時間管理

隙間時間をうまく使えばいっきにできるやつに!?スキマ時間の使い方や作り方を紹介!

 

 

毎日を忙しく過ごしていてなかなかやりたいことができなかったり、睡眠時間すら足りないということがあると思います。

ですが実はまだまだあなたには時間を上手く使えていない部分があるんですね。

 

それが今回紹介する隙間時間です。

隙間時間はいつの間にか過ぎ去っているので今までどれだけの時間を無駄にしていったのかはわかっていないでしょう。

 

ですが上手く使えるようになれば1日の時間はグッと増えます。

出来る男は隙間時間を上手く利用して仕事を早く終わらせ睡眠時間を確保したり、運動の時間を作ったり、デートの時間を作っているわけです。

 

今回は隙間時間について書いていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

隙間時間の使い方を決めておくメリット

 

 

あらかじめ隙間時間ができたときに何をするか決めておくことで時間の浪費を抑えることができます。

1日の中で1分程度の隙間時間まで含めると3時間はあると言われているんですね。

 

なのでこの3時間をうまく使えるかどうかで1日の効率は全然違ってくるんです。

忙しい忙しいと言っているのにちょっと時間があったらスマホでネットサーフィンしたりゲームをしていませんか?

 

隙間時間を有効利用することで残御意が減らせるとジムに通う時間ができるかもしれませんよね。

睡眠時間を増やせるし彼女や友人と食事に出かけることもできます。

 

1日の残った時間を自分のスキルアップに使ってもいいですね!

とにかく隙間時間の使い方次第で大きく人生は変わるといってもいいでしょう。

 

 

 

 

隙間時間専用のtodoリストを作っておく

 

 

隙間時間は急にあらわれてくるのでそのときになって「何しようか」とか考えていたら終わってしまいます。

なので前もってtodoリストを作っておいて隙間時間に悩まないようにしておきましょう。

 

もし今todoリストを作っているとしてもそれとは別に隙間時間専用で作ることで、しっかりと時間をとってやるべきことと区別できるのでオススメです。

隙間にできることは1分、5分、10分ぐらいの3段階ぐらいで作っておくと今どれくらいの時間があるのかで選択肢を絞りやすくなります。

 

逆に隙間時間のnottodoリストを作っておくのもいいでしょう。

急にできた隙間時間でやらないことを決めることで有意義にその時間を使うことができるようになります。

 

たとえば無駄なネットサーフィンとかゲームは時間を奪ってしまうのでできればやらない方がいいですね。

 

 

 

 

1分の隙間時間でできること

 

片付け

 

 

机の上のものを2,3片付ける程度なら1分もあればできますよね。

ゴミを捨てたり紙を1か所にまとめるだけならすぐできます。

 

これをするかしないかで結構机の上の綺麗さも変わってくるのでサッと片づけしてみましょう。

本格的に片づけるのはもう少し時間のあるときか掃除の時間をまとめてとってからでいいんです。

 

 

 

 

ちょっとした確認をしておく

 

 

今後いく予定の場所の確認をしておくことで当日に不安をもつ必要がなくなります。

特に方向音痴でちょっと道覚えるのには自信がないという人にはかなり有効な方法です。

 

行く場所の名産などをおさえていくと話題作りにもなります。

 

 

 

 

ごく短時間の運動

 

 

運動って10分とかの少しまとまった時間が必要と思われていますがほんの30秒程度でもいいんですね。

やる気全然でないというときは30秒だけちょっと息が切れるぐらいの運動をしてみましょう。

 

かなり速いペースでスクワットとか腕立てしたりダッシュしてみたり。

ちょっときつめの運動をすることでアドレナリンが分泌されて血糖値が上がるためやる気がでてきます。

 

これを利用してちょっとやる気出なくなったらスクワット!みたいな方法もありでしょう。笑

まあ会社とかでは少しやりにくかったりもしますが。汗

 

 

 

 

深呼吸をする

 

 

普段仕事やゲームなど何かをしていると僕たちは呼吸を忘れています。

もちろん止まってると生きられないので呼吸はしてますが浅いんですね。

 

なので全身に回る酸素量が少なくなっていて脳にも酸素が回らないので眠気が起きたり頭が働かないという状態になってしまいます。

ちょっとした隙間時間に深呼吸をして作業効率をアップしていきましょう。

 

 

 

 

かばんの中を綺麗にする

 

 

かばんの中をしっかり整理整頓する機会ってそこまで多くないと思うんですね。

なので1分ほど使ってほこりやゴミ程度は捨てておきましょう。

 

荷物を全部出すことになるのでそれはまた別の隙間時間で必要なものは戻して不必要なものは捨てます。

 

 

 

 

財布の中を整理する

 

 

かばんの中はちょっと整理に時間がかかるという場合は財布を整理してみましょう。

レシートいっぱいだったり使ったカードそのままだったりしませんか?

 

わざわざ時間をとるほどのことでもないので隙間時間を使って毎日整理整頓していきましょう。

 

 

 

 

スケジュールチェック

 

 

すてにスケジュールが決まっている場合は1分あれば十分見直すことができますよね。

ちょっと時間に余裕があることとか逆に思った以上に余裕がないことに早めに気づくことができるのでたまにチェックしておきましょう。

 

早く気付くことで対処は色々とできるようになるのでこの1分の使い方は大きいですね。

 

 

 

 

5分あればできること

 

仮眠

 

 

本気で爆睡しなくてもいいです。

仮眠と言っても5分で眠れないという人が多いと思いますが目をつぶっているだけで結構回復できるんですね。

 

最近はほとんどの人が仕事でもプライベートでも目を酷使することが増えているので目の休憩時間が必要なんですね。

 

 

 

 

掃除する

 

 

5分あれば割としっかり掃除することができますよね。

机の上も散らかったものはまとめられますし多少分類もできます。

 

わざわざ整理整頓する時間なんて忙しくてないという人は5分程度の隙間時間を使って少しずつ整理していきましょう。

最初はとにかく書類が多すぎてまとめるだけで時間かかったりその後の整理とか気が遠くなりそうですが5分あれば整理すると決めておくことで少しずつ追いついてきます。

 

一度追いつけばこれからはずっと綺麗な状態を維持できるようになるので最初だけ気合い入れましょう。笑

 

 

 

 

勉強する

 

 

読書や英単語、資格試験の勉強などは5分もあればできます。

といっても勉強をするのに5分というのは少し短いので復習がオススメですね。

 

復習はむしろ短時間でがっつり集中した方が効果が大きいと思うのである程度の復習は隙間時間に終わらせると決めておくといいでしょう。

そうすれば朝や夜のまとまった時間は勉強を先に進めるために使えますよね。

 

 

 

 

やることリストを作る

 

 

1日の始まりにはやることリストを作るといいですね。

家や会社についてすぐのエンジンのかかってない状態のまま作業を始めるよりも今日何をするかということを明確に決めることでエンジンがかかり集中して作業を進めることができます。

 

ついでにやらないことリストも一緒に作っておくことで無駄なことをしなくて済みますよ。

 

 

 

 

10分あればできること

 

運動する

 

 

現代は色々と便利になった上デスクワークが増えたので運動不足になりがちです。

これ結構深刻ですよね。

 

肥満の人は増えてるし鬱になりやすくなって病気も増えてる。

もちろんこれらの原因は運動不足だけではないんですが結構運動不足も関係していると言われています。

 

運動をすることで防げる病気もあると。

10分時間に余裕があるときは移動を途中まででも徒歩にしたりエレベータとか使わずに階段上ったりするだけでも結構な運動になります。

 

家で10分あれば割と本格的にトレーニングできますよね。

10分もスクワットすると明日は筋肉痛でしょう。笑

 

運動はまとまった時間がないといけないと思われがちですが日々の隙間時間で少しずつ運動するだけでも運動不足はある程度解消できるんですね。

しかも運動習慣をつけることでダイエットや健康維持だけでなく脳も活性化されるため仕事の効率も高まります。

 

 

 

 

面倒な仕事に対してエンジンをかける

 

 

仕事をしていると面倒でついつい先延ばしにしていることがあると思います。

でも放っておいたら締め切りギリギリになって余計面倒なことになってしまいますよね。

 

面倒でやる気が出ないと放っておいても結局やる気は出ませんが、とりあえず体を動かせば勝手にやる気はでてきます。

さっき少し言ったアドレナリンの分泌とか脳が活性化されてやる気が出てくるんですね。

 

10分と言うのはやる気のエンジンをかけるのに十分な時間なのでこれを利用しない手はないでしょう。

別に面倒な仕事をする必要はありません。

 

10分会社内を歩き回ったり机周りの掃除をするだけでもやる気は出るので「10分机掃除したらそのまま面倒な作業進める!」って決めて始めるといいですね!

 

ポイントは10分経ったら休憩せずすぐに面倒なことを始めることです。

ここで休憩を入れてしまうとまたやる気なくなっていきますから。汗

 

 

 

 

隙間時間の作り方

 

隙間時間を意識する

 

 

意識していないと隙間時間が来ても気づかない間に過ぎていってしまいます。

これが自分には隙間時間がないと思ってる正体です。

 

ないと思ってるから完全に見逃してるんですね。

でも隙間時間は必ずあるということを意識していると「あ、今時間空いてる!」ということに気づくことができるので使うことができるようになります。

 

そのときに何しようかと考えていると隙間時間は終わるので予めできそうなことを決めておきましょう。

 

 

 

 

電車の待ち時間

 

 

毎回100%駆け込み乗車の人なんていないですよね。

数分余裕があったり乗り遅れてかなり時間ができたり。

 

この時間を使ってやることを進めたり情報収集してみましょう。

ゲームしてるよりかは確実に有意義に過ごせます。

 

 

 

 

移動を電車に替える

 

 

もし今車で移動しているところを電車に替えることで20分以上使える時間が増えるなら思い切って電車に替えましょう。

少し移動時間が増えるかもしれませんが工夫次第で電車では座れますよね。

 

座れると移動時間全部が使える時間に代わります。

車で移動だとせいぜいリスニングかオーディオブックを聴く程度しかできませんが、電車なら参考書や読めるし問題も解けるし読書もできるのでオススメですね!

 

 

 

 

昼休み

 

 

昼休みは毎日30分程度自由時間ができます。

ということは平日だけでも2時間30分もあるわけですね。

 

ここを毎日同僚とかとゆっくり食事をするか自分の時間として使うかで1年後は大きな差ができているでしょう。

昼食はあらかじめ持って行ってサッと食べて残りの30分ぐらいを仕事なり自分の勉強なりに使うか、もしくは昼からの作業効率を高めるために昼寝に使うかは自由です。

 

昼寝ってやってみるとわかるんですが本当に午後からの効率が全然違うんですよ。

普通に食事して会話して昼休みが終われば午前中の疲れと昼食の影響で眠気がものすごくきます。

 

ですが昼寝をしておくことで午前中の疲れがとれるし眠気もこないので周りの人と違ってガンガン作業をこなせるようになるんですね。

 

 

 

 

ゲームをしない

 

 

これは思っている以上に大切ですね。

最近はスマホアプリができたおかげでどこでもちょっと時間があればゲームができるようになりました。

 

ゲームの仕様も隙間時間に1回サクっとできるようになっているのでインストールしているとついついやりたくなってしまうんですよね。汗

なので目標がしっかりと定まっている人は思い切ってゲームをアンインストール(削除)してしまいましょう。

 

たいていのゲームは数か月でやめますし長くても数年です。

その間の時間をうまく使えればもっと成長できてると思いませんか?

 

今までゲームに費やしていた時間やお金を勉強や作業に回すことができればいっきに成長は加速するでしょう。

 

 

 

 

休憩も大切

 

 

隙間時間すべてを埋める必要はありません。

3時間あれ半分の1時間30分でも有効利用できればかなり時間は節約できます。

 

というか隙間時間も完璧に使い切ろうとしたらちょっと息が詰まりますよね。

なので半分程度は仮眠したりぼーっとしたりするのに使うといいでしょう。

 

ちなみにゲームはがっつり脳と目を使うので休憩には入りませんよ!

 

 

 

 

まとめ

 

 

仕事ができる人って結構隙間時間の使い方が上手い人が多いです。

普通の人が残業でこなしている分を隙間時間でこなしておいてサッと夜は帰ってたりするんですね。

 

最初から全部を使うのは難しいので少しずつまずは昼休みだけとかでも替えていってみましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。