自分磨き

集中力を高めるには環境が大切。意志力なんかよりはるかに重要な自分周りの話。

 

やる気出ないから集中できない。

俺集中力なさすぎてダメダメだわ。

 

そんなことを思って勉強や仕事を頑張れない人は多いでしょう。

 

集中力ないから鍛えようと思ったり、やる気とかモチベーション高めようと頑張った時期もあるかもしれません。

 

このブログでも前に「意志力を高めたら集中できるしサクサク作業できるようになるぞ!」という記事も書きました。

 

でもダメだった。

そんなあなたの場合はやる気とかモチベーションが問題なのではなくて「環境」に問題がある可能性高いんですね。

 

「集中できる環境」を作ることができれば今よりはるかに集中力を発揮して勉強や仕事ができるようになりますよ。

 

今回は集中力を高める環境作りについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

集中力は環境が鍵を握っている

 

集中力を高めたい!

集中力はやる気とかモチベーションを上げることで上がってくるし長くもなる。

 

そう思ってるかもしれません。

 

実際やる気マックスだったりモチベーションが常に高い状態を維持できるようになると集中力も高まるでしょう。

 

しかしやる気って上下するのが当たり前のものですし、世界のできる人たちは「やる気に左右されてる間はまだまだ甘い」みたいなこと言ってる人が多いです。

 

では高い集中力をつけるためにはどうすればいいか?というと”環境を整える”んですねー。

 

集中できる環境を作るとそこに行くだけで自然と集中力を高めることができるようになるんです。

 

集中力が高まり1日の生産性が10%高まると1年後には全然違う自分になってると思いませんか。

 

環境は今日から変えていくことできるので早くに集中力に違いを出すことができるんですよ。

 

 

集中力を高める環境の作り方

 

視界にスマホを置かない

 

スマホだけじゃなく連絡手段となってるものは机の上に置かないようにしましょう。

通知がくると集中が途切れるなんてことはみんなわかってると思いますが、スマホの影響ってそれだけじゃなかったんですよ。

 

なんとスマホを机の上の視界に入る場所に置いているだけで集中力は50%落ちると言われてるんです。

 

しかもこの研究がされた時のスマホは通知オフどころか電源がオフにされている状態でした。

スマホ=連絡がくる道具って思ってるだけで意識がスマホに向かってしまって集中力を下げてしまうんですね。

 

集中力を高める環境作りのために一番始めにできることはスマホを机の上から排除することです。

 

タイマーが欲しいならタイマーを買い、メモしたいならメモ帳を使いましょう。

 

両方とも100円で買えるものなので集中力を50%高めるには安い買い物ですよね。

 

 

壁に向かって机を置く

 

家に勉強用の机を置く場合は壁に向かうように置きましょう。

 

そうすると視界に入ってくる雑音がめっちゃ減るので集中力上がります。

 

前に色々と置いてある状態だと無意識にいろんな情報を拾ってしまうので、勝手に集中力下がるし疲れるんですよ。

 

でも壁際にすれば情報が机の上のものと壁だけに限定されますよね。

 

もちろん上と同じように机の上からスマホを排除すればさらに集中力は高まります。

 

 

部屋は片付ける

 

散らかった部屋にいると意志力が消耗されてしまい集中力とやる気はなくなっていきます。

 

「俺は散らかってるほうが集中できるんだ!」という人は稀でほとんどの人は片付いている方が集中できるんですね。

 

散らかってる方が集中できると言ってるのは片付いてる環境に慣れていないだけで、慣れれば片付いている方が集中力が高くなるでしょう。

 

片付いている方が集中できる理由は2つです。

 

一つ目は「片付けないと。」という意識をしなくてよくなること。

選択肢が増えると人はどんどん疲れるし注意を分散するので集中力は落ちていきます。

 

しかし常に片付けておけば片付けるという選択肢がなくなるのでその分勉強や仕事に集中できるようになるんですね。

 

もう一つは人間の危機管理に関する問題です。

 

人は無意識のうちに多くの危険を避けようとしています。

床に上着を脱ぎ散らかしてるとしましょう。

 

その上着を避ける理由がたくさん無意識に思いつきます。

 

  • 踏みたくない
  • 滑ってコケるかも(怪我するかも)
  • 上着の下に何か危ないもの落ちてるかも
  • Gいてるかも

 

こんな感じで人は危機を避けようとして意志力が消耗されて集中力がなくなるんですね。

散らかってる部屋は集中力を高める環境としてはなかなか悪いので片付けしましょう。

 

 

壁を後ろにもある環境を作る

 

つまり前後を壁のある環境にすればいいということですね。

 

座ってる後ろに広くスペースがあるとそっち側が気になって集中力が下がってしまうそうです。

そう考えると自習室で仕切りがあって後ろがすぐ壁になってるようなポジションを取れれば集中力は爆上げできるというわけですね。

 

家でこの環境を作る場合は壁を背にして机を置き、机に前を遮るような感じで仕切りを作ればいいと思います。

 

今ある机に仕切りを作るならこれがいいですね。

1600円とそんなに高くないので試してみてダメだったらやめるというのもありでしょう。

 

 

こちらは机自体を替えるパターン。

 

めっちゃ自習室っぽい雰囲気出てるのでそれだけで集中しやすい環境を作り出せるでしょう!

 

部屋の端っこに作れば「俺今自習室きてるよ!勉強してるねん!」感出せます。

僕みたいな雰囲気とノリで集中力上がる人にはオススメの一品。

 

 

部屋を暗くする

 

早朝や深夜に勉強する場合は部屋の電気を消してスタンドライトのみで勉強するのも効果的です。

 

視覚情報が増えることで集中力が下がってしまうと言いました。

部屋を暗くすることで部屋の中の情報を減らすことができるんですよ。

 

結果今必要ない情報を減らすことができるので集中力を高める環境になるということです。

これも比較的使いやすい方法だと思うので試してみてください。

 

「目悪くなるんじゃないの?」って思われるかしれませんが大丈夫です。

 

光がチカチカしたり頻繁に明るさの違う場所をみたら目のピント調節機能を使いまくらないといけないため疲れ視力低下する可能性があります。

が、仕事とか勉強してる時ってライトつけてたらほとんど同じ場所見てますよね。

 

なので部屋を暗くすることで目が悪くなるわけではありません。

 

 

スマホの通知はオフにする

 

他人からの割り込みは集中力を途切れさせます。

会社にいると急に話しかけられるというのは避けるのが難しいですが、電話を出るタイミングとかTwitterやLINEのメッセージを一時的にスルーするのはそこまで難しくないでしょう。

 

いちいち反応してたら全然集中できなくて作業進みませんからね。

カフェとかで仕事してるとスマホでLINEとかSNS開きっぱなしで勉強してる子見かけますが、集中力めっちゃ下がってるので気をつけましょう。

 

僕は面倒なんでスマホの通知全部切ってる上にサイレントマナーにしてるので基本的に連絡がきた時に返すことはありません。

 

今まで生きてきて”本当にその瞬間に返信しないといけない連絡”なんて1回しかなかったですからね。

 

 

仕事ができる人の隣に座る

 

もし会社がフリーアドレスでどこでも座れる場合は仕事できる人の横に座るようにしてみましょう。

 

実はこれだけで生産性が10%以上上がることがわかってるんですよ。

 

やっぱり隣にできる人がいると「俺も頑張ろう!」ってなるんですかね。

隣にできる人がいれば無意識に頑張ろうって思えるのか感覚でもわかると思います。

 

逆に仕事できない人とか勉強サボる人の横に座ってると自分の集中力まで落ちてしまうので気をつけましょう。

塾とか自習室でも誰の隣に座るかで1年後の合否が変わってくる可能性高いわけです。

 

仲良いけどあまり勉強しない友達と隣で座るか、面識あるだけのスッゲー勉強してる人の隣に座るかはあなたが選べます。

 

 

自習室に行く

 

勉強をできる限り集中して進めたい場合は自習室を活用しましょう。

社会人になっても月額で自習室を借りることができます。

 

資格も大学受験も一発で受かるのが一番早いですよね。

そのためには残り期間できる限り集中して勉強する必要があります。

 

カフェや自分の家でめちゃくちゃ集中できるならそれでいいんですが、ほとんどの人はそうではないでしょう。

自習室に行けば周りも勉強をしにきているので集中しやすいんです。

 

集中力は周りから伝染することがわかってるので周りがめっちゃ集中してるだけであなたも集中しやすい状態になるんです。

 

 

模試を入れて集中しやすい環境にする

 

模試使ってますか?

大学受験だと割と頻繁にどこかの予備校が模試開催してますよね。

 

模試がある資格とかも模試利用しましょう。

TOEICだとほぼ毎月あるので目標点数に届くまでできる限り毎月受けるといいですね。

 

これは模試という中継地点を近くに設定することで集中力を高めるためです。

 

試験が本番とか一回しかないと数ヶ月先とか半年、1年先になることが多いですよね。

 

その間ずっとあなたの集中力が続くならいいんですが、ちょっと遠すぎます。

 

模試を入れてとりあえずの中継地点を作ることで締め切り効果を発動させ、集中力が維持されやすい環境を作り出すんですよ。

 

1年に1回TOEICを受けるとしたら次まで1年あるため「まあ今月はやらなくてもいいだろう。」という気持ちになりかねませんが、毎月受けてるとそんなこと言ってられないですよね。

 

せいぜい週1で休み作るぐらいでしょう。

 

 

環境ノイズを聴きながら勉強・仕事をする

 

鳥の鳴き声や雨の音といった環境ノイズは人の集中力を劇的に高めつつストレスを減らしてくれます。

 

今だとYouTubeで検索すればいくらでも出てくるので利用するといいでしょう。

 

 

環境音があまり好きじゃない場合はカフェのBGMにあるような歌詞のない音楽も効果的です。

 

僕は家だと環境音流してやってますが、外だとWi-Fiがないので別のやつ聞いていますね。

 

Raujikaさんの曲の中で歌詞ついてないの聞いたりしてますが、まあこの辺は好みで選ぶといいでしょう。

 

好きな音楽じゃダメなの?って思うかもしれませんが、集中力が高まる環境を作るって意味ではあまりよろしくありません。

 

歌詞が入ってるとその歌詞の情報が脳に入ってくるので集中しにくくなるんですね。

特に歌い始めてしまう人はやめたほうがいいでしょう。

 

僕の友達のように自分が自習室で声出して歌っちゃってるのすら気づかないぐらい集中する人も稀にいるようですが。

 

 

自分の性格を知って集中できる環境を整える

 

人には大きく分けて内向的な性格の人と外交的な性格の人がいます。

 

内向的な性格の人は騒がしいのが得意じゃないのでカフェとかの騒音がある場所だと集中できないんですよ。

 

図書館みたいな静かな場所の方が集中できます。

 

逆に外交的な性格の人はある程度騒がしい方が得意なのでカフェで勉強することで集中力が高まります。

 

その代わり図書館みたいな静かな場所だと落ち着かなくて集中しにくかったりします。

あなたの性格がどっちなのかを見極めて集中できる環境を作っていきましょう。

 

ちなみに僕は思いっきり内向的な性格なので静かで周りに誰もいない方が集中できるため、自分の部屋が一番集中できる場所です。

 

 

まとめ:集中力は環境次第でめっちゃ高まる。モチベーション上げるより早いから今日から使っていこう!

 

モチベーションとかやる気を上げるように頑張るよりも環境を集中力が高まるように整える方が手っ取り早いです。

 

環境を変えて集中力を上げてその間にモチベーションも上げるという順で集中力を高い状態で維持できようにしていきましょう。