時間管理

ゲームは時間の無駄!と言われる理由を9つ考えてみた。

 

 

ゲームは時間の無駄!

昔から割と言われていることですね。

 

ですが本当にゲームは時間の無駄なんでしょうか?

今回はゲームは時間の無駄なのか?について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ゲームは時間の無駄?

 

隙間時間がなくなる

 

 

スマホゲームが出てきたことによってちょっとした隙間時間が全くなくなりました。

隙間時間=ゲームと言う人も結構多くなってるんじゃないでしょうか?

 

わざわざDSとかPSPを電車でやるのは恥ずかしいと思っていた人もスマホアプリでのゲームならガンガンやってますよね。

電車で立ったままゲームしてて揺れたときぶつかってくるのでイラっとするときもあります。

 

「ふらつくぐらいならつり革もっとけ!」って感じです。

隙間時間だからゲームぐらいしてもいいでしょって思う人もいるかもしれませんが、勉強や仕事で成功している人にはこの隙間時間を有効利用している場合が多いのも事実です。

 

1~5分程度の時間も読書や勉強に充てることでみんなが遊んでる時間を成長に使ってるということなんですね。

隙間時間をゲームだけで終わらせると1日3時間程度はあると言われている隙間時間分有効活用している人よりハンデを背負った形で競争することになってしまいます。

 

 

 

ストーリー性に乏しい

 

 

スマホゲームをしていて思うのですが今までの家庭用ゲームとかに比べるとストーリー性が乏しくないですか?

一応ストーリーあるけどなんか物足りないといった感じ。

 

PS3,4とかで発売されているRPGなんかは本当に感動する作品もあります。

もちろん全てが感動できるわけではないですが中には涙が出てくるレベルのものもありますね。

 

スマホゲームをしてる中では今まで泣きそうになったことはありません。

 

 

 

同じことの繰り返し

 

 

スマホゲームはアップデートごとに少しずつ内容が更新されていきます。

でも更新速度って早くないですよね。

 

キャラとか装備を最強レベルに育てることは時間とお金がないと間に合いませんがメインストーリーみたいなものはちょっとゲームしてたら終わってしまいます。

 

その後はキャラと装備を育成するただの作業です。

やってることはひたすらハンコ押してるのと変わらない作業ですね。汗

 

多くの人は無心に、時には面倒だなと思いながらもスタミナを消費してるでしょう。

 

 

 

前頭葉が衰える

 

 

ゲームをしてるときって脳が全開で動いてるように思えますが実はほとんど働いてないそうです。

なので活動していない脳は衰えていくということでゲームばかりしていると前頭葉が衰えます。

 

前頭葉はコミュニケーション能力や感情、やる気や集中力を司っているので衰えると人と会話するのが面倒になってきたり仕事や勉強もやりたくないという状態になっていってしまいます。

 

 

 

適度に楽しむのが難しい

 

 

ゲームって適度に楽しむの難しくないですか?

隙間時間でできるよと言いつつもまとまった時間にもやってること結構あると思うんですね。

 

それにゲームによってはイベントで時間が縛られることもあるため2,3時間集中してやらないといけない日とかがあって思った以上にゲームに費やす時間が多くなってしまうこともあります。

またスマホゲームってたいてい「スタミナ」みたいなシステムがありますが、満タンになるのって特に無課金だと嫌ですよね。

 

結果スタミナ満タンにならないように調整するためにがっつりやりこんだりするわけです。

 

 

 

誘惑としては最強レベル

 

 

ゲーム好きならわかると思うんですが勉強や仕事などの他のやるべきことがあっても時に圧倒的な誘惑で時間をもっていかれますよね。

本当にびっくりするぐらい強い誘惑がきます。

 

勉強しないといけないのはわかってる!でもゲームはやらなければならない。みたいな使命感になることもあります。汗

この誘惑を試験期間中だけ断ち切るのさえめちゃくちゃ難しいんですよね。

 

休日は時間あるからちょっとぐらいゲームしてもいいだろと思ったらいつの間にか夕方だったりするわけです。

 

 

 

健康を損なう

 

 

これは完全に人によって異なる部分ですがゲームは睡眠不足の原因になることもあります。

寝る前にゲームをしていると興奮したりブルーライトの影響で睡眠の質が下がることや、日中スマホゲームに少しずつ時間をとられることで残業が増えたり勉強がなかなか終わらなくて結果寝不足にあるというパターンですね。

 

この悪循環を断ち切るには睡眠時間を死守するようにしましょう。

夜は10時過ぎたらゲームしないと決めておくとか日中もやるべきことが終わってからしかゲームはしないようにする感じですね。

 

いつの間にか寝不足で健康を損なっていたとならないように気を付けましょう。

 

 

 

人間関係のバランスが崩れる

 

 

これは一人でいるのが好きな人がゲームにはまると陥りやすいです。

ゲームの優先度が高くなっていくと一人でゲームしてる方がどんどん進めることができるので、あまり家からでなくなったり友達からの飲みとか食事を断るようになったりするんですよね。汗

 

もちろん人間関係とゲームをうまく両立してる人もたくさんいますが、ゲームにはまりすぎて人間関係崩れてきたという人もいます。

自分が人間関係崩しそうだなーと思う人はゲーム自体をやらないかしっかりとそのことを意識したうえでゲームするといいでしょう。

 

 

 

リアルとゲームの境目があいまいになる

 

 

格闘ゲームとかFPSみたいなゲームをやることで短気になるということではありません。

僕の経験的には金銭面ですね。

 

お菓子とかジュース買うときに「あーこの300円を30回我慢したら1万課金できるな。」とか「今日服買うのやめて課金するか。」とか「今月のバイト代いくら課金しようかな」とか。

とにかく課金をメインに考えてしまうようになります。

 

無課金主義の人は関係ないことですが課金するとリアルに使うお金よりもゲームに費やしたくなることがあるので気を付けたいところですね。

割と頻繁に「リアルでも的倒したら金落ちるシステム欲しいな」と思うようにもなります。

 

 

 

ゲームはデメリットばかりではない

 

 

今回はゲームは時間の無駄?ということでデメリットばかりを上げてみましたが、メリットもあります。

このデメリット部分とメリットの部分を天秤にかけてどれくらいゲームをするのか?それともきっぱりゲームはやらないようにするかを決めていくといいと思うんですね。

 

 

 

やるべきことやってれば問題ない

 

 

個人的に思ってるのはやるべきことさえやっていればゲームしても問題ないということです。

漫画家で現在フェアリーテイル連載中の真島ヒロさんは一時期連載しつつ週2本ずつゲームクリアしていってた時期があったそうです。

 

他にも会社の社長だけどガンガンゲームしてる人だっていますし。

むしろマックスむらいさんみたいにゲームを仕事の一部としている人も最近は多くなってきています。

 

この場合はやるべきこと=ゲームですね。

全部じゃないですが。

 

 

 

まとめ

 

 

ゲームは時間の無駄という意見も未だにめちゃくちゃ多いです。

ちなみにこんな記事を書いていますが僕自身は「やりかた次第ではゲームは時間の無駄ではない」と思っています。

 

うまく利用することで日常を良くしていくこともできると思うんですね

今度ゲームのメリットについても書いてみたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。