読書記録

ライフハック大全から学ぶ人生をよりよく生きる方法

 

人生変えたいなー。

なんかもうちょっといい感じに生きたい。

 

そんなことを思ったことがある人は多いはず。

というか一度も思ったことない人っていてるのか?ってぐらいです。

 

ライフハックとは

いかに作業を簡便かつ効率良く行うかを主眼としたテクニック群である

とWikipediaには書かれています。

 

様々なライフハックを知った上で自分にあったものを選んで使いこなすことで少しずつ人生は変わってくでしょう。

今回は「ライフハック大全〜人生と仕事を変える小さな習慣250〜」の中からおっ!と思ったものについてです。

 

スポンサードリンク

 

人生を変えるなら時間の使い方を極端にする

平均的な時間の使い方からは平均的なことしか生まれない

 

人生変えたい!と思ってるけど毎日隙間時間はスマホゲームをして、家に帰ったらテレビや漫画を読んでからちょっとだけ作業してるとかないでしょうか。

 

使える時間をまとめてみると3、4時間あるのに色々なことに1時間ずつ割り振ってるみたいな。

これだとやりたいこともなかなか進みませんよね。

 

人生を変えたいと本気で思ってるなら一時だけでも一つのことに時間をフルで割り振りましょう。

でも質が高くないと意味ないんじゃないか?と思うかもしれません。

 

間違いではないですが、考えながら量をこなしていくと質も自然に上がっていくので質を意識しすぎてノロノロしてるより断然クオリティを高めることができるんですね。

”考えながら量をこなす”これが大切です。

 

 

 

24時間テンプレートを作る

 

24時間をどのように過ごすと調子の良い1日を過ごせるのかというテンプレ。

固定時間(食事や起床就寝時間)とフローティング時間(趣味とか)を意識して作るのがポイントになってきます。

 

習慣化してしまいたい行動は固定時間に入れるのがコツ。

カツカツにするとすぐ予定が崩れてしまい逆効果なので、リラックスタイムを確保し余裕を持たせるようにしましょう。

 

24時間の過ごし方を決めるのは毎日が時間割で縛られてるようで嫌だと思うかもしれませんが、案外平気なものでむしろある程度やることや始まりと終わりの時間が決まっていることで楽に過ごすことができますよ。

 

 

 

パレートの法則を意識する

 

この仕事は成果につながる20%の重要な部分かどうか、を常に自問自答してみましょう。

 

これはパレートの法則を応用した考え方で20%の重要な部分が仕事の80%の成果を出してくれるということです。

 

どんな状況でもパレートの法則を意識して行動していくと不必要だけど無駄に時間の取られる作業をバッサリ切っていくことができますよ。

 

 

先送り癖を改善する

 

先送りは不確定な未来に対する恐怖やストレスに対抗する手段として自分たちで生み出す心の防御姿勢

 

先送りは心の防御姿勢とあります。

しかし防御するためにひたすら先送りしていると心身ともにめちゃくちゃ疲れてくるんですよ。

 

結果さっさと作業を進めてしまった方が良かったということがほとんどです。

先送りは自分や周りに多大なストレスを与える行為なので早い段階で克服してみてください。

 

早ければ早いほど人生変わりますよ。

 

 

音声認識で草稿をかく

 

最近は音声認識も質が上がってきていてしっかりと音声を拾ってくれるようになりました。

 

こうなると文章をタイピングするよりも音声認識を使って話した方が圧倒的に早く文章が書けるんですよ。

 

もちろん一字一句綺麗には拾えないので最後に書き直す必要はありますが、それでも全てタイピングするよりも断然早いです。

 

まあ話すのと打つのどっちの方が早いかって考えたら当たり前なんですけどね。

 

なので家とか一人の時とか音声認識に向かって話しかけてるのが恥ずかしくない状況ではどんどん音声認識を使っていきましょう。

 

 

todoリストを作る

 

やるべきこととできればいいことを分けて書くのがコツです。

全部まとめて書いていると”できればいいこと”まで優先順位が高く見えてくるんですよね。

 

できればいいことって今はそこまで重要じゃないものだったりするのでしっかり分けてください。

 

個人的に一番いいタイミングは夜寝る前だと思います。

 

実際寝る前に明日のtodoリストを書き出すことで睡眠の質が高まると言われていますし。

 

 

todoリストを作ることで得られる6つの効果と作るときに気を付けておきたい4つのこと

 

やらないことリストを作る

 

実はやることリストよりも大切だったりするのがやらないことリスト。

やらないことを決めてしまうことで時間と思考力や判断力を節約することができるため、時間と体力を温存することができるんですよ。

 

やらないことリストに書かれていることは今必要のないことなのでその項目に時間と体力を使うのは無駄なんですね。

やることリストを作るよりも先にやらないことを決めてしまって時間を確保しましょう。

 

 

やらないことリストを作ることで効率最大化を目指す!得られる効果は?

 

やめない習慣を作る

 

新しく始めた習慣をやめないというのはめちゃくちゃ大切です。

ほとんどの人はやることを決めた当初は毎日何時間も本を読んだり作業をしたりするんですが、1週間程度でやめてしまうんですよね。

 

そうじゃなくて1日30分でもいいからずっと続ける。

そうすることで新しい知識や習慣が得られるのでどんどん自分のレベルアップができるようになるんです。

 

1日30分ではほとんど作業が進まないものかもしれません。

でも最初は10分とかでもいいんですよ。

 

作業をする習慣ができたら少しずつ時間を延ばしてとにかくやめないということが一番大切です。

 

 

なんでも習慣化するために使える14のコツを紹介!ハードルはどんどん下げよう!

 

チェックリストで失敗を予防する

 

朝必要なものはしっかりとカバンに詰めたかのチェックリストやメールを送るときには必要なことをしっかりと入力しているかのチェックリストを作りましょう。

 

「もう何回もやってるから必要ないよ。」って思うかもしれませんが、稀に「うわ、あれ持ってくるの忘れた!」とか「添付ファイル忘れてた!」とかないですか?

 

こういった小さなミスを予防して余計な時間と労力を使わないようにするのも工夫の一つです。

 

最初は面倒に感じるかもしれませんがEvernoteとかに1回作っておけばいつでもチェックできるので効果的です。

 

 

自動化できるものは全て自動化していく

 

今あなたの周りでちょっと考えれば自動化できるものってありませんか?

例えば掃除をある程度ロボットに任せるとか食洗機を使うとか乾燥機付きの洗濯機で洗濯乾燥を一気に終わらせるとか。

 

この辺りはパッと誰でも思いつきそうなものですが、職場でも色々あると思うんですね。

ちょこっと勉強して自動化するだけで時間が空くのはもちろん「掃除しないと!」とか「洗濯するの面倒」とか考えるのも省くことができエネルギーを節約できます。

 

残ったエネルギーは他のもっと有意義なことに回すといいですね。

 

 

情報ダイエットをする

 

現代は情報量が半端なく多くなっています。

意識していないと一人の人間が処理できる量なんて一瞬で超えてしまうんですよね。

 

何でもかんでも情報を取り入れようとしても無理なのであまり必要じゃない情報は無視するようにしましょう。

一番最初に切ってもいいのはテレビニュースとかLINEニュースみたいなものじゃないでしょうか。

 

ニュースってネガティブなものも多くて無駄に疲れやすくなってしまいます。

本当に必要で大きなニュースだとどこかしらから情報が入ってくるので問題ありません。

 

他にもネットサーフィンで不必要な情報は入れすぎないようにするとか気をつけていきましょう。

僕も最近情報取り入れ過ぎだから情報ダイエットしないと。汗

 

 

全ての紙はデジタル化する

 

家電の説明書、名刺、レシート、雑誌など自分に必要で保存しておかないといけないものはできる限りデジタル化してしまいましょう。

 

説明書とか名刺とかって紙で残しとく意味ないんですよ。

 

どこに片付けたか忘れて探すのにめちゃくちゃ時間かかったりそもそも無くしてたりしますからね。

 

これをスキャンしてデジタル化しておけば検索機能でそっこう見つけることも可能なので時短効果がありますし、なんといっても現実のスペースを一切取らなくなるというのが大きなメリットです。

 

もちろんデジタル化した情報も定期的に見直して必要なくなったものは削除しましょう。

 

 

読んで必要ないと思った本は途中でも辞める

 

この本何書いてるか意味わからん

めちゃくちゃ面白くねーな

 

こんなことを思いながら1冊の本を苦労して読み進めたことがあると思います。

しかしそんな本は読むのをやめてしまいましょう。

 

本を読むのがつまらない理由は2つあります。

 

  • 全く興味がない分野
  • 自分のレベルが足りていない

 

このどちらかです。

 

全く興味がない分野の場合読み進めているうちに面白くなる可能性もありますが、レベル不足の場合は読み終わっても結局何が言いたかったのか全くわからないので一旦読むのをやめたほうがいいですね。

 

その後色々経験を積んだ後もう一度読むと内容が理解できるようになったりもしますからそれまでは放置していいでしょう。

無理に読んでも時間がなくなるだけです。

 

 

 

本は常に何冊か用意しておく

 

急に時間ができた時に持ち歩けるものとか一冊だけだと気分が乗らなくて読めない時もあります。

なので本は最低2冊持っているといいんじゃないかと思います。

 

持ち歩きやすさやパッと読みやすいのはやはり電子書籍なのでKindleアプリで1、2冊は持ってるといいんじゃないでしょうか。

僕自身紙の本が好きなので常にカバンに1冊とアプリを併用しています。

 

おかげで暇な時はいつでも読書する習慣がつきました。

 

 

知的限界を突破する

 

「ディープワーク」の時間を作り今の自分の実力より少しだけレベルの高いことにチャレンジしていきましょう。

知識を全て使ってようやくこなせるような難しい課題です。

 

もちろんストレスは大きいですがその代わり得られる報酬も大きいのが特徴ですね。

これをやらないと人の進化は止まると言っていいでしょう。

 

世界を見渡しているといつまでもどんどんレベルアップしていってる人がいますが、ディープワークを定期的に行ってるんですね。

今の自分の能力の限界を超えるにはディープワークするしかないです。

 

ライフハック大全では週3〜8時間程度のディープワークを行うことでレベルアップしていこうと書かれていましたが、例え週1時間でもディープワークを取り入れることで自分がすでにできる範囲の作業しかしない自分よりも圧倒的な成長を得ることができるでしょう。

 

 

テーマを決めて歩きながら考える

 

普段歩いている時は何をしていますか?

歩きスマホをしていたり音楽を聴いているだけという人が多いと思います。

 

でもただ歩いてるだけってもったいないですよね。

移動時間が長ければ長いほど有効利用するべきです。

 

そんな人に使えるのが「テーマを決めて歩きながら考える」という方法。

テーマは本当になんでもいいです。

 

今まで考える習慣がなかった場合は「今日の晩飯何にしよう」でもいいでしょう。

これを考えて信号とかで止まった時にさっとメモすると晩御飯をわざわざ考える時間がなくなりますよね。

 

もしくは仕事のこととか休日に何をするかとか。

歩いている時は座ってるときに比べると脳が活性化されていますから新しいアイデアが湧きやすいんですよ。

 

移動時間は思考タイムと考えていろんなことを考える時間に使ってみてください。

どんどん新しいアイデアが湧いてきて楽しくなってきますよ。

 

 

 

アウトプットするには20倍インプットする

 

簡単にいうと5千文字書くなら10万文字インプットするということ。

10万文字って多すぎやしないか!?って思うかもしれませんが、本を一冊読んで感想を書いたらそんな感じじゃないでしょうか。

 

本が何文字書かれてるのかその本によって全然違うけど。

質の良いアウトプットをするには大量の情報が必要になります。

 

たくさんある情報の中をまとめたり必要な部分だけ引き出したりしていくことで情報が洗練されていくんです。

なのでアウトプットの質を高く維持するためには常にインプットを意識していきましょう。

 

ちなみにインプットはなんでもOK。

本だけでなくテレビやゲームだって意識すれば学びがありますし、直接新しい何かを体験しにいくのもインプットです。

 

 

 

怒り・不安は書き出してストレスコントロール

 

怒りとか不安ってうまくコントロールしないとストレスが溜まりすぎて大変なことになってしまいますよね。汗

 

周りに怒りを巻き散らかせばケンカになったり孤立する原因になりますし職を失う可能性もあります。

 

不安も溜め込みすぎたら鬱になったり最後には命を絶ってしまう人までいますよね。

こうならないために日々ストレスコントロールとして「怒りと不安は書き出す」ということをやってみてください。

 

紙に今日感じた怒りと不安に関して些細なことも全部書き出します。

こうするだけで結構状態は改善されるんですね。

 

日々大きなストレスがかかってるなと感じている場合は寝る前に少しだけ時間をとって全部書き出してから布団に入ってみてください。

 

 

 

無印のEVAケースで小物を縦に収納

 

これは考えてなかったのでメモ。

小物ってそのまま収納していると横方向に広がっていくのですぐスペースがなくなっていくんですよね。

 

でも上に向かって収納すれば一気に使える場所が多くなるんですよ。

ここで使いやすいのがEVAケース。

 

これだとスマホのバッテリーやケーブル、レシートなど平面に置いてたものも縦に置けるようになります。

僕はレシートをノートに挟んでたんですがケースに入れた方が片付いて見えそうですね。

 

 

 

3種類の意志力を意識する

 

意志力には3つの種類があるようです。

 

  • 私は〜しない
  • 私は〜する
  • 私は〜のようになりたい

 

この3つの形の意志力があると本書では言われていますが、上から順番に意志力が弱く3つ目は使いこなせれば最強です。

 

「〜しない」は禁止のワードですね。

 

禁止ワードってあまりポジティブじゃない上に意識しにくいので意志力を高める効果としてはあまり強くないんですよ。

 

次の「〜する」は「〜しない」に比べてポジティブなワードになっています。

積極的に行動しようと意識があるのでそれなりに意志力が高まって色々な行動をしやすくなるでしょう。

 

3つ目が「〜のようになりたい」は目標が定まっている状態。

目標がバシッと決まっているので他の2つに比べると圧倒的に意志力を高めることができます。

 

なりたい!と心の底から感じられるようになると意志力とか継続する方法とか考えなくても自然と行動しまくるようになるでしょう。

 

 

ライフスタイルのインフレに気をつける

 

使えるお金が増えるとついつい買うものが増えたり高価になったりしますよね。

でもこれをやってしまうといつまでたってもお金がなくて不幸せな感覚になっちゃうんですよ。

 

もちろんお金が増えたら少しは使う量も増えますが気持ちに余裕を持てるぐらいは残して置ける状態を作るのが大切なんですね。

 

カツカツに節約していく必要はありませんが、自分にとって本当に必要なものでない限りあまり高価なものに手を出すのはやめておきましょう。

 

逆に必要なものだけはガンガンお金をかけていくというのも人生を豊かに楽しくしていくためにはありですね。

 

 

 

30日間チャレンジをしてみる

 

最近変化なくてつまらないなーと感じているあなたには「30日間チャレンジ」をオススメします。

30日間チャレンジとは名の通り30日間新しいことに挑戦するということ。

 

内容は今までやってみたいと感じていたものの色々理由をつけてやっていなかったことでいいでしょう。

 

30日間日記をつけるとか夕飯自炊するとかジョギングするとか。

 

この30日間は習慣化できそうなことにチャレンジしてみると、30日続いたものはほぼ習慣化されているので少しずつ確実に人生に変化をもたらすことができますよ。

 

人生の停滞を脱するためにはかなり効果的な取り組みだと思います。

 

 

瞑想する

 

最近は科学的な見方も増えてきてしっかりと効果がわかっている瞑想。

と言ってもまだまだスピリチュアルなイメージを持ってる人も多いでしょうが、海外ではすでに流行していたりします。

 

瞑想をすることで落ち着きのない現代社会の中に落ち着きを取り戻させるんですね。

またストレスが減るのでイライラすることも減り気持ちに余裕を持つことができます。

 

他にも集中力が増すことで勉強や仕事がはかどったりといいことたくさんなのが瞑想なんですね。

瞑想は朝か夜に行うと効果的です。

 

 

瞑想の9つの効果!1日の生産性を上げたい人は必見!

 

「変」であることをどこかにもつ

 

普通の人として目立つのは至難の業だが、あるニッチな分野で世界の変な人になるのならそれほど難しいことではない

 

本書ではこう書かれています。

多くの人は”普通”が嫌だと思うんですよ。

 

いや、普通でいいよって言ってる人の中にも本当はできるなら普通じゃない人になりたいと思う気持ちがあったりするんです。

それを「自分は天才じゃないから普通でいい」と諦めてるだけなんですね。

 

しかし普通じゃない「変」ってそこまで難しいことではありません。

確かに有名なスポーツの分野で世界一を取るのはめちゃくちゃ難しいです。

 

ですがもっと範囲を小さく小さくしていけば可能だと思いませんか?

 

例えば趣味がめちゃくちゃ好きなことならそれについて徹底的に調べてブログとか書いてみたりすればどんどん「変人化」は進んでいきます。

 

それをお金を稼げるレベルまで昇華しちゃった人が「好きなことで生きていく」人たちなんですね。

 

現代は変人になるのが昔よりはるかに簡単な世の中です。

なので普通が嫌だ!という人は行動してみましょう。

 

変人案外楽しいものだったりしますよ。笑

 

 

 

まとめ:良い習慣を積み上げていくと人生は激変する!

 

ライフハックは今日から始めることのできるものがたくさんあります。

今回紹介した中で「これならできそうだ」と思うものがあったなら試しに始めてみてください。

 

一つ一つを習慣化して積み上げていくといつの間にか以前とは全く違う生活になっていきますよ。

 

今回は250のうち23を僕の意見とともに紹介しましたがもっと詳しく読みたい!という人は是非読んでみてください。

人それぞれ今欲しいライフハックって違いますからねー。