。

 

 

 

食べる

 

 

リラックスしたいときは思い切って食べまくるという手もあります。

男だとそこまで食べ過ぎについては気にしないかもしれませんが、減量中食べたらいけないという気持ちが強すぎて食べれない人もいると思うんですね。

 

しかしこれでストレスがたまりすぎると減量にとって良くないですし、日中の活動にまで影響が出てくる可能性まであります。

なのでときにはドカ食いするチートデイを取り入れてみましょう。

 

チートデイは本来自分の体脂肪率に合わせてがっつり食べる日を作り身体が省エネモードに入るのを防ぐ方法ですが、ストレスを解消しリラックスするのにも効果的です。

体脂肪率が20%以下じゃないと必要ないと思いますがストレスでドカ食いしてしまうぐらいなら、月1~2週間に1回程度ドカ食いの日を作ってリラックスしていきましょう。

 

食べていい日を決めておけばそれまでの我慢もやりやすくなりますよね。

 

 

 

瞑想する

 

 

どこでもできてリラックス効果の高い方法は瞑想です。

僕は昼と夜寝る前に行っていますが朝に行う人も多いようです。

 

瞑想をすることでセロトニンが分泌されて頭の中がクリアになりリラックスできるんですよ。

呼吸をゆっくりにして瞑想をした後はすごくすっきりしてるのでそのまま仕事や勉強に戻ることもできます。

 

瞑想は慣れてくるとどこでもできるんですよ。

電車の中でもできますし会社とか学校で座ってるときでもできます。

 

最初は家で静かなところで行い慣れてきたら外でもできるようにすればいつでもリラックスできるのオススメの方法ですね。

 

 

 

緑を取り入れる

 

 

昼休憩とかちょっとした時間に緑のある場所へ行ってみましょう。

普段なら公園あたりが一番行きやすいですが休日の時間があるときには森林浴に出かけるのが効果的です。

 

緑は人をリラックスさせてくれるためストレス解消して穏やかな気持ちを保つために効果的なんですね。

公園に行く時間ないという人は家や作業してる場所に小さな観葉植物を置くだけでも効果があるようです。

 

会社とかでイライラしてる人が多い場合は観葉植物を自分の机に置いとくといいかもしれませんね。

 

 

 

ネガティブを遠ざける

 

 

ネガティブな感情はポジティブに比べてかなり影響を受けやすいです。

これは自分の中でのマイナス思考でもネガティブなニュースでも周りの人のネガティブな発言でも同じです。

 

無駄なストレスを受けずにリラックスしていきたい場合はネガティブなことを遠ざけていきましょう。

正直ネガティブなニュースを見ても無意識にストレスになってしまうだけでどうすることもできません。

 

もし周りに人の悪口とか文句ばかり言うネガティブな人がいる場合はあまり近づかないのがベター。

仕事の都合上関係を断つことができない場合でも必要以上に食事とかを一緒にする必要はないでしょう。

 

自分の中のネガディブも抑えておきたいところ。

と言っても超ポジティブな自分を装うというわけではなく、自分からはネガティブ発言をしない程度でも全然気持ちの緊張度合は違ってきます。

 

ネガティブなことを遠ざけるだけでリラックスしやすくなるので習慣になるまでは意識してネガティブから遠くに行くようにしてみてください。

 

 

 

ペットを飼う

 

 

犬や猫を飼うことでオキシトシンが分泌され幸せな気分になります。

これは恋人などのパートナーと一緒にいる時にも分泌されるものですね。

 

ペットを飼えない環境な場合は猫カフェとかに行って思いっきり戯れるといいでしょう。

たまに行くとちょうどいいリラックス方法になるのでオススメですよ。

 

 

 

 

まとめ

 

 

日頃からリラックスするように心がけていくことでストレス過多にならず病気や集中力、やる気の低下の原因を減らすことができます。

リラックスできないことで寝つきが悪くなるとどんどん次の日以降への影響が出てきてしまうので、しっかりと日々リラックスしつつ休日を使って思いっきりリラックスできる状態を作っていきましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。