自分磨き

糖質制限で美肌になれると聞いたので試してみました。

 

 

ここ最近は糖質制限ダイエットとして有名になった糖質制限。

実は美肌になるためにも効果的だと知っていますか?

 

僕の場合は糖質制限でのダイエットよりも美肌効果の方が気になっていました。

というわけで実際に糖質制限やっていこうと思うんですね。

 

今回は糖質制限と美肌について書いていきたいと思います。

写真つきで経過も見ていこうと思うので結果だけ興味ある人は目次で飛んでください!

 

スポンサードリンク

 

糖質制限で美肌になれる理由

 

血流改善

 

 

普通に食事を摂っていると炭水化物の多い食事になりがちです。

その結果血液はドロドロになりやすいんですね。

 

わかりやすい例としてはジュースでしょう。

ジュースには砂糖がびっくりするほど大量に含まれていますが、床にこぼして放置しているとベトベトになりますよね。

 

体内ではエネルギーとして使われたり床よりも温度高いのでまだマシだとは思いますが、使われずに残っている糖は血管内でそんな感じにべとついています。

こう考えると糖質の摂りすぎで血流が悪くなり老廃物や栄養素の循環が悪くなり肌質が悪くなるのもうなずけるでしょう。

 

 

 

知らないうちのアレルギー物質が減るかも

 

 

アレルギーはきついものでなければあまり気づかないこともありますよね。

小麦アレルギーでパンとかラーメンを食べている結果肌荒れの原因になっている場合もあるんですが、毎日普通に食べていると気づきません。

 

なので糖質制限して乳製品や小麦類を減らすことで美肌になることもあります。

意外と乳製品や小麦のアレルギーは多いので変化する人も多いかもしれませんね。

 

 

 

ビタミン、ミネラルの消費を抑えられる

 

 

糖質をエネルギーとして使うときビタミン類が大量に使われます。

なので糖質を摂れば摂るほどビタミン類も増やしていかないといけませんが、基本的にはそこまで気にしている人はいないでしょう。

 

また細胞分裂をするために必須のミネラルである亜鉛は糖質とたくさん摂った後に分泌量の増えるインスリン量を調整するために使われてしまいます。

白米や玄米の場合は少しビタミン、ミネラルが含まれているのでマシではありますが、麺類を多く食べる人は不足しまくってる可能性が高いので気を付けた方がいいでしょう。

 

特にジュースは糖質大量でビタミンやミネラルは全く入ってないので気を付けましょう。

 

 

 

糖質の摂りすぎでタンパク質不足に

 

 

美肌とかの話をしていると必ず出てくるのがコラーゲンですよね。

コラーゲン鍋とかサプリでコラーゲンを摂ろう!みたいなことを言われていますがコラーゲンも元はタンパク質なんですよ。

 

しかもコラーゲンはタンパク質不足だと全てがタンパク質に戻ってコラーゲンを摂った意味がなくなります。

タンパク質を十分に摂ってコラーゲンを摂ることでその一部だけがようやくコラーゲンとして働いてくれるんですね。

 

糖質の多く含まれている食べ物は基本的にタンパク質が少なく糖質の多い食事になればなるほどタンパク質は不足しやすい傾向にあります。

なのでまずはコラーゲン入りのサプリとかドリンクとかの高いものを使う前にプロテインを飲むようにしてみましょう。

 

 

 

糖質の多い食べ物を摂ることで栄養バランスが崩れる

 

 

ラーメン食べに行ったときの栄養バランスってどうでしょうか?

チャーハンにラーメンでお腹いっぱいな人はほぼ炭水化物だけですね。

 

人によっては唐揚げとか食べるので少しタンパク質も摂取します。

ですが野菜摂ってないですよね。

 

和食だと比較的栄養バランスは整いますが相当気を付けていないと糖質の多い食事をすることでお腹いっぱいになりタンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどを摂る余裕がなくなってしまうんですよ。

結果栄養不足になり肌にも影響が出てしまうようになります。

 

 

 

糖化を抑えることができる

 

 

糖質制限は長期的にみても糖化を抑えることで美肌を維持することができます。

男でも年をとってからも若々しく綺麗な肌でいたいのに違いはありませんよね。

 

糖化は体内で糖がタンパク質や脂質と結びつくことで老化を早めるAGEsという物質を作ると言われています。

これは酸化より怖いとか言われてますね。

 

糖化を完全に防ぐことはできませんが、無駄な糖質を摂取すると体内ではどんどん糖化が進んでいくので、できる限り糖質の摂取量を減らすといいでしょう。

ケーキとか糖質の多い食べ物が大好きな人が年とった後の状態が怖いですね。汗

 

 

 

糖質制限で肌荒れする場合は?

 

 

便秘や栄養不足、水分不足によって肌荒れすることがあります。

炭水化物は糖質と食物繊維を合わせて炭水化物と言われているんですが、糖質を減らすことで自然と食物繊維の量まで減ってしまい便秘になることが割と多いんですね。

 

なので糖質制限をする場合は意識的に食物繊維の摂取量を増やすといいでしょう。

野菜の摂取量を増やすことである程度栄養バランスも整ってきますが、できる限り意識して栄養バランスの整うような食事をしていてくださいね。

 

 

ケトン臭に注意

 

 

かなりしっかりとした糖質制限をするとエネルギー源が糖質からケトン体というものに代わります。

糖質は短期的なエネルギー源でケトン体は長期的なエネルギー源とか言われています。

 

なのでケトン体は脂質から作られるエネルギー源なのですが、普段3食しっかりと糖質を摂っていた人が急に糖質制限するとケトン体によるケトン臭というものが発生します。

甘酸っぱい感じの臭いがして最初は結構きついんですね。

 

自分で気づかない場合もあるので気を付けられないうちに周りに避けられたりすることも。汗

糖質制限を始めてケトン臭が改善されるまでに3~6カ月ほどかかると言われています。

 

「じゃあ引きこもりでもないと糖質制限できないじゃん。」とか思ったりしますよね。

大丈夫です。

 

糖質制限を急激に行うとケトン臭が避けられないですが徐々に糖質を減らしていくことでケトン臭をしない状態にしたり、気にならないレベルまで抑えることもできます。

 

 

モデルとか美肌と言われている人には糖質制限している人が多い

 

 

あなたの周りで糖質制限していると言ってる人がいれば肌を見てみてください。

かなり綺麗だと思います。

 

逆にめちゃくちゃ美肌な人がいれば「もしかして糖質制限してる?」とか聞いてみるといいでしょう。

超美肌な人は糖質制限を徹底しているという情報を手に入れたので今回の記事を書くことになったんですよね。

 

 

と言うわけで糖質制限始めることにしました。

 

挫折とケトン臭を避けるために徐々に始めることに。

僕の意志はもやしよりひょろひょろです。

 

なので急にがっつり糖質制限したら1週間ももたずにお菓子食べてるのが目に見えてるのでゆっくりと糖質制限していくことにします。

またあまり人との関わりのない仕事をしてるとはいえ臭うのは嫌なのでケトン臭対策でもあります。

 

 

 

糖質制限1か月目(お菓子とパンを禁止)

 

 

糖質制限1か月目は1週目にお菓子を禁止して2週目からパンを禁止にしました。

僕の場合この2つをおやつとして食べていることがかなり多かったので、これを減らすだけでも結構な糖質を減らすことができると思うんですよね。

 

ちなみにカップ麺禁止だけは半年ほど前からやってます。

まだジュースとかお酒とかカップ麺じゃない麺とかは普通に食べるんですが元より平日には食べないので影響が少ないと思い、とりあえずお菓子とパン禁止から始めます。

 

2か月目に入ったらまた1つぐらい増やしていこうかなと。

 

 

糖質制限開始時の肌はこんな感じですね。

遠目からでもわかるぐらいキメがかなり荒くニキビ跡のクレータープラス赤みもあるし最近少しニキビも出来てたので肌コンディションはなかなかよろしくない状態です。

 

ニキビがたくさんできたのはちょうど週末に炭水化物たくさん摂ってからですね。汗

ここから1ヶ月パンとお菓子を禁止したらどうなるのか見ていってみましょうー。

 

 

 

まとめ

 

 

糖質制限は相当意志が強くない限りいきなり全部オフにすると挫折しかしません。

なので最初は自分にとって一番減らしてもストレスのたまらないものか一番影響が大きいと思われるものから始めていきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。