時間管理

誘惑に負けないための10の方法!スマホダメ絶対!

 

あなたの作業スペースはどのような感じになってるでしょうか?

 

スマホを机の上に置いて床とかの手の届く範囲にゲームとか漫画、雑誌が置いてある。

それとも机の上は作業に必要なものだけでもちろんスマホは鞄の中、周りも片付いている。

 

どちらに当てはまるかであなたが誘惑に負けやすく集中できないかどうかがわかります。

当然周りに誘惑されやすいものが置いてあれば集中力は落ちてしまうんですね。

 

では誘惑を解消するにはどうすればいいでしょうか?

今回は誘惑に負けない方法について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

誘惑に負けない方法!勉強や仕事中の目移りを減らすには

 

作業部屋を作る

 

作業部屋作ることで誘惑への対策になります。

寝室兼作業部屋兼遊び部屋だと完全に集中するのはなかなか難しいですよね。

 

ちょっと横を見れば漫画やゲーム、スマホが置いてあって後ろにはベッドがある、なんて誘惑多すぎて意志力が削られまくりです。

作業部屋を作ることでそれらの誘惑はなくなるのでいっきに集中力を高めることができるでしょう。

 

もちろん作業部屋へは作業に関係あるもの以外は持って入るの禁止です。

スマホもアウト。

 

時間を測りたいとかの場合はストップウォッチを使って休憩は別の部屋ですると、作業部屋に入るだけで集中のスイッチが入るようになりますよ。

1室分多くなって1,2万多くかかりますが集中力が高まることや作業のものを置いとく部屋ができることのメリットは更に大きいです。

 

月1,2万の出費で得られた出費によって将来はるかに大きな利益になることも多いんですよ。

 

 

 

勉強机の周りには勉強用具以外置かない

 

作業部屋が作れない人は多いと思います。

そういうときは少なくとも視界に入る場所には作業道具以外置かないでください。

 

視界に遊びに関係あるものとか今関係ないものがあるだけでいっきに集中力は落ちてしまいます。

遊び道具があれば集中力が下がるのはわかると思うんですが、勉強中に仕事の道具があっても集中力は落ちますし逆も同じです。

 

今やってる作業に関係のあるもの以外は片付けておくといいですね。

目に見えてないと誘惑にはならないんです。

 

ゲームは視界に入った瞬間無意識に入ってきてやりたいなと思いますし、ダイエット中は何か食べ物が視界に入ることでお菓子食べたいと思い始めてしまうんですね。

目に見えないと誘惑に駆られる可能性は劇的に下がるんですよ。

 

 

 

勉強できる環境の場所に行く

 

家では集中できるスペースを作るのが難しいという場合もあると思います。

部屋を整えても家族がいれば騒がしかったりしますよね。

 

図書館や自習室のような集中しやすい場所に行くといいでしょう。

もちろん作業に必要なもの以外は持っていきません。

 

場合によってはスマホも家に置いていくといいぐらいですね。

毎日同じ時間帯に同じ場所で作業を始めることで集中スイッチが作れるので利用してみましょう。

 

 

 

睡眠時間を増やす

 

睡眠不足は判断力を低下させて誘惑に負けやすくなります。

ごはんや眠気、遊びなど誘惑はたくさんありますが、しっかりと寝るだけで誘惑に負けにくくなることもできるんですね。

 

現代は睡眠不足の人が多いですがその結果全然勉強できずに集中力は下がり、効率の悪い勉強しかできなかったり、勉強せずに毎日が過ぎてしまってる人も多いんですよ。

睡眠時間を確保するには隙間時間の使い方見直すと意外と簡単だったりするので、隙間時間を有効活用して睡眠時間を確保してみましょう。

 

 

 

頑張ってる人を想像する

 

誘惑に負けそうなときめちゃくちゃ頑張ってる人を想像して「こんなときあの人ならどうするかな?」と想像してみます。

その人なら誘惑に負けずに勉強とか仕事を続けると思うんですね。

 

そんな人を想像して「自分もあの人みたいになる!」って思いこんでみましょう。

これだけでもかなり誘惑の対策になりますよ。

 

めちゃくちゃ頑張ってて尊敬できる人が周りにいなかったらドラマとかアニメのキャラでもOKです。

僕自身は漫画のキャラを想像して「あいつならこんなときどうする?いやいや、ガリガリやるに決まってるな!」って感じで気合出して作業してます。笑

 

 

 

頑張れる言葉を貼っておく

 

ぱっと顔を上げて最初に見る辺りに自分にとっての名言みたいなものを貼っておくのも効果的です。

疲れててぼーっとするときって椅子に座ってるとちょっとだけ上見ると思うんですよね。

 

そこに頑張れる言葉が貼ってあるとちょっと休憩したら気合を入れなおして作業に入れるでしょう。

 

 

 

服を着替える

 

服を着替えるのって思ってる以上に大切です。

もし家で作業する場合で今日は家から出ないよという場合でもいつも通りしっかりと服は着替えて髪のセットも行いましょう。

 

外出するときのように見た目に気合を入れることで不思議と誘惑に負けにくく集中力は高まってきます。

逆に寝巻とかジャーシの日はだらけてしまって作業が全く進まなくなることもあるので、起きたらまず服は着替えましょう。

 

 

 

スマホを自分の近くに置かない

 

作業部屋や机の周りに漫画とか置かないのと同じようにスマホも置いてはいけません。

少なくとも目に見えないよう鞄の中にしまっておくとかの工夫は必要ですね。

 

漫画とかテレビとかの誘惑を排除してもスマホを置いたままにすると全く意味がなくなると言っても過言ではないぐらい集中力が落ちるので気を付けましょう。

最初はスマホがないというのに不安かもしれませんが、数日で慣れてきていっきに出有力が高まるので見えないようにしてみてください。

 

 

スマホゲームをアンインストールする

 

究極に集中したい場合はもうスマホゲーム消しちゃいましょう。

 

特に休憩中にスマホゲームをやってる人は余計に疲れてしまうので、勉強・仕事への集中力も下がってしまいます。

 

僕も実際スマホゲームをやめたことでものすごいメリットを得ました。

 

スマホゲームをやめたいと思ってるあなたへ。実際やめてみて僕に起きた16の変化」で僕が実際にスマホゲームを全部消した結果起きた変化について書いているので興味があれば読んでみてください。

 

実際やめてみた感覚としては「何か目標がある間だけでもスマホゲーム封印したら?」という感じですね。

 

休憩がらてスマホゲームやるならその5分で運動とか仮眠とったらもっと勉強も仕事もはかどるでしょうし。

 

受験勉強なら長くても最長3年(高1〜3)ぐらいですよね。

 

バックアップだけとってこの間はスマホゲーム封印してみましょう。

マジで合格率変わってきますよ。

 

もし起業とか仕事上の目標がある人もスマホゲームを一旦封印することで脳が起業に使える量明らかに増えるので試してみてください。

 

実際やってみると「あ、あいつが言ってたのこういうことか。」ってなると思います。笑

 

 

 

if-thenプランニングを取り入れる

 

if-thenプランニングとは「もし◯◯になったら〜する」ということです。

 

例えば勉強に疲れてきた場合休憩!ってなったらゲームしたりネットサーフィンとかSNS観たりって人が多いと思うんです。

 

目からの情報が大量に入ってくるこれらの休憩は休憩になっていないのでやめたいところ。

 

こんな時「勉強に疲れてきたら5分間の瞑想をする」とあらかじめ決めておくと休憩中のネットサーフィンとかをやめられる可能性が劇的に高まるんですね。

 

余計に疲れるのを防ぐだけでなく予想外にネットサーフィンで時間を使ってしまったということも劇的に減るので誘惑に勝つためにはかなり効果的な方法だと言えるでしょう。

 

ちなみにif-thenプランニングを取り入れることで習慣化に2倍以上成功しやすくなるという研究もあるので、勉強とか運動とか自分で習慣化したいことにはif-thenプランニングを使ってみてください。

 

 

まとめ:いちいち誘惑に負けてたら人生進まない!うまくかわして進めていこう

 

誘惑に負けないようにする一番簡単な方法は誘惑をなくすことです。

 

この世にゲームがなければゲームしたいって思わないですし、スマホが超絶高級で手に入りにくいものならスマホゲームするだけのために買わないですよね。

 

と言っても今は簡単に誘惑の大きいものを手に入れられる時代なのでうまく隠して一時的にも誘惑を断ち切っていきましょう。

これができるかできないかで将来は大きく変わってくると思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。