自分磨き

糖質制限は若返りできる?それとも老化する?

 

 

糖質制限は若返りできる!

いや、老化してしまう!

 

そんなことが言われてますが実際はどうなんでしょうか?

ただモデルさんとかで糖質制限している人が多いという事実はありますよね。

 

今回は糖質制限で若返り出来るのか?むしろ老化するのか?について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

糖質制限で若返る!しかし。。。

 

結論から言うと糖質制限で若返ることはできます!

ただしやり方を間違うと逆に老化の原因になってしまうんですね。

 

では若返る理由についてみていってみてましょう。

 

 

 

糖質の摂りすぎで肌荒れが起きるわけではない

 

 

糖質たっぷりのジュースを半年ほど飲みまくっても体内の炎症は増えないそうです。

つまり糖質の摂りすぎて体内で炎症が起きるから肌荒れとかニキビとかができるわけではないということですね。

 

 

 

肌荒れの原因はビタミン不足?

 

 

ジュースをたくさん飲んだらニキビができやすくなるのは、ビタミン不足の可能性が高くなります。

糖質をエネルギーとして使うときにビタミンB群が大量に使われるんですが、ビタミンB群を脂質や糖質の代謝に使ってしまうと肌を健康に保つための分が不足するわけです。

 

「今脂質関係なくない?」と思ったかもしれませんけど結構あるんですよ。

糖質の中にはパンや麺類も含まれます。

 

パンを作るのに意外と多くの油が使われていますし、マーガリンやバターを塗って食べると思いっきり脂質摂りますよね。

麺類もラーメンとかだとたとえ汁を全部残しても麺に絡まってかなりの量の脂質を摂ってるわけです。

 

 

 

ただし太れば炎症は増える

 

 

糖質たっぷりのジュースを飲んでいても体内の炎症は増えないということで「じゃあ糖質制限なんていらないな」と安心した人も多いでしょう。

しかし太れば炎症は増えます。

 

あなたが太る原因になってるのは炭酸飲料やお酒、お菓子などの糖質が多いものだと思うんですね。

炎症が起こるとどうなるかというとどんどん老化が進んでいっちゃうんですよ。

 

タンパク質や脂質は減らせないのでこの場合、ジュースとかお菓子の量を減らして糖質制限するしかないということになります。

 

 

 

糖質制限するとめちゃくちゃ元気になる

 

 

糖質制限をしてめちゃくちゃ元気になることがあります。

ですがこの現象を単純に糖質制限=元気と思っているとかなり厳しい反動を受けることになるでしょう。

 

糖質制限をすると身体にも精神的にもかなりのストレスなんですよ。

毎日たくさんの糖質を摂ってて当たり前だったんだから当然ストレスですよね。

 

ですがこのストレスによってカテコールアミンの分泌がものすごく増えるんですよ。

カテコールアミンとは「ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン」の3つを合わせたよび方です。

 

この3つがドバっと分泌されることで身体は興奮状態になり、「糖質制限してからめちゃくちゃ身体軽いし、眠くならないし最高!」ってなるわけです。

ですがこの状態は長続きしません。

 

大量分泌されればいずれ枯れてしまいますし、人間の身体の順応性は割とすごいのでその分泌量に慣れるんですね。

そして慣れてきた頃に枯れてきて分泌されなくなるといっきにものすごい疲労感に襲われるんですよ。

 

この時期は制限のきつさとか普段の生活とかによって変わってくるので一概には言えませんが3~6か月ぐらいで訪れるんじゃないでしょうか。

なのでこの「ものすごく調子いい」状態をうまく活用したい場合は本気出したい時期に限定するといいかもしれませんね。

 

試験1ヶ月前から終わるまでとか一気に仕事を進めたいときなんかには効果的でしょう。

 

 

 

食べ過ぎによる消化吸収の疲れが減る

 

 

糖質を減らすと食事量って思ってる以上に減るんですよ。

カロリーを減らしてはいけないのでタンパク質量とか増やすことになるんですが、炭水化物よりタンパク質の方が空腹感を抑えられるんですね。

 

ご飯を2,3杯おかわりできる人は多いと思いますが、サラダチキンを1食で2,3個って食べたくないですよね。笑

でもサラダチキンって1つ125gとかなので茶わん1杯分もないんですよ。

 

 

 

糖質制限でメンタルは安定する

 

 

メンタルを安定させるのに糖質制限は効果的なようです。

なので最近少し情緒不安定とかイライラしやすいというときは多少の糖質制限を取り入れてみるといいでしょう。

 

さっきも言ったようにいきなりガッツリと糖質制限してしまうとストレスになるので、普段糖質制限をしていない場合は少しだけやるのがコツですね。

 

 

 

糖質制限はストレスの原因に

 

 

過度の糖質制限はストレスになるといいました。

ストレスが良くないのはわかると思いますがストレスホルモンであるコルチゾールが激増するんですね。

 

コルチゾールは魅力的な男を作るには大敵でテストステロンを減少させてしまうんですよ。

直接テストステロンを減少させてしまいますし、不眠の原因にもなったりと魅力を減少させるには十分な効果を発揮してきます。

 

本来コルチゾールも必要なホルモンなんですが、現在のストレス社会と言われている状況ではわざわざ自分で増やさなくても十分すぎる量があります。

なので糖質制限をストレスにしないためにも少しずつ制限していきましょう。

 

 

 

体重減にこだわらない

 

 

糖質制限で体重を減らそうとこだわりすぎると危険です。

たぶんダイエットを意識しすぎることで糖質だけでなくタンパク質や脂質の摂取量まで減らしてしまうと思うんですね。

 

これは糖質制限じゃなくてカロリー制限です。

糖質制限は糖質の摂取量を減らす目的で行うものであって摂取カロリーは変えません。

 

タンパク質や脂質まで減らしてしまうと筋肉はやせ細りガリガリの体型になってしまい、肌のハリもなくなるので若返りのために始めた糖質制限が完全に逆効果になることもありえるんですね。

 

 

 

水分不足に気を付ける

 

 

白米や麺類を多く食べてた人は特に気を付けたい部分です。

人間は60%ほどが水分でできているため、水分不足になると筋肉や肌にハリがなくなりしぼんでしまいますし上手く力も発揮できません。

 

当然脳も十分に活動できなくなるためなんかぼーっとした状態になったりするんですね。

毎日2ℓほどは水を飲もうと言われているのはこのためです。

 

なんで糖質制限で水分不足になるのかというと「糖質だけでなく水分も含まれているから」です。

白米炊くとき結構水入れますよね。

 

麺類も茹でてるときとかスープに浸かってる間にどんどん水分を吸収しています。

その水分を摂取しなくなるのでかなり食事からの水分摂取量が減ってしまうんですよ。

 

なので糖質制限をする場合は水分摂取量を増やすために野菜をたくさん食べたり水を飲む量を増やすよう心がけましょう。

水分量に気を付けることで糖質制限による便秘も防げますよ。

 

ルイボスティーなんかはお茶の中にたくさんのビタミンとミネラルが含まれている上、カフェインが入っていないのでいつでも水分補給に使えますよ。

ルイボスティーに興味がある方は下記リンクから公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

 

 

 

まとめ

 

 

糖質制限は若返りに効果があります。

しかしやり方を間違えるとむしろ老化しているようにしか感じられない、というか実際に老化していってしまうので気を付けましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。